贈る方の気持ちに寄り添い続けて50年 引き出物でご贔屓いただいている マイプレシャスが贈る お歳暮

予算はどれくらい?お歳暮の相場感

予算はどれくらい?お歳暮の相場感

誰にどんなお歳暮を贈ろうか、お歳暮の準備は何かと気を遣います。品選びも気になりますが、相場も確かめておきたいところです。

一般的には、誰にどれくらいの予算でお歳暮は贈られているのでしょうか。ここでは、お歳暮の相場感を、贈る相手別にご紹介します。

お歳暮の相場

新年に合わせて、先祖のためにお供え物を持っていたことが由来のお歳暮。今ではお世話になった方へ、1年の感謝の気持ちを込めて贈られる習慣として定着しています。

では、相場はどれくらいなのでしょうか。贈る相手によって異なりますが、一般的には3,000円~5,000円と言われています。「来年もよろしくお願いします」の意味も込めて、お中元よりも予算を多めにみている方が多いようです。10,000円以上のお歳暮を贈る方も、もちろんいらっしゃいます。

しかし、1度高額のお歳暮を贈ると、来年も同額のものを贈らないと大変失礼になります。特にお世話になり、高めのお歳暮を贈りたいときは「御礼」として贈ったほうが良いでしょう。

友人・知人・取引先へ贈る場合

友人や知人、取引先へお歳暮を贈る場合は、3,000円程度の品が一般的です。
友人に対しては、あまり高額のものを贈ってはかえって気を遣わせてしまうということになりかねません。

両親・義両親・親戚へ贈る場合

3,000円~5,000円が一般的です。両親や親戚へ贈る場合は、2つのケースがあるようです。

同居していない・または遠方に住んでいる場合は5,000円。そうでない場合は3,000円というケースがひとつ。もうひとつは、普段何かとお世話になっているので、近くに住んでいる両親・親戚には5,000円程度のものを贈るというケース。

最近では、両親へのお歳暮はお互い気を遣いたくないとのことで、代わりに誕生日や父の日・母の日に贈っている方も増えてきました。

上司・得意先様へ贈る場合

最近は減少傾向にありますが、上司や得意先に贈る場合は、5,000円位のお歳暮を用意します。会社の上司へ贈る場合は、会社によって異なるので、職場の同僚や先輩に聞いてからの方が良いです。
また、近頃は習い事の先生にお歳暮を贈る方もいらっしゃいます。その際も、5,000円程度を予算としてみておくと良いでしょう。

< 前の記事へ

お歳暮のお礼状の書き方と文例集

結婚お歳暮をいただいたら、なるべく早くお礼状を書きましょう。贈った方は「届いたかな?」「喜ばれたかな?」と気にかけています。お礼状では、お歳暮を贈って頂いたことに対してだけでなく、その心づかいに対して感謝の気持ちを伝えることがポイントです。ここでは、お歳暮のお礼状の書き方と一般向け・ビジネス向けの文例集をご紹介します。

マイプレシャス公式アカウント