香典返しに 法要に 故人を偲んでくださる方へ感謝の気持ちが伝わる贈り物ご用意しました。

香典返しの品物は手渡しするべき? 香典返しの正しい渡し方

投稿日:2017/05/17

香典返しの品物は手渡しするべき? 香典返しの正しい渡し方

お香典をいただいた際に、お礼の気持ちとして贈る香典返し。配送で送っても良いのか、直接手渡しした方がいいのか、迷われる方も少なくないと思います。そのため、今回は香典返しの正しい渡し方をご紹介します。

香典返しは手渡しするべき?

昔は、四十九日法要が終わった後、一軒一軒手渡しで香典返しを渡していました。しかし現在は、親戚も友人もバラバラの地域に住んでいることが多くなったため、配送するのが一般的になりました。また、最近では、親しい間柄でも住所を知らないことが増えたので、当日返しをする場合もあります。地域によっては、当日返しが通例のところもあるので、必ずしも手渡ししなければいけないわけではありません。状況に応じた渡し方で、香典返しを贈りましょう。

香典返しを手渡しする場合の渡し方

お通夜や告別式の当日返しなど、香典返しを手渡しする場合に気をつけたいポイントをご紹介します。

会葬御礼と間違われないように注意

会葬御礼は、お通夜や告別式に来てくださった方に、お香典の有無に関わらず、お渡しする品物です。香典返しとは別に用意します。香典返しと間違われてしまわないように、「お香典のお礼としてお納めください」と一言添えて、お渡ししましょう。

表書きに「志」と書く

当日返しの表書きには、「志」と書いて贈るのが一般的です。「志」には、気持ちという意味があります。「粗供養」や「茶の子」と書いて贈る地域もあります。

挨拶状は不要

本来であれば、香典返しに挨拶状を添えますが、手渡しの場合、挨拶状は不要です。ただ、お通夜や告別式などで弔問客にお渡しする会葬御礼と一緒に、お礼状も添えるため、事前に用意しておきましょう。

のし紙は外掛け

手渡しで直接、香典返しを贈る場合は、のし紙は「外掛け」が一般的です。「外掛け」とは、品物の包装紙の上に、のし紙を掛けることをいいます。相手に贈った目的を明確に伝える意味もあります。

香典返しを配送する場合の渡し方

忌明けなどに配送で香典返しを贈る場合に、気をつけたいポイントをご紹介します。

挨拶状を添える

香典返しを贈る際、挨拶状を添えるのは、一般的なマナーです。挨拶状には、会葬の際のお礼の気持ちとともに、法要が済んだことの報告を書きます。また、香典返しを配送でお贈りすることについてや、書面での挨拶になってしまうことのお詫びも書き添えておきましょう。

到着日に気を配る

香典返しは、お礼の気持ちで贈るものとはいえ、不祝儀の贈り物です。配送するにあたって、到着日が先方の慶事の予定に重なってしまうのは避けたいところです。そのような先方の予定を知っているのであれば、日時指定などを利用して、到着日を調整し、気を配るようにしましょう。

のし紙は内掛け

配送で贈り物をする場合は、内掛けが一般的です。内掛けとは、品物に直接のし紙を掛け、その上から包装紙で包むことをいいます。配送中に、のし紙が汚れてしまったり、破けてしまったりするのを防ぎます。

このように、香典返しを手渡しする場合でも、配送する場合でも、お礼の気持ちを持って相手に贈ることには変わりはありません。どちらの場合でも、礼儀を持って、香典返しを贈りましょう。



次の記事へ >

香典返しの「志」とは? のし紙の種類

一般的に、香典返しの表書きには「志」と書きます。では、なぜ「志」という言葉を書くのでしょうか。今回は ・・・

前の記事へ >

当日の香典返しはお通夜で渡す?葬式で渡す?

一般に、香典返しは、お香典を頂いたお返しとして、四十九日を過ぎた忌明けに渡すものです。ただ、昨今では ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
マイプレシャス公式アカウント