どのくらいの品物を贈るべき? 就職祝いの相場感について

どのくらいの品物を贈るべき? 就職祝いの相場感について

就職祝いを贈ろうと思ったときに迷うのが、その「相場」や「どんなものを贈ったらいいのか」ということでしょう。特にどのくらいの金額の品物を贈ればいいのかは判断が難しいところです。ここでは、就職祝いの相場を中心に見ていきましょう。

就職祝いを贈るべき相手は?


基本的に就職祝いは、親族間でやり取りをします。また、「親族」の範囲も三親等まで(甥・姪まで)とされています。

ただ、これは決まりごとではないので、例えば親しくお付き合いしている方のお子さんが就職したという場合や、三等親以上の繋がりだけれども親しく付き合っているからという理由から、就職祝いを贈っても全く問題ありません。

就職祝いの相場は?


就職祝いの相場は、関係性によって異なってきます。
ただ、一般的には10,000円~15,000円というのが一つの相場となるでしょう。

祖父母の場合

祖父母の場合は、孫の可愛さからお祝いに対する金額が高い傾向にあり、30,000円~100,000円が目安になります。

兄弟・姉妹の場合

上の兄弟(姉妹)に渡すのか、下の兄弟(姉妹)に渡すのか、渡す側が社会人かそうではないかにもよって金額は異なります。下の兄弟に渡す場合でしかも自身が社会人となっているのであれば、10,000円~30,000円が相場になります。そうでない場合は、5,000円~15,000円くらいの物でいいでしょう。

両親の場合

自身の子供に贈る場合は、30,000円~50,000円程が相場になります。男の子だったら長く使える腕時計を贈ったり、女の子の場合はアクセサリーなどを贈るご両親が多いようです。

叔父叔母の場合

家が近所のために頻繁に顔を会わす機会がある、もしくは遠方に住んでいるためほとんど会わないなど、その親密度によっても相場は異なってきますが、10,000円~15,000円が相場になります。中には30,000円くらいのものを贈る方もいるようです。

四親等以上の親戚・友人知人の場合

友人知人の場合は、先輩、後輩の間柄なのか、同世代の友人なのか、グループで仲が良いのかなど、関係性によって相場に違いはありますが、だいたい5,000円~10,000円が目安だと考えておけばいいでしょう。

就職祝いにおすすめのギフト


お金を贈るだけでなく、ギフトという形で就職祝いを贈ってみてはどうでしょうか?

社会人になると学生の頃とはまた違ったアイテムが必需品となります。社会人として相応しい物を選ぶのであれば、男性でも女性でも、例えば名前入りのボールペンや名刺入れ、ビジネス手帳や傘などがおすすめです。

このようなギフトを贈る場合には、シンプルなデザインで、黒や茶色、グレーなど色味が落ち着いていて、機能性が高いものを選ぶようにしてください。

今までとはちょっと違ったワンランク上のアイテムを持てば、新社会人としての意識もさらに高まることでしょう。

就職祝いの品物は、「通勤で使えるもの」、「新社会人に相応しいもの」を意識して選ぶようにしましょう。品物の金額は、相手との関係性によって異なってきますので、上記を参考にしながら調整してみるといいでしょう。

次の記事へ >

就職祝いをもらったらお返しは必要?

お祝いをいただいた場合は、必ずお返しをしなくてはいけないと考えている方は多いと思いますが、就職祝いを ・・・

前の記事へ >

就職祝いに贈るメッセージカードの文例集

就職祝いにお祝い金や品物を贈るのもいいですが、メッセージカードを贈るのもおすすめです。新社会人に対し ・・・