還暦祝いを職場の上司に贈る際の相場と品物選びのコツ

還暦祝いを職場の上司に贈る際の相場と品物選びのコツ

お世話になった上司が還暦を迎えた際は、還暦の祝いと共に今までの感謝の意を込めたプレゼントを贈るのが一般的です。しかし、両親ほど気軽に贈り物を選ぶわけにもいかず、さらに自分よりも大きく歳が離れているケースには、何を贈れば喜んでもらえるのかと悩んでしまう方も多いでしょう。そこで今回は、職場の上司に還暦祝いを渡す場合のポイントや注意点などについてご紹介いたします。

職場の上司に還暦祝いを贈るときの相場

職場の上司に還暦祝いを贈るときの相場ですが、上司やご自分の地位や役職などによっても大きく変化します。ごく平均的なサラリーマンの人がお世話になった上司などに個人で贈る場合は5,000~10,000円が相場だといわれています。
しかし、「この方がいなければ今の自分はいない」「若い頃から親身になって育ててくれた」など、とてもお世話になった上司には、感謝の気持ちを上乗せして、相場より高い10,000~30,000円程度のものを贈る場合が多いようです。ただし、上司のお子さんからも還暦祝いを贈られると思いますが、子から親への還暦祝いの相場は30,000円程度と言われていますので、ご家族の贈り物より高額にならないように注意してください。
また、個人ではなく部署や職場など合同で贈る場合は、10,000~50,000円が相場です。どれくらいの予算にするのかを皆さんで話し合うようにしてください。

還暦祝いで贈ってはいけないものとは

還暦祝いで贈ってはいけない(失礼にあたる)ものがいくつかあります。縁起などに左右されるものですので、相手が気にされない場合もありますが、特別に相手から要求がない限りは避けるようにしましょう。
まず、履物全般はタブーです。ウォーキングやランニングをする年配の方も多く、贈り物には最適と思われがちですが、履物は「相手を踏みつける」という意味があるため、目上の方への還暦祝いには向きません。同様にマットレスなど、敷くもの全般も避けてください。また、時計類も「勤勉」をイメージし、「もっと働くように」という意味に捉えられるアイテムです。腕時計はプレゼントに向いていそうですが、場合によっては大変失礼にあたるので控えるようにしてください。このほかにも「老眼鏡」など、老いを連想するものも避けておきましょう。

職場の上司に還暦祝いを贈るときにおすすめの品物

それでは、上司への還暦祝いにはどのような品物が良いのでしょうか。おすすめの品を以下に挙げてみました。

・名前の詩

上司の名前を一文字ずつ取り、オリジナルの詩を作る贈り物です。還暦は一生に一度のお祝いであり、世界にひとつしかない上司の名前を使った詩を贈れば、きっと喜んでもらえます。最近ではイラストや写真の入った可愛いタイプや、書家が書いた力強いタイプなどさまざまなパターンがあります。詩は自分で考える必要はなく、専門の業者に任せられるため安心です。

・万年筆

年齢が上がるにつれて、良い万年筆を手元に置いておきたいものです。男性を中心に還暦を迎える年齢の方とって、高級感のある万年筆はとても喜ばれます。万年筆に抵抗がありそうなら、高級ボールペンなどもおすすめです。名入れできるものを選べば世界に1つだけの万年筆を贈ることができます。文具全般は基本的に「仕事」を連想させるアイテムのため、これら以外の文房具は避けるようにしましょう。

・食事

「両親ならともかく上司と食事なんて」と思う方もいらっしゃると思いますが、意外に上司を囲んで皆でする食事会も人気があります。皆で楽しく思い出話をしながら食事やお酒で楽しむことは、モノを贈るより思い出に残ることでしょう。お店は少し高い居酒屋や料理店を選び、個室を予約しておくとよいでしょう。

・カタログギフト

それでも何を贈るのか迷っている方は、カタログギフトを選択するのもよいでしょう。上司自身で好きな品物を選ぶことができますし、モノだけではなく温泉やホテルなどの旅行やクルーズ、ディナー券などの体験できる贈り物もあります。一方的にプランを組むのではなく、上司の都合に合わせることができますので、負担をかけることもありません。

おまけでつけると喜ばれるもの

お店などで買う贈り物とは別に、やはり手作りのサプライズを別に用意しておくことをおすすめします。例えば上司と一緒に撮影した写真を集めてアルバムを作成したり、職場の皆で作った寄せ書きや色紙なども喜ばれます。そのほかメッセージカードを添えた花束などもよいでしょう。品物だけでは味気ないですが、このようなおまけをつければよい思い出になりますし、退職後もずっと飾っておくこともできます。皆さんで心を込めて作るようにしてください。

品物を選ぶ際の注意点

上司へのプレゼントを、と考えたとき、上司がどんなものを欲しがっているか、どのようなものを贈れば喜ばれるかを予想するのは難しいのではないでしょうか。何が欲しいか相手に正直に聞くという手段もありますが、できれば驚かせるようなお祝いをしたいものです。
まず、事前に上司の好みをリサーチしておくことが大切です、何気ない会話の中で「何が趣味なのか」「今気になっているものはないのか」など、それとなく聞いてみましょう。家具や家電などは相手の好みやリテラシー(使いこなせる能力)も意識しなければなりません。最新の家電製品やタブレット端末などを贈っても、中には使い方がわからない人もいるので、家電やITに強いのかなどもチェックしておきましょう。
また、すでに持っているものと被らないようにすることも重要です。これも会話の中から聞き出し、持っていないことを確認することがポイントと言えるでしょう。

上司の還暦祝いには、相手の好みや人柄に合わせた品物を選ぶことがポイントです。しかし大切なのは「相手を祝福する気持ち」ですので、品物を渡して終わりではなく、心からお祝いするメッセージも送るようにしてください。上記を参考に上司にぴったりな贈り物を選んで、素敵な還暦祝いを贈ってあげてください。

次の記事へ >

還暦祝いに付けるのし紙の書き方講座

改まった贈り物に欠かせないのがのし紙です。のし紙には一定のルールがありますので、これを間違えればマナ ・・・

前の記事へ >

長寿祝いごとの意味とお祝い色を把握しよう!

還暦(61歳)のお祝いには、赤い色の物を贈ります。これは干支が一回り(還暦)して、暦の上でのスタート ・・・