万人受けするものがいい? 会社の余興で渡す景品の選び方

万人受けするものがいい? 会社の余興で渡す景品の選び方

会社のイベント等で余興をする際、景品があるととても盛り上がります。とは言うものの、社員の年齢はさまざま。性別が限定されるような景品も避けたいし好みもあるだろうし……などと考え始めると、何を選べばよいのかわからなくなってしまいます。そこでこの記事では、景品の選び方や、みんなに喜ばれそうな具体的な景品例をご紹介することにしました。参考にしてみてください。

会社の余興の景品を選ぶポイント

景品を選ぶポイントのひとつめは、軽くて持ち帰りがしやすいものを選ぶことです。あまりにも重たかったりかさばったりする品物は、よほど高価なものでもない限り、人によっては迷惑に感じてしまいます。

もうひとつのポイントは、受け取った誰もが喜べるようなもの、使えるものを選ぶこと。ターゲット層が限定されているような品物は、景品には選ばないようにしましょう。

ただし、あえておもしろい景品も用意するのが場を盛り上げるテクニックでもあります。もらった人は苦笑い、周りで見ている人は大笑いするようなパロディグッズやバラエティグッズも景品に混ぜておきましょう。

会社の余興の景品におすすめの品

お伝えしたポイントをふまえた上で景品としておすすめしたいのは、次のような品物です。

テーマパークチケット(ペア)

テーマパークチケットは、景品として不動の人気があります。本人はもちろん、ご家族にも喜ばれる景品です。
ポイントは、ペアで贈ること。テーマパークにひとりで遊びに行ってもおもしろくありません。ペアにしておけば、家族や友人を誘って出かけることができます。

金券や商品券

金券や商品券は、万人が喜ぶ景品のひとつです。商品券の場合は、地域限定など使いにくいものは避け、全国区で使えるものにしましょう。お米券やビール券などもおすすめです。

豪華食べ物ギフト

牛肉やカニ、高級フルーツなど、ふだんなかなか口にすることのできない豪華な食べ物ももらって嬉しいものです。食べ物の場合は衛生上の問題も考慮して、カタログや目録で渡すようにします。

小型電化製品

スタイリッシュで高級感のある電化製品も人気があります。手軽な調理器具や美容機器など小型で持ち帰りに不便がなく、なおかつ生活に役立つものが喜ばれます。

バラエティグッズ

楽しい景品としておすすめしたいのが、バラエティグッズです。パロディをほどこした入浴剤やトイレットペーパー、ユニークな形状の歯ブラシなど、日常生活に使えるものなら受け取った方もあまり困りません。
パッケージにインパクトのあるもの、商品名でウケを狙ったものも場の盛り上げに一役買ってくれます。

会社で使える事務用品

会社の余興ですから、ふせん、ファイルなど、仕事で使える事務用品を景品にするという方法もあります。等外の景品として、種類をたくさん揃えても楽しいのでは?

会社の余興での景品選びに悩んだ場合

景品におすすめの品物はわかったものの、やっぱり悩むし買いに行く時間もない!……というときは、景品キットで一括購入しませんか? マイプレシャスでは、人数と予算に合わせてバラエティに富んだ景品を用意しております。
http://www.myprecious.co.jp/kanjisan_partner/

会社の余興での景品選びは大変ですが、景品があるからこそみんなが楽しんでくれることも確かです。目玉となる豪華な品とウケが狙える品を適度に織り交ぜて用意しましょう。どうしても迷って選べない、用意する時間がないというときは、景品キットが強い味方になってくれます。ぜひ素敵な余興にしてくださいね。

次の記事へ >

会社のイベントで余興をしよう! どんな余興をすればいい?

忘年会や社員旅行など会社のイベントで、余興も含めた仕切りを任されることがあります。「どんどん盛り上げ ・・・

前の記事へ >

コミュニケーションのために社内行事を取り入れよう! どんな行事がおすすめ?

社内行事は、普段の業務時とは異なるコミュニケーションを取ることで関係性を深め、仕事をスムーズに進めて ・・・