気持ちを伝えよう! 敬老の日に贈るメッセージカードの文例集

気持ちを伝えよう! 敬老の日に贈るメッセージカードの文例集

年に一度の敬老の日。大切な人に贈るギフトには「メッセージカード」を添えて、あなたの気持ちも一緒に届けましょう! しかし、気持ちを言葉にして書き出すのは案外難しい……、相手に喜んでもらえるメッセージを書くにはどうしたらよいのか、と悩んでいる方に、書き方のポイントや文例をご紹介しましょう。

「敬老の日」のメッセージの基本

敬老の日にメッセージカードを贈る場合、以下の3つのポイントを押さえてメッセージを書くと、読みやすく気持ちの伝わる文章になります。

お祝いの言葉

まずは敬老の日を迎えられたことに対するお祝いの言葉として、心から「おめでとう」を伝えましょう。長生きをともに喜んでくれるあなたのお祝いの言葉は、相手の方にとって何よりも嬉しいものになるはずです。

感謝の言葉

お祝いとともに、相手の方に対する感謝の気持ちを「ありがとう」の言葉で伝えましょう。いつも見守っていてくれること、娘や息子と遊んでくれることなど、何をしてくれたことに対する感謝なのかを具体的に書き添えると、気持ちがよりダイレクトに届きます。

健康長寿を祈る言葉

大切な人には、これからもずっと健康で長生きして欲しいですね。そんなあなたの願いと祈りの言葉も忘れずに書きましょう。それが贈られた方にとっての“元気の源”になるに違いありません。

「敬老の日」のメッセージカードの文例集

上記の「メッセージの基本」を踏まえた文例をご紹介します。どんなメッセージを書こうか迷ったときには参考にしてくださいね。

孫から贈るメッセージカードの文例

文例1
おじいちゃん。おばあちゃん。敬老の日おめでとう。
夏休みにはたくさんお泊りできて楽しかったよ。
冬休みにまた遊びにいくから、一緒にお話ししたり、ゲームしたりしようね。
ずっとずっと元気でいてね。

文例2
おじいちゃん。おばあちゃん。敬老の日おめでとうございます。
いつも畑で作った野菜を送ってくれてありがとう。
スーパーで買うより大きくて、すごくおいしいです。
今度遊びにいったら、畑仕事をお手伝いさせてね。
いつまでも元気で長生きしてください。

息子、娘から贈るメッセージカードの文例

文例1
お父さん。お母さん。
敬老の日おめでとうございます。
いつも優しく見守っていてくださること、本当に感謝しています。
2人の好きなお菓子を贈りますのでお茶の時間に食べてください。
仲良く穏やかに歳を重ねるお二人は私の理想であり憧れです。
どうかお体に気を付けて、いつまでもお元気で。

文例2
お父さん。お母さん。
敬老の日おめでとうございます。
いつも(娘・息子)に優しくしてくれてありがとう。
2人に似合いそうなセーターを(娘・息子)と一緒に選びました。
あと数カ月で寒い季節になるので、このセーターで温かく過ごしてくださいね。
お正月には帰ります。
お体をどうぞ大切に、くれぐれもご自愛ください。

敬老の日のメッセージカードでNGな言葉

敬老の日に贈るメッセージカードには、書いてはいけない“NGワード”があります。
「病気(病)」「倒れる」「枯れる」「果てる」「衰える」「曲がる」「折れる」「痛む」「苦しむ」「散る」「切れる」「終わる」「失う」「死(四)」「苦(九)」
これらは、病気やケガ、死を連想させる縁起の悪い言葉です。健康と長寿を祝う敬老の日のメッセージには相応しくありませんので、うっかり書いてしまわないよう気を付けましょう。

言葉に「言霊(ことだま)」があるように、文字にも「文字霊(もじだま)」という力があると言われています。文章を書くことが苦手な人でも大丈夫。あなたが心を込めて書き綴った感謝や祈りの言葉は、必ず“生きる力”となって大切な人のもとへ届くでしょう。悩んだときには上記を参考にして、素直な気持ちを届けてくださいね。

次の記事へ >

敬老の日っていつ!? 敬老の日の起源と毎年変わる理由に迫る

人生の大先輩方を敬い、長寿をお祝いする「敬老の日」。普段はなかなか会えない祖父母や父母に会いに行く方 ・・・

前の記事へ >

敬老の日に喜ばれる贈り物の選び方

大切な方の健康と長寿を祝う敬老の日。どのように感謝を伝えたら良いか、祝う側も贈り物選びには頭を悩ませ ・・・