香典返しに 法要に 故人を偲んでくださる方へ感謝の気持ちが伝わる贈り物ご用意しました。

会葬御礼と香典返しは別々にお返しするべき?

投稿日:2017/05/17

会葬御礼と香典返しは別々にお返しするべき?

お通夜や葬儀では、事前に用意しなければいけないものがたくさんあります。会葬御礼や香典返しも、その1つです。どちらも、故人を偲び、ご参列いただく方々へのお礼の気持ちを込めた品にあたりますが、当事者になって初めて、それぞれがどういう位置づけのものなのか、渡し方はどうすべきか調べるという方も多いはずです。
会葬御礼と香典返しはどう違い、どう渡せばいいのかについて理解を深めておきましょう。

会葬御礼と香典返しの違い

会葬御礼とは、お通夜や葬儀に忙しい中、足を運んでくださった方への、お礼の気持ちとして、お渡しする品のことです。
また、会葬御礼とは別に、香典返しもお渡しします。香典返しは、お香典をいただいた方にお渡しする品物です。いただいたお香典の大体半分の金額を目安に、「半返し」という形でお渡しするのが一般的です。
会葬御礼は、香典返しとは違い、お香典の有り無しに関係なく、ご参列くださった方全員に同じ品物をお渡しします。会葬御礼をお渡しするタイミングは、葬儀の受付の際や、お通夜や告別式が終わった後など、地域や宗教によって異なるため、分からない場合は、事前に葬儀屋さんに確認しておくと、段取りがスムーズです。

会葬御礼で用意するもの

会葬御礼は高額な品ではなく、金額は大体500円から1,000円くらいのものを用意します。品物は、ハンカチやお茶などが一般的です。会葬御礼と一緒に、清めの塩と、お礼状をひとまとめにしてお渡しします。お礼状には、忙しい中、時間を割いてご参列下さったことへのお礼と、故人が生前お世話になったことへの感謝などを書きます。

香典返しで用意するもの

香典返しはお香典のだいたい半分の金額で、定番の品物としては、「消えもの」があります。「消えもの」とは、飲食料品や調味料、消耗品のことです。不幸があったことに対しての贈り物なので、後に残らないようにするのです。

香典返しと会葬御礼は別物として渡す

香典返しは忌明けに、お香典を下さった方のところへ直接訪問したり、配送したりして、お渡しすることとされてきました。一方、会葬御礼はお通夜や葬儀の当日にお渡しします。
しかし、関東や東北地方の一部地域では、香典返しにおいても当日にお渡しするのが一般的です。また、配送などの手間や送料がかからないことから、最近では地域に関わらず、この「当日返し」は広く定着してきています。
このように香典返しを当日お渡しする場合も、会葬御礼と香典返しは別物としてそれぞれ用意します。
ただ、当日だとお香典の額を確認せずに、基本的に一律の品物をお渡しすることになります。お香典の金額がある程度大きかった方には、忌明けに、差額分を改めて香典返しとしてお贈りした方がいいでしょう。

地域や家の風習、時代によっても会葬御礼や香典返しのあり方が違ってくるので、初めてだと混乱もしてしまうでしょう。葬儀屋さんに相談するなどして、無理のない範囲で準備をしましょう。



次の記事へ >

自分が喪中の場合、お中元やお歳暮を贈っても良い?

日頃、お世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈る、お中元やお歳暮。自分が喪中の場合、贈っても問題 ・・・

前の記事へ >

香典返しに商品券は失礼にあたる? 避けたほうがよい品物

香典返しの品物には、お茶やお菓子、洗剤やタオルなどがよく選ばれています。中には、商品券を香典返しの品 ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
マイプレシャス公式アカウント