長寿祝いごとの意味とお祝い色を把握しよう!

長寿祝いごとの意味とお祝い色を把握しよう!

還暦(61歳)のお祝いには、赤い色の物を贈ります。これは干支が一回り(還暦)して、暦の上でのスタート地点=赤ちゃんに戻ったという意味合いがあります。赤は厄除けの色なので、今後の健康と長寿を願う意味もあります。長寿祝いには、歳ごとにお祝い色(テーマカラー)が決まっていますので、節目の年齢とお祝いの色を覚えて、長寿の方をお祝いしましょう。

長寿祝いの種類

それぞれの年と言葉の意味とお祝いの色を覚えておくと、お祝いの品選びやお祝いメッセージの言葉選びのヒントになります。

70歳 

お祝い:古希 
言葉の意味:中国唐代の詩人・杜甫が書いた『曲江』の中の一節、「人生七十古来稀なり」が語源 
お祝い色:紫色

77歳 

お祝い:喜寿 
言葉の意味:喜の字の草書体が、七、十、七、でできている 
お祝い色:紫色

80歳 

お祝い:傘寿 
言葉の意味:傘の字の略字形が、八、十、と読める 
お祝い色:金茶色か黄色

88歳 

お祝い:米寿 
言葉の意味:米の字を分解すると、八、十、八、になる 
お祝い色:金茶色か黄色

90歳 

お祝い:卒寿 
言葉の意味:卒の略字が、九、十、と読めるため 
お祝い色:紫色

95歳 

お祝い:珍寿 
言葉の意味:珍の字を分解すると王偏が、一、十、一、造りが八三、になる。その合計が95になる 
お祝い色:紫色

99歳 

お祝い:白寿 
言葉の意味:百の字から一を取ると白になる 
お祝い色:白

100歳 

お祝い:紀寿 
言葉の意味:一世紀 
お祝い色:白か桃色

108歳 

お祝い:茶寿 
言葉の意味:茶の字を分解した、十、十、八十八、の合計(草かんむりは旧字で十、十になる) 
お祝い色:白か金茶

傘寿は紫色で祝う場合もあります。白は格式の高い色なので百歳の祝いに使われますが、百年を「ももとせ」とも読むことから、桃色で祝う場合も。そんなお祝い色の成り立ちも覚えておくと、お祝いの席での話題となるかもしれません。

長寿祝いの金額の一般的な相場は?

長寿のお祝いは家族つまり身内の祝いごとなので、「こうしなければ」というしきたりやタブーは基本的にないと考えて良いでしょう。長寿を迎えた方を祝う気持ちがあれば、どのような形の宴や贈り物をするかは、その家なりのやり方で構いません。ただ年齢以上に老いを感じさせるような品は控えるのが思いやり。むしろ「まだまだ元気で!」と若々しく明るいイメージの物を贈るのがおすすめです。贈る側の年齢や立場によって金額の相場は変わりますが、一般的な金額相場は次のようになっています。

息子・娘から贈る場合 20,000円~50,000円 

親の長寿祝いをする年齢ですから、息子・娘もそれなりの年齢でしょう。親に感謝と思いやりをきちんと表すようなギフトを選びます。欲しい物を決めかねる場合は、本人が好きな物を選べるカタログギフトが便利です。

[喜ばれる贈りもの例]
冬場のフリースや夏のUVケアスカーフなど、身の回りを快適にする衣類や小物
カタログギフト(園芸、ワイン、文具など、相手の嗜好にあったテーマカタログを選ぶ)
旅行券や温泉旅行 etc.

孫から贈る場合 成人もしくは社会人の孫 10,000円~30,000円 未成年の孫 3,000円~10,000円

孫からの贈り物は何でも嬉しいのが心情でしょうから、金額は重要ではありません。「祖父母の嗜好を知って、便利なものを贈る」ということを意識しましょう。思い切って若者に人気の品を贈るのも、話題性があって良いかもしれません。

[喜ばれる贈りもの例]
祖父母が趣味で使う物(アウトドア用の小物やウェアなど)
シャツ、帽子、トートバッグなど若者に人気のアイテム
手作りのスイーツや手料理etc.

親族(甥や姪など)から贈る場合 5,000円~10,000円

甥や姪からしたら、高齢者も「ちょっと先輩」。甥や姪からお祝いを贈る場合は、年上の友人へ贈るような品選びがおすすめです。

[喜ばれる贈りもの例]
女性ならアクセサリー小物、男性なら財布など紳士小物
カタログギフト(趣味性の高いもの)
操作の簡単な電子器具(タブレットなど)etc.

長寿祝いの贈り物を選ぶときに色で悩んだら、テーマカラーのお祝い色を選ぶとちょっとした記念になりますし、伝統を大切にしている気持ちも伝わります。上記を参考に長寿のお祝い選びをしてみませんか?

次の記事へ >

還暦祝いを職場の上司に贈る際の相場と品物選びのコツ

お世話になった上司が還暦を迎えた際は、還暦の祝いと共に今までの感謝の意を込めたプレゼントを贈るのが一 ・・・

前の記事へ >

何を贈るべき? 喜寿のお祝いの選び方のマナー

日本には年齢の節目ごとに長寿を祝う風習があり、喜寿はそのひとつです。祖父母、ご両親、あるいは親しくし ・・・