選挙当選祝いのメッセージを贈るときの文例

選挙当選祝いのメッセージを贈るときの文例

応援していた候補者の当選が決まったら、できるだけ早く選挙当選祝いを届けましょう。選挙を勝ち抜いた候補者にとって、自分を応援し祝ってくれる人の声は、何よりも嬉しいものです。ここでは選挙当選祝いの贈り方と、メッセージの文例をご紹介します。

選挙当選祝いはいつ贈れば良いの?

当選祝いは、当選が決定したらできるだけ早く贈ります。当選決定後、遅くとも1週間以内には贈るようにしましょう。何かの事情でお祝いの品が遅れる場合は、お祝いメッセージを電報、メール、ファクスなどで先に送り、改めて当選祝いを贈らせてもらう旨を告げるようにします。

「当選確実(当確)」速報が出た時点で当選祝いを贈る人がいますが、まれに当確が出ても落選するケースがあるので、必ず当選が決定してから贈るようにします。開票率100%、もしくは残りの票がすべて開票されても結果が覆らない場合に当選が決定します。

選挙当選祝いを贈る際にのしはどうする?

当選は何度あっても良いことなので、「花結び(緒結び)」ののしを使います。「結び切り」ののしは一回限りの祝い事に使うもので、選挙祝いに使うと失礼になるので、間違えないよう注意してください。
のしの表書きは、「祝 御当選」「御当選御祝」などが一般的ですが、シンプルに「御祝」などでもいいでしょう。

贈り主の部分には必ず個人名を書きます。会社や組合その他の団体が政治家個人に金銭等を贈ることは、「政治資金規正法」で禁止されています。

選挙当選祝いの添えるメッセージのマナー

これから政治家として活動をする当選者へのメッセージには、忌み言葉や苦境を暗示するような語句は使わないようにするのがマナーです。

忌み言葉

苦、死、病む、断つ、忌、など「縁起の悪い」「不吉」な言葉全般。

避けるべき言葉

落ちる、外れる、倒れる、敗れるなど「負け」イメージのある言葉全般。
苦境、不況、失速、不景気など「先行きが暗い」イメージの言葉全般。

選挙当選祝いのメッセージの例

選挙当選祝いのメッセージは、当選を祝い、今後に期待する内容が適しています。ここでは、具体的な文例をご紹介しましょう。

文例1

御当選おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
地域発展のためにご活躍されることを期待しております。

文例2

県議会議員御当選、誠におめでとうございます。
健康に留意されて、ご活躍なさることを心より期待しております。

文例3

衆議院初当選、心よりお祝い申し上げます。
若いパワーが高く評価された結果とお喜び申し上げます。
今後ますますご活躍されることをお祈りいたします。

文例4

初当選おめでとうございます!
今後は区議会に新しい風を吹き込まれることと期待しております。
健康に留意され、ご活躍されますことをお祈り申し上げます。

文例5

区議会議員再当選おめでとうございます。
今までの実績が評価された結果の大勝利と心よりお祝い申し上げます。
今後も私たちの代表としてご活躍されますことをお祈りいたします。

文例6

ご当選おめでとうございます!見事な大勝利に拍手を贈ります。
微力ではありますが、これからもずっと応援させていただきます。
健康に留意され、ますますご活躍されますことを期待しております。

選挙当選祝いは、政治家として活動していく当選者へのエールです。上記を参考に当選者のパワーになるような温かいお祝いメッセージを贈ってください。

次の記事へ >

選挙当選祝いを贈ろう! 贈り物に制限はある?

政治家への贈り物は、「公職選挙法」と「政治資金規正法」によって規制されていますので、選挙当選祝いを贈 ・・・