還暦祝いのプレゼントに旅行券を贈る際の注意点

還暦祝いのプレゼントに旅行券を贈る際の注意点

還暦祝いの贈り物の中で旅行券は人気があります。現金を直接贈るよりは印象もよく、両親そろってゆっくり温泉や旅行を楽しんでもらえるなど、感謝の気持ちも込めて贈りたいものですね。そこで今回は、還暦祝いで旅行券を贈る際に喜んでもらえるポイントや、注意点などについてご紹介いたします。

旅行券を贈るときの金額の目安

旅行に行くとなると、たとえ国内旅行でもある程度まとまった金額が必要になります。交通費や宿泊代など込みで考えると、予算としては少なくとも一人2万円程度は見積もっておかなければなりません。
しかし今回は還暦の祝いとして贈るものなので、せっかくなら高級温泉旅館などに泊まってゆっくりしてもらいたいですよね。そうなると予算としては5~10万円程度をみておく必要があります。一人で贈るには少々厳しい金額ですが、皆で出し合えばまとまった金額になりますので、お祝いをする人同士で相談してみるとよいでしょう。

旅行券を贈るときの注意点

せっかく旅行券を贈っても、場合によっては受け取る側の負担となってしまうこともあります。トラブルや不都合が生じる可能性もありますので、旅行券を贈る際は以下の点に注意するようにしてください。

・あらかじめ日時の確認をしないといけない

旅行日程があらかじめ決まっている旅行券を贈る場合には、相手の都合を確認する必要があります。せっかく旅行券を贈っても、その日に行けなかったら意味がありません。60歳ならまだ現役で、会社でも重要な役職についていることが多いですから、休みも取りにくいことがあります。あえて旅行券を贈るのでと相手に伝え、スケジュールを確認しておくのが賢明です。

・宿屋や交通手段などの手配を自分で行わないといけない

できるだけ喜んでもらえるようにと、贈る相手に喜んでもらえそうなプランを立てて旅行券を贈る人も多いと思います。この場合には、旅館や交通手段などの手配をしてから贈らなければなりません。旅行の企画は手間がかかりますから、忙しいとなかなかスムーズに進まないことがあります。不安であれば旅行会社などに相談しましょう。

・旅行先によっては喜んでもらえない場合もある

旅行先の選び方を間違えると、相手に喜んでもらえない可能性があります。既に行ったことがある場所なら、ほかの場所へ行きたい……と思ってしまうかもしれません。予算によっては近場の旅行しか贈ることができず、目新しくないということにもなってしまいます。可能であれば行きたい場所を聞いておくと良いでしょう。

・予算がオーバーしてしまう可能性がある

例えば、「お母さんの行きたがっていた○○へ行かせてあげたい!」と思って準備を始めても、予算が足りないことはよくあります。最初は「このくらいの予算で行けるだろう」と思っていても、実際に検討してみると時期によっても予算が大きく変わり、うまくいかないことはあります。場所を優先してしまったため、旅館やホテルのランクが下がってしまう、などということも起こり得ますので、無理のないプランを考えてください。

旅行券を贈る際のポイント

旅行を贈る際のポイントとしては、相手に無理のないプランを一番に考えましょう。例えば、あまりに遠方すぎる場所は移動だけで疲れてしまう場合もありますし、多忙な人に長期間滞在しなければならないプランなども負担が大きくなります。健脚者であれば別ですが、足腰が弱い人に歩く距離が長いような移動プランもおすすめできません。相手の状態に合わせてプランを作成してみてください。
そのほか、見知らぬ土地での食事探しも大変です。プランを立てる場合はできるだけ食事も付いた日程を組むようにするとよいでしょう。

どうしても旅行をプレゼントしたい場合は?

相手をあっと驚かすために、ひそかに旅行プランを立てている人も多いかと思いますが、本人にとって見知らぬ土地へ単独で行くのは不安が付きまといます。ですから、旅行券を贈るよりも旅行に企画を立てあげたり、一緒に旅行に行くことも検討してみましょう。両親であれば、子供や孫と一緒に旅行に行けることほど嬉しいことはありませんし、行き先での不安も解消されます。下手に高級旅館の宿泊券をプレゼントするより、家族皆で旅行したほうが楽しい場合もありますので、相手に相談してみるとよいでしょう。
相手のスケジュールや行きたい場所がわからない場合などは、各旅行会社などが発行している、いつでも使うことができる旅行券を贈ってしまうのもよいでしょう。後でゆっくり行きたい場所を相談してもらい、ご自分で旅行会社へ行って好きなプランを立てることができます。

還暦祝いで旅行券を贈っても、必ず喜んでもらえるとは限りません。また予算をオーバーしてしまったり、相手にも金銭的な負担を強いることになりますので、予算の範囲内でできるだけ喜んでもらえる贈り物をしたいなら、カタログギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。実はカタログギフトでは、食事や旅行に行くプランも選ぶことができます。旅行に行く本人が自由に選ぶことができるので、贈る側にとっても贈られる側にとっても安心です。

次の記事へ >

最適なタイミングはいつ?還暦祝いを贈る時期選びのコツ

還暦とは60歳のこと。昔は寿命が短かったため、還暦を迎えると長寿のお祝いをするのが習わしでした。今は ・・・

前の記事へ >

還暦祝いに付けるのし紙の書き方講座

改まった贈り物に欠かせないのがのし紙です。のし紙には一定のルールがありますので、これを間違えればマナ ・・・