贈りませんか?
選ぶドキドキ、残すワクワク

誕生おめでとう!そんな気持ちが伝わる
出産祝い専用カタログギフト。
ママがベビーのために、たくさんの
ベビーアイテムの中から好きなものを選べます。
選び終わったあとは、ベビーの愛くるしい表情や
成長をしまっておけるアルバムになります。

  • 1個でも100軒でも送料無料
  • お祝いののし・包装紙 無料でお付けします

出産祝いで靴を贈る際の注意点とサイズの選び方

投稿日:2020/03/02

出産祝いで靴を贈る際の注意点とサイズの選び方

出産祝いの贈り物として喜ばれる品の中でも、もっとも人気の高い品の一つに挙げられるベビーシューズ。まだ一人でしっかり歩けない時期に履くベビーシューズ(ファーストシューズ)も大変喜ばれますが、せっかく買ってもすぐにサイズアウトしてしまいがちな1歳~3歳に履くベビーシューズももらうと嬉しいもの。選ぶときには、成長が著しい子供の足を守るためにも、素材にこだわった履きやすいものを選ぶのが大切です。

ベビーシューズが出産祝いとして人気が高い理由は

外で遊ぶ機会が増えると毎日のように砂や水で汚れてしまうため、ベビーシューズは、いくつあっても足りないと思うのが親御さんの正直な気持ちではないでしょうか。二人目のお子さんとなれば、上の子のお下がりを履かせたり、お友達から譲り受けた靴を何足か準備している親御さんも少なくありませんが、ベビーシューズのお下がりは使用感が目立ちやすいため、お出かけ用にはやや不向きかもしれません。その上、ベビーシューズは、大人の手のひらに乗せられるほど小さなものであっても大人とほぼ変わらない値段のものが多く出費が嵩みがちなため、受け取った親御さんも大助かり。出産祝いのお祝いとして大変喜ばれます。

出産祝いにベビーシューズを贈るときの相場

出産祝いにベビーシューズを贈るときの一般的な相場は、2,000円~10,000円程度となっています。ベビーシューズの価格帯がおおむね1,000円~10,000円くらいなので、相場の金額で十分にプレゼントすることができます。相場が幅広いのは、贈る相手との関係性によって変わってくるから。もう少し細かく分けてみましょう。

贈る相手が友人の場合は、2,000円~5,000円くらいが相場となっています。理由は、あまり高価な贈り物をすると、受け取った側の気持ちにかえって負担をかけることになるためです。贈る相手が身内の場合は、一般的にももう少し予算が上がり、5,000円~10,000円を目安にして選ぶケースが多くなっています。

出産祝いにはどんなベビーシューズを選べばいい?

ベビーシューズも大人顔負けのデザイン、ブランドが揃っていて、選ぶのにも迷ってしまうほどですが、赤ちゃんの足の発達状況に合わせて選ぶことが大切です。

基本は、履かせやすく、歩いていても脱げにくいこと。素材は、赤ちゃんの足の動きに合わせて伸縮する柔らかさや軽さがあるかどうかをチェックしましょう。靴底は厚すぎず薄すぎず、赤ちゃんの歩きをしっかりサポートできるつくりになっていることがポイント。具体的には、足の指の付け根あたりでしっかりと曲がるつくりになっていること、滑り止めが施されていることが必須条件です。

甲の部分は、赤ちゃんの足に合わせて、マジックテープや紐で調整できるものを選びましょう。マジックテープは扱いが手軽なこと、紐は細かい調整がきくことがメリットです。
靴のタイプでは、履かせやすく動きやすいスポーツシューズが人気を集めています。寒い季節に履いてもらうなら、ベビーブーツもかわいらしく、贈り物としてぴったり。

有名なブランドはいくつかに限られます。ブランド名を見ただけで、特別なものを選んでくれたのだなとわかったりもしますので、どのようなブランドがあってどのようなイメージを持たれているのかは、ある程度知っておくと安心です。

年齢別サイズの違いとサイズ選びの重要性

子供の足は成長が非常に速く、1歳のお誕生日までに1cm~2cm、2歳~3歳の間に1cm~1.5cmほど変化すると言われています。また、この時期の足は骨の形成が未熟なため、サイズや形に合わないものを履いていると、変な歩き癖がついてしまったり、関節に負担をかけ成長を阻害する恐れがあります。そのため、3カ月に1回を目安に足のサイズをチェックし、サイズに合ったものを履かせるのが理想です。身体を動かすのが大好きなお子さんの怪我を予防するためにもサイズ選びは重要です。

ギフトに人気のサイズは?

出産祝いだからといって、必ずしも0~1歳の赤ちゃんが履く小さなサイズを選ぶ必要はありません。一人歩きはもちろん、立ち座りさえ不安定な時期ですので、親御さんもなかなか履かせる機会がなく時期を逃してしまう可能性があります。そのため、赤ちゃんが歩きはじめる1歳半~2歳に履くものが最も人気があります。サイズは、13cm~15cmが目安。もちろん個人差もありますが、13cmより小さなものを選ぶとすぐに窮屈になってしまうため、あえて3歳のサイズ感(15cm~16cm)の靴を贈るのも良いでしょう。

サイズ選びに迷った場合は、カタログギフトから選んでもらうのもおすすめです。カタログギフトなら、相手の好みがわからない場合にも失敗がありません。なかなか自由に買い物に出かけられない親御さんにとっても「選ぶ楽しみ」が増えるメリットがあります。

出産祝いにベビーシューズを贈る際は、お子さんの成長や、ほかの人がどのようなものを贈っているなどに配慮するようにしましょう。サイズだけではなく、脱ぎ履きがしやすい素材やデザインを選ぶと安心です。

次の記事へ >

マナーやNGワードに注意! 出産祝いの文例集

「赤ちゃんが産まれたご家庭に、温かなメッセージを届けたい」、「ありきたりな言葉ではなく、気持ちをしっ ・・・

前の記事へ >

どれを選べばいい? 出産祝いを入れるご祝儀袋の選び方

身内や友人、勤め先の同僚や先輩などに赤ちゃんが生まれたときに贈る出産祝い。ベビー服などの品物でお祝い ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

出産祝いおすすめ商品

PAGE TOP
マイプレシャス公式アカウント