NGはある? 引き出物の相場と選び方のマナー

NGはある? 引き出物の相場と選び方のマナー

結婚式に参列してくれたゲストへ贈る「引き出物」。これまでお世話になった方々へ感謝の気持ちを伝えるための大切な贈り物ですが、どんなものを選ぶべきか分からずに悩んでしまうカップルも多いのではないでしょうか。
そこで今回は、大切なゲストへ贈る引き出物を選ぶ際の相場やマナー、選び方のポイントについて詳しく解説していきます。

引き出物とは?

引き出物というのは、結婚披露宴などの際に新郎新婦からゲストの方々へ感謝の気持ちを込めて配られる贈り物のことです。

現代では「ゲストから頂いたお祝いに対するお返し」という意味合いで贈られるのが一般的になっている、この引き出物。もともとの起源は平安時代に宴を開いた貴族が、その成功を祝うために招待客への土産物として馬を庭に「引き出して」披露してから贈ったことが由来だとされています。

そしてその後、結婚式というものが庶民の間にも浸透するようになった明治以降には、引き出物も結婚式の贈り物として一般に広まっていったようです。なお、ひと昔前までの引き出物は、「ゲストのご家族にも幸せが行き届きますように」という願いを込めて、披露宴で振る舞った料理の一部を折詰にして持ち帰っていただくのが一般的でした。このように、引き出物というのは時代の流れに合わせてさまざまに形を変えてきましたが、「感謝の気持ちを伝えたい」、「喜んでもらいたい」という思いはいつの時代も同じなのです。

引き出物の相場の目安

引き出物を準備するにあたって気になるのが、どのくらいの予算にすればいいのかということ。引き出物に対する考え方は地域によって差がありますが、ひとつの目安としては、「結婚披露宴の食事の3分の1の金額」と言われています。例えば、披露宴で15,000円の料理と飲み物を出す場合、引き出物は5,000円という具合です。

また、最近ではゲストの立場、性別、好みよって引き出物を変える「贈り分け」を行うケースも増えていて、その場合は5,000円〜10,000円が相場となっています。

引き出物の熨斗はどれにすればいい?

贈り物などにつける「熨斗(のし)」は、その用途によっても書き方や水引の種類が異なります。最近では堅苦しさを避けるために、引き出物に熨斗をつけないという考えのカップルも増えていますが、ご年配のゲストの中には熨斗がないことをマナー違反と感じる方もいる可能性もあるため、熨斗はつけておく方が安心です。

その際には、水引は「紅白の結び切り」、表書きは「寿」とするといいでしょう。また、表書きの下の段には、右側に新郎の姓、左側に新婦の姓というように両家の姓を書くのが一般的です。なお、すでに入籍済みの場合も旧姓で書きます。

引き出物の選び方と知っておきたいマナー

では、実際に引き出物を選ぶ場合、どのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。引き出物の選び方と押さえておくべき主なマナーを詳しく見ていきましょう。

品数は偶数ではなく奇数にする

日本では昔から、結婚式をはじめとするお祝いの場では「割れる・分ける」を連想させる「偶数」を避ける傾向にあります。ご祝儀を2万円、4万円という偶数の金額ではなく、3万円、5万円という奇数の金額にするのもそのためです。
引き出物を選ぶ際には同様に、「メインのギフト」と「引き菓子」の組み合わせ以外に縁起物などをプラスして合計で奇数になるようにしましょう。なお、結婚披露宴の最後にゲストへ手渡しするプチギフトは、引き出物としてカウントしませんので気を付けましょう。

縁起の悪いものを渡すのは避ける

「夫婦の仲が壊れる」、「縁が切れる」ということを連想させる「割れ物」や「刃物」などは、縁起が悪いため引き出物にはふさわしくないという考えもあります。具体的には、陶器やガラス製品、包丁、ハサミなどです。とはいえ、近頃では有名ブランドの食器や、キッチングッズなどを引き出物として贈るカップルも増えていますし、カタログギフトの中にも食器や包丁などが入っているものも多いので、それほど神経質にならなくても良さそうです。

場合によっては贈り分けを

引き出物というのは、ゲスト全員に同じ物を配るのが一般的ですが、ゲストの立場や年齢、好みなどが異なる場合には、引き出物の種類をゲストごとに変える「贈り分け」をするのもおすすめです。例えば、あらかじめいただくご祝儀を予測し、その金額に応じて商品の金額を分けたり、もうひと品プラスしたりというのも方法のひとつでしょう。もちろん、その場合には引き出物を入れる袋のサイズや柄などを統一し、引き出物を贈り分けしていることがゲストに分からないよう配慮することも大切です。

引き出物選びの際には、上記でご紹介した内容を参考にしてみましょう。なお、お住まいの地域によっては、その地域ならではの慣習が根強く残っている場合もあります。両家の意向を聞いてみたり、担当のウエディングプランナーに相談したりしながら、マナー違反にならにように引き出物を選びましょう。

次の記事へ >

内のし?外のし? 引き出物に付けるのしの違い

結婚式の引き出物を用意しているとき、いざのしを付ける段階になって、かけ方が分からずに戸惑うケースが少 ・・・

前の記事へ >

予算別!本当に喜ばれるおしゃれな引き出物6選

忙しい結婚式の準備の中でも、特に時間がかかってしまいがちな引き出物選び。最近ではゲストの性別や好み、 ・・・