香典返しに 法要に 故人を偲んでくださる方へ感謝の気持ちが伝わる贈り物ご用意しました。

香典を受け取っても香典返しが不要なケースとは?

投稿日:2017/05/17

香典を受け取っても香典返しが不要なケースとは?

お香典を頂いた方に贈る香典返しですが、中には、香典返しを辞退される方もいたり、香典返しを送らないケースもあります。今回は、香典返しを送らなくても良いケースや、その場合の対応について、ご紹介します。

香典返しを送らなくても良いケース

基本的に、香典返しとは、お香典を頂いた方に、そのお礼として贈るものです。ただ、例外として、お香典を受け取っても、香典返しが不要なケースがあります。では、香典返しが不要なケースとは、どんなケースなのでしょうか。

受け取り辞退と言われたとき

お香典を下さる方の中には、香典返しを辞退される参列者もいます。これは、公的なお仕事に就いていて、贈り物を法的に受け取れないという理由であったり、遺族への配慮として、香典返しを辞退されています。もし、香典返しの辞退の申し出があった場合は、お香典とそのお気持ちだけを受け取って、香典返しを贈らなくても良いでしょう。どうしても、お礼の気持ちを示したいという場合は、お中元やお歳暮など、香典返しとは別の機会に贈るのが良いでしょう。
また、お手紙や、親しい間柄であれば電話などで連絡するのも良いかもしれません。

受取手のタイミングが悪いとき

香典返しは、四十九日を過ぎた忌明けに贈る場合が多いです。ただ、香典返しを受け取る方の中には、その忌明けのタイミングに、結婚式や新居の竣工などのお祝い事が重なるケースがあります。そのタイミングで、不祝儀に際した贈り物である香典返しを贈るのは避けた方が良いので、後日、日を改めて贈りましょう。配送で香典返しを贈る場合は、日時指定のサービスを利用するなどして、荷物が届く日を調整すると良いでしょう。香典返しを受け取る相手が、親しい間柄の人であれば、香典返しを配送で送ったことを電話やメールなどで、事前に伝えておくのも良いかもしれません。

香典返しを贈らない場合の対応

香典返しを辞退された時に、「お香典を頂いたのに、お返しをしていない」と、不安に思ったり、感謝の気持ちを伝えたいと思う方もいるのではないでしょうか。基本的に、香典返しを辞退される方には、贈るとかえって迷惑になってしまう場合もあるので、香典返しを辞退されることがあったら、贈らない方が望ましいでしょう。香典返しを贈らない場合は、お中元やお歳暮など、贈り物をする別の機会に、その折のお礼を一緒に伝えるなどの方法もあります。また、お礼状で感謝の気持ちを伝えるのも良いでしょう。お礼状には、お香典を頂いたお礼と、法要などの忌中行事が無事に済んだことの報告などをしたためて、送りましょう。

イレギュラーな対応になりますが、香典返しの辞退は、ご参列頂いた方のお気持ちや、ご都合によって起こることです。忙しい時間の合間を縫って、お通夜や葬儀にご参列くださったことなどへの感謝の気持ち忘れずに、状況に合わせて、柔軟に対応しましょう。

次の記事へ >

香典返し「志」 と「満中陰志」? 関東と関西の違い

香典返しを贈る際は、表書きに「志」や「満中陰志」といった言葉を書いて贈ります。地域によって、この表書 ・・・

前の記事へ >

仏教徒は異なる、神道教式の香典返しの作法

仏教が日本に伝わる以前から、古来、日本で信仰されてきた宗教が「神道」です。神道も、仏教と同様に不祝儀 ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
マイプレシャス公式アカウント