カタログギフトのマイプレシャス

出産祝いのお返し
出産祝いのお返し

出産祝いのお返し

出産内祝いの選び方!親戚に贈る際のポイントとは?

投稿日:2016/01/27

出産内祝いの選び方!親戚に贈る際のポイントとは?

親戚へ贈る出産内祝いに関しては、地域や家ごとに風習が違うため、一概に言えない部分もあります。ここでは一般的な品選びや、贈り方のルールをご紹介します。もしもどちらかの実家に特別な風習や習慣がある場合は、事前に家族と話し合っておくようにしましょう。

親戚に出産内祝いを贈る際の予算は?

家族・親戚と言っても、年齢や働いているか否かで事情は変わります。

伯父伯母、叔父叔母から贈られる出産祝い 10,000~30,000円程度
兄弟・姉妹から贈られる出産祝い 10,000~30,000円程度
いとこや甥、姪から贈られる出産祝い 10,000~20,000円程度

一般的には上記が、だいたいの相場観です。これに対して出産内祝いは、それぞれの出産祝いの金額の「半返し」もしくは「1/3」が基本。年長の親戚には「1/3」返し、若年の親戚には「半返し」で内祝いを贈ります。ただし身内からの出産祝いには、新しく生まれた親族への支援の意味がありますから、相場を超える高額のご祝儀や高価な品をもらった場合は、「半返し」や「1/3」にこだわらず、自分たちの予算内で購入できるものを選んで、感謝を伝えるようにします。

親戚に贈るプレゼント選びのコツ

ある程度相手の好みや暮らしぶりがわかっている親戚には、生活用品を贈るのも良いでしょう。贈る品は「もらって困らないもの」、「重なっても良いもの」を選ぶのがポイントです。

親戚だからこそ実用的な消耗品を贈る

家庭を持って生活している方々には、ユニークさよりも必ず使える品が喜ばれます。育ちざかりの子どものいる家庭なら、洗剤など実用的な消耗品は、「あって困らない」「もらって嬉しい」品。相手の家族構成や、生活状況を考えて品物を選びましょう。
【人気アイテム】
・家庭用洗剤のセット(先方の使う種類に合わせる)
・シャンプー&リンス・ソープセット
・タオルやバスタオルのセット etc.

日持ちする食品を選ぶ

調味料やカステラなど、日持ちする食品を贈るのもおすすめ。健康を考えた調味料や油なら、相手を気づかう気持ちも伝わります。ただしお祝いごとなので、海苔や緑茶と言った「黒」をイメージさせる品は避け、お茶なら紅茶を贈るようにします。
【人気アイテム】
・健康食用油セット
・赤ちゃんの名前入りカステラ
・赤ちゃんの名前がパッケージに入ったお米や味噌
・有名店のスープセットやおかずセット etc.

一人一人の趣味趣向に合わせる

贈る人の好みに合わせた品を選ぶと、相手を思う気持ちが伝わります。とはいえ相手が本当は何を欲しいか、見極めるのはなかなか困難。カタログギフトは、最近さまざまな種類を揃えています。相手の趣味に合いそうなカタログギフトをチョイスして贈れば、相手が本当に欲しい品を選んでくれるので便利です。
【人気アイテム】
・グルメ&お酒のカタログ
・生活雑貨カタログ
・スイーツお取り寄せカタログ
・婦人または紳士趣味雑貨カタログ
・デザイナーズ雑貨カタログ etc.

生まれた赤ちゃんともども、この先も長くつきあう親戚には、親しみのこもった実用的な内祝いを贈りましょう。ひと言に実用的と言っても、子育て中の家族と、お1人様、ミドルエイジの夫婦では、便利な品も変わります。上記の内容を参考に、相手の暮らしに便利で嬉しい、素敵な出産内祝いを贈ってください。



次の記事へ >

出産内祝いの金額相場感ってどのくらい?

赤ちゃんの誕生を祝ってもらったら、出産内祝いで感謝の気持ちを伝えましょう。子育てが始まって慌ただしい ・・・

前の記事へ >

出産内祝いを両親に贈る際のポイントとは?

親(赤ちゃんの祖父母)からの出産祝いほど、家や地域で水準が大きく違うものはありません。数十万~百万円 ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

出産内祝いおすすめ商品

マイプレシャス公式アカウント