働く仲間たち

横山 温子 お客様から「なるほど」や「いいね」など共感の言葉をもらえたときに一番「やった!」と思います。

Work01

販促物の制作

新商品ができた際に、その商品を顧客に紹介するためのツールを制作します。
商品のシステム・特徴・差別化ポイントなど、伝えたいことをいかにシンプルに伝えるかを日々考えています。

販促企画の立案

ツールが出来上がったら、次はそれを「どのマーケットの」「誰に」「どのように」売っていくかを考えます。商品に付帯するサービスや販売にあたってのバックアップの仕組みを考えるのも、マーケティング室の仕事です。

Work02
Work03

施策の振り返り

定期的に営業との会議を行い、顧客の声をフィードバックしてもらう場を設けています。顧客の声から販促の作戦を立て直したり、販促物の見直しを行います。

- 仕事のやりがいについて

自分たちで考えて提案した商品・企画内容をお客様に提案して、「なるほど」や「いいね」など共感の言葉をもらえたときに一番「やった!」と思います。ハマらなかった商品やサービスもありますが、それも反省するとともに次にまた挑戦するチャンスをもらえることが、仕事のやりがいに繋がっています。

- 仕事の標準化や効率化について

マーケティング室は未来に向かっていく部署なので、対応仕事は誰でも出来るようにマニュアルに落とし込むように心がけています。
専門的なソフトを使う仕事でも、その知識がない人でもできるようなマニュアルをつくることが、現在の課題です。

- 働く仲間たちについて

新しい商品を新しい市場に打ち出すとき。企画を立てても「本当にこれで共感してもらえるのだろうか・・・?」といつも悩みながら仕事をしています。ですが、営業部と一体になり、良かったときはここが良かった、悪かったときはここを直した方がいい、と皆から積極的な意見をもらえるので、日々仕事の中で支えられています。
販促会議はとにかく沈黙がないくらいみんな自分の意見を主張してくれるので、そんな環境は自分にとってもすごく刺激になっています!

働く仲間たち一覧へ戻る