新築内祝いを友達に贈るときのポイントとは?

新築内祝いを友達に贈るときのポイントとは?

友達から新築祝いを頂いた場合、本来は新居のお披露目会にご招待しておもてなしをするもの。しかし、相手の都合がつかずお招きできなかった場合は、代わりに新築内祝いの品をお贈りするのがマナーです。友達に新築内祝いを贈る際の時期や相場は? 品物はどのように選んだらいいの? そんな、誰もが悩んでしまいがちな疑問について詳しくご説明しましょう。

友達へ内祝いを送る時期

友達へ新築内祝いを贈る時期は、親族や上司など他の方に贈るのと同様に転居してから1~2カ月頃とされています。新築祝いを頂いた時点でまずお礼の電話を入れておき、引っ越しの片付けなどが終わって落ち着いた頃にお贈りすると良いでしょう。

友達への内祝いの相場は?

友達へ贈る新築内祝いの相場は、新築祝いに頂いた品物の金額の1/3~1/2程度。これも他の方へ贈る場合と同じですね。
友達へ新築祝いを贈る場合の目安がおよそ5,000円~1万円とされていますので、5,000円のものを頂いたら1,500~2,500円、1万円のものを頂いたら3,000円~5,000円程度の品物を贈ることを想定しておけば、新築内祝いにかかる金額の見積もりができます。ちょっと気が引けるかもしれませんが、頂いた品物をインターネットなどで検索して正確な金額を把握しておくと間違いがありません。

友達への内祝いを選ぶ際のポイント

友達に新築内祝いを贈る場合、どんな品物が喜ばれるでしょうか? 4つのパターンに分けて紹介しましょう。

相手の好み

親しい友達であれば、相手が普段使うアイテムや食べ物の好みも分かるというもの。新築内祝いだからと改まることなく、相手の好きなものを贈ると喜んでもらえるでしょう。好みが分からないときは、共通の友達などに確認してみるのもひとつの手です。

グラスや食器、鍋、やかんなど縁起がよいもの

家=人が住む“入れもの”が完成したとの考えから、新築祝いやその内祝いには「器」を贈るという習慣があります。好みに左右されないシンプルなグラスやカップなどを贈ってみてはいかがですか? また、家が火事にならないよう願いをこめて、焼けない=焼かんの語呂合わせから「やかん」、火に強いことから「鍋」を贈る方もいらっしゃるようです。品物だけでなく、そこに含まれた考えや思いも一緒に贈るというのも素敵ですね。

飲食物は賞味期限が長いもの

飲食物を贈る場合は、相手がいつ消費してもおいしく楽しめるよう、日持ちがよく常温で保存できるものを選ぶと良いでしょう。飲み物ならコーヒーや紅茶、缶入りの飲料など、食べ物なら焼き菓子や乾麺、缶詰やレトルト食品などがおすすめです。お菓子の場合は少しずつ食べたり配ったりできるよう、個包装になっているとさらに便利ですね。

困ったときはカタログギフト

何を贈れば喜んでもらえるのか分からない……。そんな悩めるあなたの強い味方が「カタログギフト」です。カタログギフトとは、カタログに掲載された数々の品物から、好きなものを注文できる便利なギフトのこと。上記でご紹介した食器や鍋、飲食物の他にも、ファッションやインテリアなどさまざまなジャンルの品物が掲載されているので、きっとお気に入りのものと出会えることでしょう。新築内祝い選びに困ったときは「カタログギフト」を思い出してくださいね。

普段から気の置けない友達だからこそ、こういうときはマナーを守ってスマートに新築内祝いを贈りたいもの。上記を参考にして、あなたの感謝の気持ちを表しましょう。

次の記事へ >

新築内祝いを両親や親戚に贈るときのポイントとは?

新築祝いを頂いたら、新築内祝いとしてお礼の品を贈るのが日本の習慣です。贈る品物の相場や贈る時期などが ・・・