入学内祝いの選び方! 定番人気アイテムをご紹介

入学内祝いの選び方! 定番人気アイテムをご紹介

お子さまの入学時にお祝いを頂いた場合、そのお礼としてお贈りするのが入学内祝いです。いくらくらいのものを贈れば失礼に当たらないのでしょうか? そもそもどんなものを贈れば喜んでもらえるのでしょう? 入学時期の子を持つ親なら誰でも悩んでしまう、入学内祝いの疑問についてお答えします。

入学内祝いの相場は?

入学内祝いの相場は、小学校や中学校など入学先に関係なく、頂いた入学祝いの1/3~半額程度となるのが一般的です。これは、結婚や出産といった他のお祝いの内祝いと同様になります。お子さまが小学校・中学校・高校に入学する場合、入学祝いとして頂く品物の相場は、親族で10,000円~50,000円、友人・知人で3,000円~5,000円程度ですので、それぞれの1/3~半額を目安に予算を考えておくと良いでしょう。

しかし、両親(お子さまにとっての祖父母)や親しい親族などから高額の入学祝いを頂いた場合、内祝いは相場通りでなくても構いません。なぜなら、高額のお祝いには、お子さまの入学で物入りになることに対する援助の気持ちが含まれているからです。それに対して同様の相場で内祝いを贈ってしまうと、援助の気持ちを無視したようにも受け取られかねません。内祝いの品物は控えめにして、入学式の写真を贈ったり、食事会を開くなどしたほうがきっと喜ばれるでしょう。

入学内祝いは何がおすすめ? 金額別にご紹介

入学内祝いとして贈る品物は、いくつあっても無駄にならない実用品や消耗品、常温で長期保存のできる飲食物などが適しています。定番となっている人気アイテムを金額別にご紹介しましょう。

1,000~3,000円

洗剤の詰め合わせや入浴剤など、日々の生活で使う消耗品が人気です。また、この価格帯は気軽に食べられる飲み物や食品類も豊富。そうめんやうどんなどの乾麺や、果汁系ドリンクのセット、ジャムやドレッシングなどは日持ちを気にすることなく利用できますね。お菓子類を贈るならクッキーやゼリー。和菓子ならおせんべいやようかんもおすすめです。

3,000~5,000円

この金額ではややリッチでご褒美的な飲食物が好評です。コーヒーや紅茶の詰め合わせ、ビールのギフト、一流ホテルのスープの缶詰。お菓子なら人気ブランドのお取り寄せスイーツ、和食なら干物や佃煮のセットなども揃うので、贈り先の家族構成に合わせて喜ばれそうなものを贈りましょう。実用品で選ぶなら、オーガニックコットンを使ったタオルのセットなども良いですね。

5,000~10,000円

5,000円以上になると高級感のあふれるラグジュアリーなアイテムが充実。高級ブランドの食器類や調理器具、質のよいタオルケットのセット、さらには地域の名産品や、お米の食べ比べギフトなども人気を博しています。実用品にこだわる方や、舌の肥えたグルメな方にも、きっと満足して頂けるでしょう。

10,000~15,000円

この金額になると、ギフト券+商品を組み合わせて贈る方が多いようです。例えば10,000円の場合は5,000円のギフト券と5,000円程度の品物、15,000円ならば10,000円のギフト券と5,000円程度の商品をセットにして贈ってみては?

贈るものに迷った際はカタログギフトがおすすめ

入学内祝いは、相手に喜んでもらえる品を贈るのが一番です。相手の好みが分からないときは、共通の知人などに聞いてリサーチをしてみましょう。それでも好みが分からないとき、じっくりと選ぶ時間がないときなどは、「カタログギフト」がおすすめです。
幅広い価格帯のギフトが用意されているので、誰に贈る場合でも安心。また、さまざまなジャンルの商品から受け取る側が自分好みのものを選ぶことができるので、確実に相手の“欲しいもの”を贈ることができます。何を贈るか迷ったときには、カタログギフトを思い出してくださいね。

入学は我が子の成長を感じる大切な瞬間。それを一緒に祝ってくれる親族や友人は、かけがえのない存在です。入学内祝いを贈るときは、上記を参考にして心のこもった品を届けましょう。

前の記事へ >

入学内祝いを贈る際に気を付けておきたいマナー講座

小学校から大学、専門学校まで、人生の新たな門出に立った我が子のために「入学祝い」をくださった方々には ・・・