「美味しい」が選べる記念品 テーブルストーリー

結婚式の引き出物にお皿を選ぶ際に気を付けたいポイント!

結婚式の引き出物にお皿を選ぶ際に気を付けたいポイント!

実用性も高く、デザインも豊富なため、結婚式の引き出物で重宝される、お皿。引き出物を贈る相手は、親類や友人、同僚や上司など、関係性や立場も様々です。形に残るものだからこそ、気をつけたいポイントを抑えておきましょう。

お皿選びで気をつけたいポイント①「シンプルで個性が強くないもの」

ある特定の人に贈るプレゼントなどと違い、大人数に贈る引き出物は年齢や性別を問わずに使えるシンプルなものを選ぶとよいでしょう。色合いや絵柄もあまり派手すぎず、個性の強くないものが好ましいです。縁起がよいとされる松竹梅や富士山の形をしたお皿や吉祥文様が描かれたお皿などは、結婚式のおめでたい雰囲気がさりげなく伝わるので、おすすめです。

お皿選びで気をつけたいポイント②「大きさと重さ」

大きなお皿や重いお皿は、かさばって荷物になり、遠方から来られた方や女性が持ち帰るのには非常に大変です。贈る相手に配慮したお皿を選びましょう。
例えば、銘々皿や茶托はサイズも小さく、軽いので、荷物にならず喜ばれるでしょう。陶器以外にも木製のものもあるので、移動時に割れてしまう心配もありません。また、豆皿もデザイン性に富んだ、見た目が非常に可愛らしくおすすめです。

お皿選びで気をつけたいポイント③「新郎新婦の名前を入れない」

引き出物で敬遠される理由として多いのが、新郎新婦の名前入りの品物です。形に残り、なおかつ実用性も高いお皿に新郎新婦の名前を入れると、使うに使えず、飾るに飾れないということになってしまいます。贈る相手が使う場面を想像して、お皿選びをすると良いでしょう。どうしても結婚の記念を残したいという方は、ゲストと分けて、ご自身用に作ってもらうのもいいかもしれません。

お皿選びで気をつけたいポイント④「贈り分け」

贈り分けとは、ゲストの年齢や性別、新郎新婦との関係性や立場などに合わせて、引き出物の内容を変えることです。年齢の若い方と年配の方に贈るお皿のデザインを変えたり、上司や目上の人には少し高価なお皿にするなど、年齢や関係性や立場によって何パターンかに分けて贈ります。その際、気にされるゲストもいないとは限らないので、贈り分けが分からないように、引き出物の包装は同じものを使いましょう。

料理やお菓子とセットでワンランクアップ

お皿に合わせた料理やお菓子をセットにすることで、引き出物をワンランクアップさせましょう。落ち着いた色合いの和食器と和菓子。清潔感のある白いお皿とケーキ。可愛らしい和柄の小皿と佃煮。様々な組み合わせを考えて、お皿を選ぶのも楽しいかもしれません。

お皿と料理をセットで贈る場合、贈り主が最初に決めることで受け取られた方の味の好みに合わないことも考えられます。マイプレシャスの「Table Story」は、受け取られた方にお好きな料理を選んでいただけるカタログギフトですので、引き出物にもおすすめです。

次の記事へ >

グルメはお皿から! 料理がもっとおいしくなる食器の選び方

毎日の食事に欠かせないのが、食器です。色や形もたくさん種類があり、個性豊かです。料理に合わせた食器選 ・・・

前の記事へ >

銘々皿はギフトにぴったり! 材質や形状ごとの使い方

おもてなしの心が詰まった銘々皿は、食卓や茶席を彩り、特別なひとときを演出します。デザインのバリエーシ ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
PAGE TOP