贈る方の気持ちに寄り添い続けて50年 引き出物でご贔屓いただいている マイプレシャスが贈る お歳暮

お歳暮はいつからはじまった?
歴史と由来、マナーを調査!

お歳暮はいつからはじまった?歴史と由来、マナーを調査!

秋が深まってくると、気になるのがお歳暮の準備。今でこそ一般的な習慣になっていますが、お歳暮の歴史はいつからはじまったのでしょうか。ここでは、そんなお歳暮の歴史と由来、マナーについてまとめてみました。

お歳暮の歴史

お歳暮のルーツは、中国にあります。中国では、神様のお祭りでお供え物を季節ごとに贈っていました。
1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元といい、天の神を祭る日としていました。
これに日本古来のお盆という祖先の霊を供養する行事がまじり、定着したのが「お歳暮」「お中元」です。

日本でお歳暮の歴史がはじまったのは室町時代とも言われています。
その後江戸時代には一般的な風習として全国に広まり、明治30年頃には現在のようなお歳暮の形になりました。

お歳暮の由来は?はじめは何を贈っていた?

お歳暮の由来についてご紹介します。

お歳暮はもともと、お正月に先祖の霊を迎えるお御霊祭りのお供え物として贈られていました。
つまりは、新年に向けて福を呼び込むためのお供え物だったわけです。当時のお歳暮の定番は、塩鮭や鰤、餅などの年越しに必要なもの。年神様のお神酒のつまみになるような、かずのこスルメといった珍味でした。いずれも日持ちするものが選ばれていたようです。分家した人や嫁いだ人が、本家や親元に12月31日に手渡しで贈っていました。

また、武士の組合があり、そこの組頭に年末に贈り物をしていたという記録もあります。その後、商人が年末に贈り物を持参して挨拶周りをしていた習慣から、一気に広まったと言われています。

明治30年代になると、親や親戚だけでなく、お得意様やお世話になっている方にもお歳暮を贈る習慣が定着していきました。

抑えておきたい、お歳暮のマナー

お歳暮の歴史や由来を知ったところで、抑えておきたいのが、マナー。簡単に3つのポイントにまとめてみました。

1.いつ贈るのか

元々は正月を迎える事始めの日、12月13日から贈る習わしがありましたが、最近では早まっている傾向があります。年末はいろいろと忙しい時期でもありますので、遅くても12月20日までには届くように準備しましょう。

2.のし紙の種類は?

のし紙は、紅白の5本(又は7本)で蝶結びに熨斗が付いたデザインのもを用います。表書きは濃い色の墨を用いて楷書体で書くのが基本です。上書きは水引中央結び目の上に「御歳暮」と書き、名前書きは水引中央結び目の下に表書きよりやや小さめにしてフルネームで書き入れます。

3.挨拶状を添える

本来は、先様宅に直接訪問して送り届けることが習わしですが、最近では宅急便で届ける事が一般的です。
身内や気心の知れた友人に贈るときは電話で贈った旨を伝えるだけで構いませんが、日頃大変お世話になっている方に贈る場合は、挨拶状をつけましょう。お歳暮と一緒に添えるか、届いた頃を見計らってハガキや手紙を挨拶状として贈るのがマナーです。

以上のポイントをふまえて、素敵なお歳暮を贈ってくださいね。

次の記事へ >

お歳暮を贈る時期は?遅れてしまった時の対処法も

日頃お世話になっている方に、一年の感謝の気持ちを贈るお歳暮。お歳暮の贈る時期は、一般的にいつがよいとされているのでしょうか。ここでは、お歳暮を贈る時期の目安と、遅れてしまった場合の対処法をご紹介します。

マイプレシャス公式アカウント