カタログギフトのマイプレシャス

出産祝いのお返し
出産祝いのお返し

出産祝いのお返し

出産内祝いに添える命名札とは? ルールはあるの?

投稿日:2020/03/02

出産内祝いに添える命名札とは? ルールはあるの?

出産をすると、お祝いをいただいた方へのお返し、あるいは身内の祝いごとのおすそ分けとして、出産内祝いを用意します。その際、命名札を添えるのが、昔からの風習でありマナー。形式的なことだけでなく、命名札には、しっかりとした役割もあります。その役割について理解したうえで出産内祝いを贈るようにしましょう。

出産内祝いに添える命名札とは

出産内祝いに添える命名札とは、生まれた赤ちゃんの名前を記す札のこと。赤ちゃんの名前を広くお披露目する役割があり、一般的によく使われているタイプは短冊型のものです。

古くから日本には、生まれた赤ちゃんの健やかな成長を願い、生後7日目の「お七夜」に、神棚や床の間に命名札を貼るという風習がありました。この風習はなくなってしまったわけではありませんが、現在では出産内祝いに添える形式が定着しています。

また、地域によっては、出産内祝いを受け取った相手が添えられていた命名札を家に貼るという風習があるといいます。そういった地域の方に命名札を添えずに出産内祝いを贈ると、相手がとまどってしまう可能性もあるので、心に留めておきましょう。

ルールはある?命名札のマナー

出産内祝いに添える命名札は、赤ちゃんの名前をお知らせし、「これからよろしくお願いします」という挨拶の気持ちもこめたもの。形式に厳密なルールがあるわけではありませんし、必ず添えなければならないというものでもないのです。

ただ、出産内祝いを受け取る方はやはり赤ちゃんの名前を知りたいと思うものですので、命名札を添えない場合はメッセージカードなどに名前を記してお知らせするようにしましょう。

なお、先ほどもお伝えしたように、出産内祝いに添えられていた命名札を家に貼る風習が残っている地域もあります。命名札を添えないことを考えているのであれば、出産内祝いを贈る方の中に、そういった地域にお住まいの方がいないかを事前に確認しておくと安心です。

命名札の書き方

命名札の書き方に特に決まりはありませんが、基本的なパターンはあります。札の中央上部に「命名」と記し、その下に赤ちゃんの名前を書きます。名前だけでもいいですし、名字からのフルネームでもかまいません。「命名」の文字は、あらかじめ印刷されているものもあります。

さらに漢字の名前には、ふりがなをふることをおすすめします。漢字によっては複数の読み方をするものも多くありますし、たとえ自分たちが「普通に読めるよね」と思う漢字であっても、受け取った方は「普通に読んでいいのか、それとも、別の読み方をするのか」と、悩んでしまうもの。ふりがなをふっておけば、間違いがありませんし、相手を悩ませることもありません。

名前の左側に、赤ちゃんの生年月日や両親の名前を添えることもあります。住んでいる地域の風習がある場合は、そちらに従うとよいでしょう。

ところで、生まれたのが双子や三つ子など多胎児だった場合はどうしたらいいのでしょうか。この場合も、特に決まりはありませんが、1枚の札に名前を並べて記してもいいですし、1枚ずつ命名札を用意してもかまいません。

なお命名札は、かけたのしの右側に貼りつけます。のしにも赤ちゃんの名前が書かれているため同じ名前が並ぶことになりますが、その点は問題ないのでご安心ください。のしは送り主の名前を記すもの、命名札は名前をお知らせするものと、それぞれの役割が異なるからです。

参考までに、のしには水引が印刷されていますが、お祝い事の水引には「蝶結び」と「結び切り」があります。蝶結びは何回繰り返しても良い出来事、結び切りは結婚のように一回限りが良い出来事に使うものです。出産の場合は、何回繰り返しても良いことなので、水引は蝶結びにします。

命名札のデザインはどんなものがいい?

命名札はベビー用品店、ギフトショップやインターネットで入手できますが、オーソドックスなデザインは、札の上下に赤い線が施されているもの。目上の方や年配の方、風習を重んじる方にも間違いなく受け入れてもらえるデザインです。そのほか、赤ちゃんの写真が入れられるもの、イラストつきのカラフルなもの、メッセージが添えられるものなどがあります。

赤ちゃんの写真については、「顔が見られて嬉しい」「かわいい」と受け取ってくれる方がいる一方で、赤ちゃんを授からなかった家庭、独身の方などにはあまり快く思われないこともあるようです。イラストつきのカラフルな命名札も、贈る相手に合わせて選ぶことを心がけましょう。

出産内祝いに添える命名札は、赤ちゃんの名前を知ってもらうと同時に「これからよろしくお願いします」という気持ちを伝える役割があります。添えずに省略しても問題ありませんが、赤ちゃんの名前を知ってもらうチャンスととらえて用意する方が多いようです。出産内祝いを贈る際には、上記を参考に命名札を添えることを検討してみてはいかがでしょうか。

次の記事へ >

出産内祝いに名入れギフトはどうなの? 名入れギフトを贈るメリット

赤ちゃんが生まれると、親戚や友人からお祝いの品が届くことがあります。そのお礼の気持ちと、赤ちゃんの紹 ・・・

前の記事へ >

何がおすすめ? 男性に喜ばれる出産内祝いの選び方

出産祝いをいただいたら出産内祝いを用意してお返しすることが礼儀ですが、相手が男性の場合、品物選びに迷 ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

出産内祝いおすすめ商品

マイプレシャス公式アカウント