結婚祝いのプレゼント
結婚祝いのプレゼント
結婚祝いのプレゼント

結婚祝いを贈ろう! 喜ばれる結婚祝いの選び方

投稿日:2021/02/09

結婚祝いを贈ろう! 喜ばれる結婚祝いの選び方

結婚して新生活を始める2人へ、結婚祝いとして心のこもったプレゼントを贈りましょう!一から暮らしを作っていく2人には、必要な物・欲しい物がいっぱいあるはずです。せっかく結婚祝いを贈るなら、「もらって嬉しかった」「便利で役立った」と喜んでもらえるような品を贈りたいもの。ここでは、喜ばれるお祝いの品と選び方のポイントを知っておきましょう。

結婚祝いプレゼントの相場の目安

 
結婚祝いのプレゼントの相場は、贈る相手との付き合いの深さや結婚式・披露宴に出席するかどうかによっても異なります。例えば友人に贈る結婚祝いの場合、一般的な相場としては、結婚式や披露宴には出席せず、プレゼントのみを贈るのであれば10,000円~20,000円というのがひとつの目安です。結婚式や披露宴に出席する場合にはご祝儀をお渡しするため、プレゼントの金額は下げても問題ありません。3,000円~10,000円くらいを目安にプレゼントを選びましょう。

結婚祝いとして避けたほうが良いもの

せっかく選んだお祝いが、「もらって困ったプレゼント」にならないように、まずは結婚祝いとして避けたほうが良いものと、注意するポイントを知っておきましょう。

忌み言葉のあるもの

「切れる」「割れる」「別れる(分かれる)」ものは、結婚祝いにはタブーとされています。具体的に、包丁、ハサミ、ガラス製品、陶磁器などは、贈り物として避けたほうがいいアイテムです。でも包丁やテーブルウェアは結婚で揃えたいアイテムでもあり、因習は気にしないという人も多いので、相手がOKという場合は贈ることもできます。その際、カードに「明るい未来を切り開いてください」などと添えて、タブーを前向きに変えるのがおすすめです。

インテリア小物、家具

相手の趣味をよく知っている場合は別として、インテリア小物や家具は趣味が合わないと邪魔になるだけなので、避けたほうが無難です。贈る場合は相手が好むブランドの品にするか、相手に欲しい家具や小物をリストアップしてもらって、その中から贈るようにすれば間違いがありません。

先のことを見据えたお祝い(子供用品など)

夫婦の将来計画に関わるようなプレゼントは避けましょう。特に当面子供を作る気がない夫婦に、子供用品を贈るのはトラブルの元。「授かり婚」ですでに子供が生まれた場合は子供用品もアリですが、出産前に子供の物を贈るのはタブーと覚えておきましょう。

喜ばれる定番の結婚祝い


喜ばれる結婚祝いには、「新生活に欲しい実用品」で、かつ「自分で買うにはちょっと高いもの」を選ぶのがポイントです。以下で詳しくみてみましょう。

バスタオル

相手の好きなブランドやデザインを事前に確認した上で、普段使いとしては高めの価格のバスタオルを贈ります。新婚家庭は来客も多いので、ゲストタオルとのセットにしても良いでしょう。

キッチン用品

独身時代は使わないセットタイプのキッチン用品は、結婚を機に揃えたい品。これも相手の好みを確認して。品番が決まっているようならそれを聞いて贈れば、間違いなく喜んでもらえます。アイテム例としては、食器セット、ケトル、鍋のセット、カトラリーセットなどが挙げられます。

デジタルフォトフレーム

結婚式やハネムーンの写真を見られるデジタルフォトフレーム。結婚式で写真を撮ったら、ベストショットを選んで入れて贈るのも記念になりますね。

電化製品

電化製品は重複すると無駄になるので、贈る場合にはその家電製品を持っていないかをまず確認します。サプライズ感は薄れますが、相手が本当に欲しいものを贈ることを第一にしましょう。例えば、炊飯器、ハンディミキサー、コーヒーメーカーなどが贈りやすいですね。

ペアアイテム

ペアアイテムは新婚のふたりにぴったりの贈り物のひとつです。贈る場合には、個性的すぎるデザインのものは避け、あくまでも二人の好みに合ったもので、日常的に使えるものを選ぶようにしましょう。人によってはお揃いのペアグッズを外で使うことに抵抗がある方もいるため、家の中で使えるグッズを選ぶと安心です。ペア食器やペアグラス、ペアパジャマなど、プライベートな時間に重宝しそうなアイテムを選びましょう。

体験型ギフト

体験型ギフトというのは、キッチングッズや雑貨などの「モノ」ではなく、クルージングやスパなどの「体験」を贈るという新しいタイプのギフトです。乗馬からカヌー、ダイビングといったアクティブ系の体験から、グルメ、美容、アート系の体験までさまざまな種類の体験をギフトとして贈ることができます。結婚した二人に特別な思い出を作ってほしいという思いから、人気のある結婚祝いのギフトです。贈る相手の趣味や好みに合ったものを選んでみましょう。

花束やプリザーブドフラワー

贈り物に迷った時には、花束やプリザードフラワーもおすすめです。花束を贈る場合には、おしゃれなフラワーベースを一緒にプレゼントしても喜んでいただけるでしょう。また、プリザーブドフラワーは形に残るものですので、インテリアの邪魔にならないものを選ぶというのも大切なポイントです。フォトスタンドと一体型になったものであれば、ウエディングの写真を飾ることもでき、思い出に残る贈り物になるでしょう。

結婚祝いの贈り物が選べない場合には

新婚の2人は自分たちの思い描く生活を送りたいという気持ちがあるので、趣味の合わないプレゼントでは喜びも半減するかもしれません。先方の好みが分からない場合は、カタログギフトを贈るのが、おすすめです。

カタログギフトならば、相手が欲しいアイテムを決めてくれるので、要らない物を贈ってしまうという失敗がありません。例えば、インテリア用品カタログギフト、キッチン用品カタログギフト、ガーデニング用品カタログギフトのように、カタログギフトにもバリエーションがあるので、喜ばれそうなカタログを選びましょう。

結婚祝いは思い出に残るものだから、絶対喜んでもらいたいですよね。結婚祝いに迷ったら、上記を参考に、喜んでもらえる結婚祝いのプレゼントを考えてみてください。

次の記事へ >

取引先に結婚祝いを贈るときのマナーと選び方

仕事を通して親しくお付き合いをしている取引先の方が結婚すると知ったとき、結婚祝い・・・

前の記事へ >

結婚祝いのプレゼントの選び方! 友人に贈るときのポイント

大切な友人に贈る結婚祝いのプレゼントですから、「人生の一大イベントに相応しいプレ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

結婚祝いおすすめ商品

マイプレシャス公式アカウント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram