女の子に初節句のお祝いを贈るときのおすすめの贈り物

女の子に初節句のお祝いを贈るときのおすすめの贈り物

子供が生まれて初めて迎える節句を「初節句」と言います。女の子の場合は、3月3日の「桃の節句」がその日に当たり、ひな祭りとしても広く親しまれています。女の子のいる家庭では、ひな人形を飾り、ちらし寿司やはまぐりの吸い物、白酒などを用意して、お祝いすることも多いでしょう。ここではそんな女の子の初節句にお祝いを贈るときの贈り物について紹介します。

女の子の初節句とは?

そもそも節句とは、季節の節目となる日のことで、その日に無病息災、豊作、子孫繁栄などを祈念し、お供え物をして邪気を祓っていたことが、現在の初節句祝いの由来となっています。女の子は、生まれて初めて迎える「桃の節句(3月3日)」に行いますが、明確な決まり事があるわけではないので、2月、3月などに生まれた子は、お祝いの準備をする関係もあり、その年ではなく、翌年に祝うこともあります。

女の子の初節句のお祝いの相場

「桃の節句」はひな人形と桃の花を飾り、ひな壇に、白酒、ひなあれ、菱餅などをお供えして祝います。ひな人形飾りは、結婚式の場面を表現したもので、将来、幸せな結婚ができるようにとの願いが込められています。
そんなひな人形は元来、母方の祖父母から贈るものでしたが、現在では値段が高価なものも多いため、両家が話し合って贈るのが一般的です。では、自分の立場がおじやおばなどの親戚や、両親の友達といった場合は、なにを贈るのがいいのでしょうか?

おじ・おばの立場からお祝いをする場合

お祝い金の相場は¥5,000~¥10,000で、それに品物を添えるのがいいでしょう。

友達の子供に贈る場合

お祝い金の相場は¥3,000~¥5,000で、それに品物を添えるか、関係性によっては相場に見合う品物のみでもいいでしょう。

女の子に初節句のお祝いを贈るときのおすすめの贈り物

女の子の初節句祝いに、以下のような贈り物はいかがでしょうか。

女の子向けのおもちゃ

お人形やぬいぐるみ、おままごとグッズなど、女の子向けのおもちゃは初節句には喜ばれる贈り物。お人形やぬいぐるみなどは、成長してからも大事に持っていてくれることもあるので、一生に一度の初節句の贈り物としても意味があります。ただし、おもちゃは生まれ月によっては初節句の頃に使えるものが違うので、そのあたりも考慮して贈るといいでしょう。

絵本

知育にもよく、何冊かあっても困らない絵本は子供への贈り物に適しています。初節句は子供の健やかな成長を願うお祝いですから、そういった内容のものを選べば、さらにぴったりの贈り物となるでしょう。

商品券やギフト券

子供が喜ぶものを贈りたい気持ちがあっても、身近に子供がいなかったり、受け取る側の子供の状況がわからなかったりすると、何を贈っていいのか悩むこともあるでしょう。そんなときは商品券やギフト券もおすすめです。子供向け商品を扱う店舗などで使用できる商品券や、おもちゃ店で発行しているものなどもあるので、初節句への想いを込めて、そういったものを贈ってもいいでしょう。

カタログギフト

受け取る側が気に入った商品を選べるカタログギフト。何を贈っていいのか悩むときは、予算に合わせて選ぶこともできるので、贈る側としても便利な贈り物です。初節句の贈り物とする際には、子供向けの商品、子育てに便利なものを扱うものにしてみるなど、カタログ選びにも一工夫してみるといいでしょう。

女の子だからこそ贈れるものなどもあり、選ぶのも楽しそうな初節句の贈り物。贈るお子さんの健やかな成長を願いながら、一生に一度の記念にもなる贈り物を選んでみてはいかがでしょうか?

次の記事へ >

男の子に初節句のお祝いを贈るときのおすすめの贈り物

その子の一生に一度しかない「初節句」。その言葉通り、子供が生まれて初めて迎える節句のことで、女の子は ・・・

前の記事へ >

お食い初めの内祝いとして贈る贈り物の選び方

赤ちゃんが産まれて100日ごろに、その成長を祝って行われる「お食い初め」。日本の伝統的な儀式で、子供 ・・・