贈りませんか?
選ぶドキドキ、残すワクワク

誕生おめでとう!そんな気持ちが伝わる
出産祝い専用カタログギフト。
ママがベビーのために、たくさんの
ベビーアイテムの中から好きなものを選べます。
選び終わったあとは、ベビーの愛くるしい表情や
成長をしまっておけるアルバムになります。

  • 1個でも100軒でも送料無料
  • お祝いののし・包装紙 無料でお付けします

出産祝いを二人目の女の子にする場合はどんなものが良い?

投稿日:2018/03/20

出産祝いを二人目の女の子にする場合はどんなものが良い?

友人や会社の同僚、お世話になった人に赤ちゃんが生まれたら、すぐにでも贈ってあげたい出産祝い。ところが、二人目の出産となると何を選んだら良いか悩みがちです。上の子の出産で既に育児グッズは揃えているでしょうし、洋服もお下がりを着せているかもしれません。生まれた赤ちゃんが、男の子か女の子かによっても選び方が変わってきます。ここでは、二人目の赤ちゃんが生まれた場合の出産祝いについて、男女別に選び方のポイントを紹介します。

二人目の出産祝いで気を付けること

一人目のときと違い、二人目の出産祝いを贈るときに配慮しなければならないことは、どのようなことなのでしょうか。

上の子と同じ価格帯にする

出産祝いは、自分の親戚であれば1~3万円、親しい友人あるいは会社の同僚には5000円~1万円が相場と言われていますが、もし、上の子を出産する際にもお祝いを贈っている場合は、同じ価格帯のものを贈るようにするのが原則です。双子の赤ちゃんが生まれた場合などをのぞき、上の子と明らかに差がつかないよう注意しましょう。

大忙しのパパ、ママに配慮を忘れず

二人の子供の育児に大忙しのパパとママの気持ちに配慮したものであることが大切です。洗濯やアイロン掛けに手間がかかる洋服など、使う側の負担になるようなものは避けた方が無難でしょう。例えば、何枚あっても買い足りない下着やスタイ、ガーゼのハンカチなどは、なかなか自由に買い物に出られないパパとママに喜ばれます。

本来であればじっくり時間をかけて選んであげたい絵本や、自分のケアにまで手が回らないママの心と体を癒すリラックスグッズ、ちょっと寂しい思いをしているかもしれない上の子へ、「お姉さん(お兄さん)になったお祝い」としてプレゼントを準備しておくのも良いかもしれません。

二人目が男の子の場合の定番のプレゼント


上の子が女の子の場合、ベビー用品もかわいい女の子らしいものが揃うので、男の子らしい色やデザインを選べばアイテムが重なっても喜ばれます。おむつバケツや哺乳瓶消毒グッズなど、男女問わないで使える物は同じものを持っていた場合かさばるので、避けましょう。

上も男の子で兄弟になるという場合、男の子二人の育児はママが大変なので、ベビー用品以外に育児を楽にする便利グッズやママのケアグッズも良いでしょう。二人目でも上と同じに揃えてあげたい名入れしたグッズは定番のプレゼント。新品の方が気持ちいいスタイやアフガン(おくるみ)も定番です。二人目はおさがりの服が多いので、ベビー服や靴もプレゼントとして喜ばれます。

  • 名入れ食器やアルバム
  • スタイやアフガン(おくるみ)
  • ベビー服(上の子とペアも良い)や靴
  • 授乳クッション
  • ママ用ケアグッズ 

二人目が女の子の場合の定番のプレゼント


女の子の場合は、ベビー服も凝った造りのかわいいものがたくさんあります。赤ちゃんの頃は特にかわいく写真に収めておきたい時期ですから、かわいいベビー服や女の子っぽい帽子、ファーストシューズなどを贈ってみてはいかがでしょうか。二人目ならではの楽しみは、兄妹・姉妹でペアルックができることです。上の子とお揃いの洋服や小物をセットで贈るのも喜ばれます。ペアでなくとも、「お花とミツバチ」のようにストーリー性のあるセットもキュートです。

  • ベビー服
  • お出かけ用ドレス
  • 兄妹・姉妹ペアの洋服や小物(リュック、バッグ、帽子など)
  • 兄妹・姉妹ペアのハロウィーンコスチューム(魔女とかぼちゃなど)

必要なものや好みが聞けない場合には?

どんなに心を込めて選んでも、相手が既に持っているものや、全く使う予定がないようなものを贈っても喜んではもらえません。そのような事態を避けるには、前もって相手が必要としているものを聞いておくのがベストです。「役立つものを贈りたいから」と言って、教えてもらえば失礼になりません。洋服などの身に付けるものについては、色やデザインの好みも忘れずに確認しておきましょう。

とはいえ相手が欲しがっているものや、相手の好みを上手く聞き出せないこともあるでしょう。切迫早産で安静を強いられている場合や、産後の回復が思わしくない場合なども、無理な連絡はできません。そのような場合は、高級ブランドのタオルなどの消耗品が無難ですが、相手が自由に商品を選ぶことができるカタログギフトはハズレを贈る心配がないのでおすすめです。

二人目の出産祝いになると周囲は「もうベテランだから」と、ママやパパへのエールを忘れがちになりますが、二人の子供の育児に追われ、体力的にも精神的にも大変な日々を送るママとパパだからこそ、パパママに配慮したプレゼントも嬉しいでしょう。

次の記事へ >

いつにしよう?出産祝いを渡す時期について

赤ちゃん誕生の報せが来たら、正しい出産祝いの贈り方は次のどちらでしょう?A:出来るだけ早くお祝いを渡 ・・・

前の記事へ >

出産祝いとしてベビー食器を贈ろう! おすすめの理由と選び方

ベビー食器は、出産祝いとして喜ばれる贈り物の中でも定番中の定番。最近では、名前入りの食器や赤ちゃんの ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

出産祝いおすすめ商品

PAGE TOP
マイプレシャス公式アカウント