結婚内祝い!お返しをするべき時期とは?

投稿日:2015/09/18

結婚内祝い!お返しをするべき時期とは?

ロマンチックなプロポーズを経ていざ結婚! そうなると、それぞれの家族への挨拶や式の準備はもちろん、仕事や住まいの変化や、様々な手続きなど、思った以上に忙しいものです。なぜこんなにバタバタするの……? と思うかもしれませんが、ここは幸せの勢いで、乗り切りましょう。
手続き関連のほかにも、友だちや、職場の同僚からいただいたお祝いにも、内祝いを考えなくてはなりません。ここでは、内祝いを贈る流れや、お祝いをいただいたときに気を付けておきたいポイント、贈るべき相手は誰かなど、押さえておきたいポイントなどをまとめました。

結婚内祝いを贈るまでの流れ

実際に、お祝いを頂いてから、内祝いを贈るまでの流れを確認してみましょう。

結婚式前にすべきこと

結婚式の前に、お祝いを頂くことが多いと思います。ただ、頂いたからといって、すぐにお返しはしなくても構いません。だいたい式を挙げてから、2週間~1か月くらいで贈るものなので、まず、頂いたお礼の連絡だけを先にしておきます。メールよりも、電話の方が好ましいでしょう。
挙式の前までに、頂いたお祝いのリストを作成します。このリストをもとに、挙式後に内祝いを贈ることができるよう、頂いた日付とお祝いの金額(または品物名とおよその代金)や、住所や連絡先も、きちんとまとめておきましょう。
すでに内祝いを贈るお店や、カタログなどを決めてあれば、何を贈る予定なのかもメモしておくと、後々便利です。
このときにやっておきたいのは、自分たちだけでなく、自分たちの親にも、「だれに何を頂いたか」を報告する、ということ。
なぜなら、結婚式にお祝いをくださるのは「新郎新婦の友人」だけでなく、親御さんたちの知り合いや親せきなどの立場の人も含まれているからです。結婚というのは2人だけの問題ではなく、両家の親も関わってくることです。親御さんにきちんと話をし、どのような人からどのようなものを頂いたかを報告しましょう。
また、自分たちの両親は、「これから自分たちが経験すること」をすでに経験している人たちです。困ったことや迷ったことがあったときに、きっと力になってくれます。
漏れがないように、「だれに何をいつ頂いたか」をリスト化しておくとよいでしょう。説明もしやすいですし、自分たちで見返すときにも役立ちます。現在はパソコンがあるので、パソコンのエクセルやグーグルドライブなどのクラウドを使ってまとめるのも簡単で効率的です。

結婚式後にすべきこと

内祝いは、挙式後2週間~1か月以内で発送完了したいもの。頂いた金額の(品物であればおよその代金の)、だいたい半分程度の品物を選びます。ただ、連名で大きな品物を頂いた場合などは、一般的には、「頂いた商品の値段を頭数で割り、それの半額のものを贈るのがよい」とされています。小さなギフトなどをお返しするのがよいでしょう。連名ということで一人ひとりにお返しをするのは大変かもしれませんが、これがもっとも理想的なかたちです。
もちろん、お祝いをお返しする際に一番大切なのは2人の気持ちです。お返しする品物を選ぶときは、それぞれのライフスタイルや、環境に合ったものを選べるといいですね。ただ、あまり2人の思いが詰まり過ぎても、かえって負担になる場合も……。2人の写真入りのグッズなどは避け、見た目にも可愛いお菓子や、ちょっと贅沢なグルメセットなどが人気です。
メッセージカードを添えると、2人の気持ちがより伝わり喜ばれます。

結婚内祝いを用意する際の心構え

これは、結婚式を経験した先輩カップルの声にも多いものですが、とにかく時間が無い!短期間で勝負!特に挙式直後は、まだまだやることが多く、慌ただしいものです。
可能な限り、頂いた時点で、何をお返しするのかを決めておいた方がよいでしょう。
とはいえ、挙式前に時間があるわけではありません。予算や、相手の趣味趣向などを考えていると、品物までたどりつくのは大変です。
実は、そんなときに頼りになるのが、カタログギフト。設定金額も幅広く、贈られた方自身の趣味趣向で、必要なものを選べるので、いただいた方としても、実は一番嬉しいとの声が多いのだとか。
フォトブックになっているカタログギフトなら、2人らしさも、一緒に伝えられますね。

結婚内祝いは全員に返すべき?

「ここまでは結婚内祝いの返し方」についてお話してきました。
しかし実のところ、「お祝いをくださった方全員に内祝いを返す必要があるか」というと、そうではありません。
披露宴にお招きしている人の場合は、そのお祝いのお返しとして、料理や引き出物をお出ししています。そのため、原則としては結婚内祝いをお贈りする必要がありません。

お返しを忘れてしまった際の対処法

結婚式の前後はあわただしいため、万が一結婚お祝いのお返しを忘れてしまっていたり、もしくは遅くなったら……。そのときには、気付いたタイミングですぐにお詫びとともに、結婚内祝いを贈りましょう。ギフトは通常のものと一緒でかまいません。お詫びの気持ちが伝わるように、手書きでメッセージをつけたり、可能であれば手渡しで直接お詫びをしてください。

ここまで内祝いに関するポイントをまとめてみました。忙しいスケジュールの中で、次から次へと選んでは決めていくことは大変ですが、内祝いは2人の幸せのお裾分けです。あなたの喜ぶ顔を見たい、と相手が贈ってくれたお祝いですから、贈られた側も「お返しした相手の喜ぶ顔が見たい」、そんな気持ちで、2人の気持ちが伝わるものを選びたいですね。気持ちの伝わる、とっておきの内祝いを贈りましょう。

前の記事へ >

予算はどのくらい?結婚内祝いの相場感

披露宴当日のご祝儀であれば、ある程度金額の予想はつきますが、品物で頂いたり、現金を頂いたりと、結婚祝 ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

結婚内祝いおすすめ商品

マイプレシャス公式アカウント