引き出物の選び方! 職場の上司、同僚に贈るときのポイント

引き出物の選び方! 職場の上司、同僚に贈るときのポイント

会社に勤めている場合、結婚式に上司や同僚を呼ぶ方は多いでしょう。その際に頭を悩ませるのが、職場関係の方へ贈る引き出物はどんなものにするかということ。特に、上司は主賓として挨拶をお願いすることもあるので、失礼のないように引き出物を選ばなければいけません。ここでは、職場の上司や同僚に結婚式の引き出物を贈る際のポイントを解説していきます。

職場の上司に引き出物を贈るときの相場

職場の上司を結婚式に呼ぶときは、主賓として招く場合と、通常のゲストとして招く場合の2つのパターンがあります。主賓とは祝辞や挨拶、乾杯の音頭をお願いする、ゲストの中でもメインとなる方のことです。通常は新郎側と新婦側からひとりずつ、最もお世話になっている方を主賓として招き、挨拶や乾杯を依頼します。その際、挨拶や乾杯をお願いしたお礼として、ほかのゲストとは違った引き出物を渡すといいでしょう。

主賓として招く場合は、引き出物とは別に10,000円以上のお車代(お礼)をお渡しするのが一般的です。引き出物の金額も10,000~20,000円と、ほかのゲストよりも高めに設定しましょう。主賓は新郎新婦にとって特別なゲストであるため、きちんとした心遣いを見せるようにしてください。

通常のゲストとして招く場合、引き出物は5,000~10,000円が相場です。一般的に上司はご祝儀を多めに包んでくれることが多いため、顔を立てる意味でも友人や同僚よりも、ワンランク上の引き出物をお渡しします。

職場の同僚に引き出物を贈るときの相場

職場の同僚に引き出物を贈る際、同僚は年齢が近いことが多いため、友人に贈る場合と同様に考えるといいでしょう。同僚や友人のご祝儀の相場は30,000円前後とされており、その10分の1に当たる3,000~5,000円が、引き出物の金額として適切だと言われています。

ちなみに引き出物に添えて渡す引菓子は、引き出物の予算とは別に用意します。同僚に贈る引き出物の相場は上司に比べると低いですが、あからさまに見た目に差がある引き出物は用意しないように気を付けましょう。

職場の上司や同僚が喜ぶ引き出物とは

では、会社関係のゲストにはどのような引き出物を渡せばいいのでしょうか。
高級感のある品物や、ブランドの品物なら喜んでもらいやすいと言えます。たとえば、高級なお酒や美味しいと評判の食品、ブランドのタオルやグラス、上質な万年筆などが高級感があっておすすめ。また持ち帰る手間を考えて、なるべく荷物にならないアイテムを選ぶことも大切です。同僚の場合はデザイン性の高い食器やバスグッズなどを選ぶといいでしょう。

もし相手の好みが分からない場合などは、カタログギフトを選んでみてください。カタログギフトは自分が欲しい品物を選べるため、確実に喜んでもらえるはずです。また、予算に合わせてカタログギフトのランクを柔軟に変えることができる上に、ほかのゲストとの金額の差が分かりにくいという点も大きなポイントです。

引き出物は貴重な時間を割いて結婚式にかけつけてくれるゲストに、お礼の気持ちを込めてお渡しするものです。上記を参考にして、相手が心から喜んでくれるものを渡しましょう。

前の記事へ >

引き出物の選び方!両親、兄弟に贈るときのポイント

結婚式を行う際、悩んでしまうのが引き出物です。とりわけ両親や兄弟、親戚に対しての引き出物は必要なので ・・・