引き出物の選び方! 親戚に贈るときのポイント

引き出物の選び方! 親戚に贈るときのポイント

結婚式の引き出物は、贈る相手によって品物を分ける贈り分けが主流です。引き出物を選ぶ際、特に叔父や叔母、祖父母など親族には何を選ぶといいのか、金額はいくらまでにおさめるといいのかと悩んでいる方も多いでしょう。そこで今回は、親戚に結婚式の引き出物を贈るときのポイントを紹介していきます。

親戚に引き出物を贈るときの相場

中には「身内だから親戚への引き出物は不要」という考え方もありますが、ご祝儀を頂いたらたとえ身内だとしても引き出物をお渡しするのがいいでしょう。親戚への引き出物は、一緒に渡す引菓子と合わせて10,000円前後が相場となっています。

また、親戚は今後も末永く付き合っていく相手であり、これからお世話になるという意味も込めて、友人や職場関係の相手より高めに設定することが多いと言われます。親戚はご祝儀を多めに包んでくれることが多いため、引き出物も相場よりも高いものを用意しておくのがおすすめです。

親戚に引き出物を渡すタイミングは?

一般的に、引き出物は披露宴の座席に用意しておきます。結婚式に出席したゲストが、式場から帰る際に引き出物を持っている姿はよく目にする光景でしょう。

しかし大きいものや重いものなど、持ち帰るのがゲストの負担になってしまう場合や、結婚式の2次会だけに参加してもらったゲストの場合などは、あらかじめ郵送の手配をとっておくとスマートでしょう。

ただし、郵送を手配する場合はその旨をきちんと伝えておいてください。席に手紙を置いたり、会場でアナウンスしたりしてひと言添えておきます。特に親戚には年配の方も多く、席に引き出物がないことに違和感を抱くケースもあるので、十分に配慮しましょう。引き出物を郵送する場合は、式からあまり日が経たないうちに到着するよう手配しておいてください。

結婚式の引き出物に適したアイテムとは

親戚に渡す結婚式の引き出物は、ブランドものの食器、いくつあっても困らないタオルやバスグッズなどの日用品が主流です。ただし、ゲストによって引き出物の内容に差があるのを知られたくないという方は、カタログギフトを選ぶのがおすすめです。親戚の中には、日用品や生活雑貨を自分たちのこだわりのものでそろえている方もいますが、カタログギフトなら相手が必要なものを選ぶことができる、というメリットがあります。

また親戚の場合、夫婦や親子で出席してくれることも多いですが、もし個別にご祝儀を頂いた場合は引き出物も分けるのが一般的。その際、品物を贈ると同一世帯内で引き出物が被ってしまうケースもありますが、カタログギフトならひとりずつ違うものを選んでもらうことができます。

結婚をお祝いしてくれるゲストには、お返しとして失礼のない引き出物をお渡しするのがマナーです。もしゲストの好みが分からないときは、ゲストが欲しいものを自由に選べるカタログギフトを贈ってみてはいかがでしょうか?

次の記事へ >

引き出物って一体なに?その由来、語源、歴史に迫る!

結婚式でゲストに渡す、引き出物。贈る側として相手を思い浮かべながら選ぶと楽しい、贈られる側としてもら ・・・

前の記事へ >

引き出物に付ける内のしと外のしの違いについて

結婚式の引き出物を用意しているとき、いざのしを付ける段階になって、かけ方が分からずに戸惑うケースが少 ・・・