引き出物の選び方! 友人に贈るときのポイント

引き出物の選び方! 友人に贈るときのポイント

小さい頃から一緒だった仲間や、お互いに悩みごとを相談し合った親友……。そんな大切な友人を結婚式に呼ぶ際は、心に残るような引き出物を贈りたいですね。しかしどれくらいの値段ならちょうどいいのか、どんなものなら喜んでくれるのか悩んでしまう方も多いでしょう。そこで今回は、友人に引き出物を贈るときのポイントを紹介していきます。

友人へ引き出物を贈るときの相場

基本的に、結婚式の引き出物にかける金額は、いただいたご祝儀の10分の1が目安だと言われています。友人の場合、30,000円くらいのご祝儀が一般的です。そのため、友人へ贈る引き出物は3,000~5,000円が相場であり、この金額の引き出物に引菓子をプラスする方ケースが多いと言えます。
親戚や上司へ贈る引き出物に比べると少ない金額ではありますが、親戚や上司に贈る引き出物とあまりにも差をつけて、友人にガッカリされないように配慮しましょう。

友人にはどのようなものを贈るのがいい?

友人へ贈る引き出物は、その年代の方に人気のブランドものの食器類、質のいいタオルや入浴剤セット、オシャレなインテリア小物やミニ観葉植物を選んでみるといいでしょう。親戚や会社関係の人へ贈る引き出物と比べ、デザイン性を重視して選んでも喜ばれるかもしれません。もし友人の好みが分かる場合は、相手が好きなブランドや趣味で使えるものを選ぶといいでしょう。
ポイントとしては普段はあまり手を伸ばせない、多少値が張るアイテムを選ぶことです。あまりにも高いものを贈る必要はありませんが、少しの気遣いで印象は大きく変化します。

また、友人が一人暮らしをしているのか、それともご家族と暮らしているかによっても、喜ばれるものは変化します。たとえば一人暮らしの場合、食器類が多くあっても使わないことがありますが、ご家族と暮らしている場合は食器類が重宝するかもしれません。

もし相手の好みが分からない場合は、カタログギフトを贈ると喜ばれるでしょう。カタログギフトなら、自分で好きなものを選ぶことができるので、引き出物としてもらったものの好みが合わなくて困ることがありません。

友人へ引き出物を渡すときに添えると喜ばれるもの

友人へ引き出物を渡すときは、ぜひ手紙を添えておきましょう。新郎新婦ふたりの思い出話や結婚にいたるまでの出来事、そして友人に対する感謝の気持ちを、心を込めて直筆でつづってください。手紙を読んでいるうちにこれまでの思い出がこみ上げてきて、きっと喜ばれることでしょう。

手紙を添えるときは、引き出物をもらってもすぐには分からないように、包装紙の中へ入れておいてください。家に帰って包みを開けたときに手紙が出てくれば、大きなサプライズになります。

大切な友人だからこそ、引き出物にはこだわりたいもの。たとえリーズナブルな値段だとしても、工夫次第で相手が喜ぶかけがえのないプレゼントを贈ることができます。上記のポイントを押さえて、もらった相手が心から感動するものを贈ってみてはいかがでしょうか。

次の記事へ >

何を選ぶべき?女性向けの引き出物の選び方!

女性向けの引き出物は、おしゃれなものやかわいらしいものが比較的多い傾向があります。引き出物のメインは ・・・

前の記事へ >

何を選ぶべき?男性向けの引き出物の選び方!

女性向きの引き出物は比較的選びやすいものですが、男性向きの引き出物は少し悩むことはありませんか。特に ・・・