贈りませんか?
選ぶドキドキ、残すワクワク

誕生おめでとう!そんな気持ちが伝わる
出産祝い専用カタログギフト。
ママがベビーのために、たくさんの
ベビーアイテムの中から好きなものを選べます。
選び終わったあとは、ベビーの愛くるしい表情や
成長をしまっておけるアルバムになります。

  • 1個でも100軒でも送料無料
  • お祝いののし・包装紙 無料でお付けします

出産祝いを職場仲間に渡す場合のマナーとは?

投稿日:2019/03/27

出産祝いを職場仲間に渡す場合のマナーとは?

おめでたい出産祝いも、贈る相手によって、気を付けたいポイントがあるものです。親しい友人であれば、面白グッズや、売り場を見てカワイイ! と思ったものを揃えてもいいかもしれません。

ただし、職場の人に、それも複数人から出産祝いを贈るとなると、その立場や関係性に注意が必要です。予算や品物など、職場の仲間に出産祝いを渡すときに、気を付けたいマナーについて、まとめてみました。

職場の人に出産祝いを贈る時期

贈る時期に特に決まりはありませんが、生後7日目に行われる「お七夜」から、生後1か月のころに行われる「お宮参り」の間に贈るのが一般的な目安とされています。無事に出産したとの知らせを受けたら、できるだけ早く贈るようにしましょう。

もちろん生後1か月を過ぎたらお祝いを贈ってはいけないというわけではありません。ただ、お祝いをいただいた側は、お宮参りのころにお返しとなる「出産内祝い」の手配を始めます。出産内祝いを手配した後にお祝いが届くと、もう一度手配をしなければなりません。赤ちゃんの世話をしながら手配をするのはなかなか大変なことですので、お宮参りまでに出産祝いを届けることは、相手への気遣いであると言えそうです。

職場の人に出産祝いを贈る際の予算とは?

あくまでも目安になりますが、立場に応じて、予算の相場は以下のようになってきます。

部下に出産祝いを贈る場合の相場:5,000~10,000円程度

立場や本人との付き合いの深さによって、変わってくることもあります。気を付けたいのは、人によって差をつけてしまうこと。上司として渡すのであれば、部下には一律の金額で通すべき。もし、少し差を付けたい場合は、プレゼントを別途添えるようにしましょう。

上司に出産祝いを贈る場合の相場:5,000円程度

あまり高額すぎては、かえって気を遣わせてしまうことになります。いつもお世話になっていて、お祝いと合わせて、普段の感謝の気持ちを伝えたいという場合には、現金とプレゼントに分けて、ボリュームを付けて渡すとよいでしょう。

同僚に出産祝いを贈る場合の相場:1,000~3,000円程度

親しい友人であれば、相場なんて関係なく、出産祝いを選びたいですよね。あくまでも職場の同僚にとどまる関係であれば、あまり張り切りすぎることはありません。内祝いの際に負担をかけてしまうことになります。

また、職場の全員で、まとめて贈るケースもあります。人数にもよりますが、1人1,000円程度を目安に考えるとよいでしょう。
誰がこの出産祝いに参加しているのか、メッセージカードなどで、きちんと分かるようにして贈るようにします。

職場仲間数人で出産祝いを贈る注意点

普段から仲良しグループであれば、細かいことは気にせず、みんなで贈りたいものを相談したり、リクエストを聞いてから選んだりするとよいでしょう。

ただし、もらった相手は、基本的に半返し~3分の1程度の内祝いを用意してくれます。
それを期待するわけではありませんが、あまり高額すぎても負担になりますし、少額すぎるのも、かえって手間を取らせることになります。1人1,000~5,000円が目安といったところでしょう。

出産祝いを連名にする場合の贈り方

のし袋でも、のし紙でも、連名にする場合にはルールがあります。贈る人が3名までであれば、1人のときと同じ場所に並べて書きます。4名以上のときは、代表者の名前のみを記入し、「外一同(ほかいちどう)」と書き添えておきましょう。書ききれなかった人たちは、別紙に記入して、中包みやプレゼントの中に入れましょう。

職場の人に贈る出産祝いの選びのコツ

いざ出産祝いの品物を選ぼうと出かけてみたものの、かわいらしいベビーグッズや子供用品の多さに圧倒され、「目移りして決められない」という話もよく耳にします。どういった観点で、どのような品を選べばいいのでしょうか。コツをお伝えします。

子供用のおもちゃ

何でも口に持っていき、なめてしまう赤ちゃん。おもちゃを選ぶときは、まずは素材に注目しましょう。汚れたら洗える布製のもの、国内産の天然木で作られたものなど、赤ちゃんにとって、安全・安心であるものを選ぶことがコツのひとつです。

また、おもちゃにもさまざまな種類があります。今すぐ遊べるおもちゃなら、ガラガラなど音の出るもの、長く使ってほしいなら、大きくなっても遊べる積み木やブロック、パズルなどの知育玩具がおすすめです。

オムツやおしり拭きなどの消耗品

特に、2人目以降の出産であれば、最初のときに様々なグッズは揃えてあるはずです。親戚や友人などからも、様々な物をもらっているでしょうから、消耗品を選ぶほうがいいでしょう。特にオムツは、メーカーを決めて使っていることもあるので、事前に確認するといいですね。

形に残るもの

ブランド物のベビー服やシューズ、ちょっとゴージャスな食器セットやタオルセットなど、あえて自分たちでは購入しなそうなものを、プレゼントしてみてはいかがでしょうか?
予算に合わせて、「服と靴」「タオルと食器」など、組み合わせをアレンジできるので、贈る側の人数が多いときには、いいですね。

カタログギフト

「何を選べばいいのかわからない」「2人目だから、いろいろと揃っていそう」など、お祝い選びに迷ったときにおすすめしたいのが、カタログギフトです。ベビーグッズ満載の出産祝い用のカタログギフトもありますし、ママやパパが欲しいグッズが詰まったカタログもあります。たくさんの品物の中から、自分たちにとって必要な品をピックアップしてもらいましょう。

カタログギフトなら「眺める楽しみ」も贈ることができます。小さな赤ちゃんがいると、買い物に出かけるのも、ひと苦労。産まれる前までのように、ゆっくりお店を見て歩く時間もありません。しかし、カタログギフトなら家にいながらショッピング気分を味わうことができます。

マイプレシャスでも出産祝い専用のカタログを取り扱っております。
マイプレシャスの出産祝い専用カタログはこちら

職場仲間だからこそ、贈る出産祝いには、気をつけたいポイントが色々あります。あまり細かいことにこだわりすぎても、難しい出産祝いになってしまいます。とにかく、おめでとう! という気持ちが一番大切です。
ママはもちろん、赤ちゃんに一番喜んでもらえるような、思い出に残る、素敵な出産祝いを選んでください。

次の記事へ >

海外の友人に出産祝いを贈ろう! おすすめのプレゼントは?

赤ちゃんの誕生は神秘的で愛に溢れていて、報告を受けたら嬉しい気持ちでいっぱいになりますよね。ましてや ・・・

前の記事へ >

親戚に出産祝いを贈ろう! 親戚ならではの選び方のポイント

子供の頃からよく遊んでいたいとこや、成長した甥や姪へ向けて、出産祝いを贈るときにはどうしたらいいので ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

出産祝いおすすめ商品

PAGE TOP
マイプレシャス公式アカウント