新築内祝いを両親や親戚に贈るときのポイントとは?

新築内祝いを両親や親戚に贈るときのポイントとは?

新築祝いを頂いたら、新築内祝いとしてお礼の品を贈るのが日本の習慣です。贈る品物の相場や贈る時期などが細かく決められているので、その内容に沿って行います。では、両親や親戚などの親族からの新築祝いを頂いた場合も、同じように対処して良いのでしょうか? そんな疑問に、ここではお答えしていきます。

両親や親戚への内祝いの相場は?

通常の新築内祝いに贈る品物の金額は、新築祝いとして頂いた品物の1/3~半額程度。両親や親戚といった身内に贈る場合にも同じ相場が適用されます。親が子に贈る新築祝いは5万円~10万円、親戚同士の場合は1万円~3万円が一般的な相場と言われていますので、それぞれの1/3~半額を見積もっておくと後から慌てずに済みそうですね。

高額なお祝いの品を頂いた場合は?

両親や親戚からの新築祝いには「身内を支援したい」という思いが含まれるため、通常の相場よりも高価な品物や現金を頂く場合があります。そこで相場通りの内祝いを贈ってしまうと、却って相手に気を使わせたり、さらには厚意を無碍にされたように思われたりする可能性も……。高額な新築祝いを頂いた場合は、新築内祝いの贈り物を控えめにし、それとは別に新居のお披露目の場を設けると良いでしょう。完成したばかりのマイホームを披露し、おいしい食事でしっかりとおもてなしをすることが、何よりの「ありがとう」になるはずです。

両親や親戚へ内祝いを送る時期

新築内祝いを贈る時期は、他の方へ贈る時期と同様に、転居してから1~2カ月頃です。ちょうど引っ越しの荷物が片付き、新居での暮らしにも慣れて、日々の生活に余裕が出てくる頃ですね。これより遅れてしまいそうなときは、先に電話や口頭で連絡を入れておくと相手も予定が立てやすいでしょう。

何を贈るか迷った際はどうすればよい?

新築内祝いの贈り物としてよく利用されているのは、実用品と消え物=飲食物です。例えば実用品なら洗剤やせっけん、タオルなど、いくらあっても邪魔にならない消耗品を、飲食物なら紅茶やコーヒー、焼き菓子、缶詰やレトルトものなど、保存ができて小分けされているものが良いでしょう。これらに限らず、相手の好きなものが分かっていればそれを贈るのが一番ですね。

相手に喜んでほしいけれど、何を贈れば良いのか分からない場合は、「カタログギフト」をおすすめします。実用品や飲食物はもちろん、ファッションやインテリア、家電などさまざまなジャンルの商品が掲載されているので、どんな方でも欲しいものが必ず見つかるはず。また贈る側としても、いくつかの価格帯から選べるので非常に便利です。何を贈るか迷ったときには「カタログギフト」でお礼の気持ちを届けましょう。

あなたにとって身近な存在である両親や親戚に新築内祝いの品を贈るとなると、どのようにすべきか戸惑ってしまう方も多いでしょう。しかし、誰に贈る場合であっても、喜びを分かち合い、感謝の想いを伝えるのは同じこと。上記を参考にして新築内祝いを贈り、これまで以上に素敵な関係を築いてくださいね。

次の記事へ >

ここだけは押さえて! 新築内祝いの基本的なマナーとは

ついに念願のマイホームが完成! たくさんの方から新築祝いを頂いて幸せいっぱい……と、喜びに浸るその前 ・・・

前の記事へ >

新築内祝いを友達に贈るときのポイントとは?

友達から新築祝いを頂いた場合、本来は新居のお披露目会にご招待しておもてなしをするもの。しかし、相手の ・・・