新築内祝いで喜ばれる品物の選び方

新築内祝いで喜ばれる品物の選び方

念願のマイホームに引っ越してホッとしたのも束の間、お部屋の中が片付いたら、次は新築内祝いを贈る準備をしなければなりません。一体どんなものを贈れば、相手に喜んでもらえるのでしょうか? ここでは、新築内祝いに最適な品物の選び方についてご説明します。

新築内祝いとは?

本来の新築内祝いとは、新築祝いをくださった方を新居へ招待して行うお披露目会のこと。引っ越しから約1~2カ月頃に機会を設け、新居の様子が見えやすい明るい昼間のうちにご披露し、おいしい食事でおもてなしします。

しかし、遠方に住んでいてお招きできない方や、都合が合わずに来られない方、またご招待した中でも高額な新築祝いを頂いた方には、お礼の品物とお礼状を「新築内祝い」としてお贈りすることになります。その場合、新築祝いで頂いた品物の約1/3~半額ほどの品を、やはり引っ越しから約1~2カ月後にお贈りするのが基本です。

新築内祝いで贈るのを避けるべきもの

新築内祝いを贈る際には、タブーとされているアイテムをきちんと理解しておくことも大切です。新築内祝いで贈るのを避けるべきものとしては、次のようなアイテムが挙げられます。

現金や商品券

現金や商品券は、受け取った相手が好きなものを買うことができるというメリットがありますが、金額がはっきりわかってしまうので、相手に気を使わせてしまうかもしれません。また、目上の方や上司などに贈るのは失礼にあたるとされていますので、注意が必要です。

刃物

日常的に使えて実用的なキッチングッズは、内祝いとしても人気のアイテムですが、ペティナイフやハサミなどの刃物は「縁が切れる」という意味を連想させるため、新築内祝いとしては避けた方がいいとされています。

火を連想させるもの

キャンドルやヒーターなどの火に関するアイテムは、「火事」を連想させてしまうため新築祝いにはタブーとされています。縁起の悪いものですので、内祝いでも同様に避けた方が無難でしょう。

柱や壁に穴をあけないと設置できないもの

時計やフォトフレームなどはインテリアのアクセントにもなるため、もらって嬉しいアイテムです。ただし、柱や壁に穴をあけないと設置できないタイプのものは、贈る相手の家に傷をつけることになる可能性があるため、避けた方がいいでしょう。

新築内祝いの選び方

新築祝いのお礼として贈る新築内祝いには、受け取った相手が気兼ねすることなく使える実用品や飲食物が適しています。それぞれの選び方をご紹介しましょう。

実用的なもの

新築内祝いの定番といえば、誰にでも気軽に使ってもらえる実用品類。特に、洗剤や調理器具といったキッチン用品、タオルやせっけんなどのバス用品は、あれば便利、無駄になることの少ない優れものです。

飲食物の場合は賞味期限が長いもの

コーヒーや紅茶、お菓子など、食べるとなくなる消え物=飲食物もまた、贈る相手に気を使わせることなく喜んでもらえる、新築内祝いにピッタリの定番アイテムです。ただし、贈った飲食物を相手がすぐに消費できるとは限りませんので、賞味期限を確認して日持ちのするものを選びましょう。

お菓子などの場合は、何度にも分けて食べたり、家族で配ったりできるよう、小分けされているものを贈るのがおすすめです。

相手が普段から好んでいるもの

相手の好みが分かっている場合は、その品物を贈りましょう。いつも飲んでいるお酒、お気に入りのコーヒーやお菓子、趣味のアイテムなど、相手が楽しんでいる姿を思い浮かべながら選ぶのは楽しいものです。仲のよい友人同士であれば、あらかじめ希望を聞いてしまうのもアリですね。

新築内祝いとして人気の品物

家は人が住む“器”というイメージから、新築内祝いにグラスやカップなどの食器を贈るという習慣もあります。好みに左右されないシンプルな食器類は人気の品のひとつです。
また、かつては「火事で家を焼かない=焼かん」という語呂合わせで、ヤカン(ケトル)を贈ることも多かったようです。イメージや語呂合わせで縁起のよいものを贈るのも、喜ばれそうですね。

何を贈るか迷っている方、忙しくて考える時間が取れない方には、「カタログギフト」をおすすめします。さまざまな価格帯から選んで贈ることができ、相手も多彩な商品から欲しいものを自由に申し込めるので、贈る側も受け取る側も大満足間違いなし! 手軽で便利な「カタログギフト」は、困ったときの強い味方です。

新築内祝いを贈るときに添えるお礼状の例文

新築内祝いを贈る時には、感謝の気持ちを込めてお礼状を添えることも大切なポイントです。今後の変わらないお付き合いをお願いするためにも、心をこめたお礼状を送りましょう。

上司へのお礼状の例

拝啓
新緑の候、ご家族の皆様もお変わりなくお過ごしでしょうか。
この度は、私どもの新築に際しまして、立派なお祝いの品をお贈りくださり誠にありがとうございます。
おかげさまで引っ越しの片付けも無事に済み、新生活にもだいぶん慣れてまいりました。
景色の良い場所ですので、近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。
また心ばかりですが、内祝いをお贈りさせていただきます。ご笑納いただければ幸いです。
取り急ぎお礼のみにて失礼いたします。
敬具

友人へのお礼状の例


新緑のきれいな季節となりましたが、お元気でお過ごしですか?
先日は、私たちのために素敵な新築祝いをありがとう。
さっそく飾ってみたら、部屋の中がパッと明るくなって
さすがのセンスに夫婦で感動していたよ。

感謝の気持ちをこめて、ささやかな内祝いの品を贈ります。
気に入ってもらえたら嬉しいです。
今後ともどうぞよろしくね。

新築内祝いはあまり馴染みのないお祝いごとですが、気負うことなく、自分がもらって嬉しいと思えるものを贈ることが一番。それでも迷ってしまった時は、ぜひ上記を参考にして選んでみましょう。

次の記事へ >

新築内祝いを両親や親戚に贈るときのポイントとは?

新築祝いを頂いたら、新築内祝いとしてお礼の品を贈るのが日本の習慣です。贈る品物の相場や贈る時期などが ・・・

前の記事へ >

新築内祝いを友達に贈るときのポイントとは?

友達から新築祝いを頂いた場合、本来は新居のお披露目会にご招待しておもてなしをするもの。しかし、相手の ・・・