「美味しい」が選べる記念品 テーブルストーリー

ウイスキーグラスを贈るときにおすすめの種類

ウイスキーグラスを贈るときにおすすめの種類

ウイスキーが好きな方にウイスキーグラスをプレゼント――とてもおしゃれで気の利いた贈り物です。ところで、ウイスキーグラスには飲み方に合わせて種類があることをご存知でしょうか? そもそも「ウイスキーの飲み方って何のこと?」という方もいらっしゃるかもしれません。そこでこの記事では、ウイスキーの飲み方とグラスの種類についてお伝えします。

ウイスキーグラスでウイスキーの味が変わるって本当?

ウイスキーはグラスによって味が変わるとされています。もちろんウイスキーの味がビールの味に変わるようなことはありませんが、どんなグラスを使うかで、香りと味わいはかなり変わるようです。

ウイスキーは、香りと味わいが重要だとされています。口に流し込む前に香りを楽しみ、口に入ったときには最高の味わいが感じられるように、飲み方に合わせてさまざまなグラスの形があるのです。

ウイスキーの飲み方の種類

ところでウイスキーにはどのような飲み方があるのでしょうか。代表的な飲み方について簡単にご紹介します。

ストレート

「ストレート」は文字の通り、グラスに注いだウイスキーをそのまま飲むという飲み方です。別名「ニート」とも呼ばれていて、ウイスキーの香りと味をしっかりと堪能することができます。ウイスキーは他のお酒と比べてもアルコール度数が高いため、喉へのダメージを抑えるためにも、「チェイサー」と呼ばれる口直しのための水や炭酸水と交互に飲むのが一般的です。また、香りが引き立つようにウイスキーは冷やさず常温で飲みます。

ロック(オン・ザ・ロック)

「ロック」というのは、グラスに大き目の氷とウイスキーを入れて飲むことで、別名「オン・ザ・ロック」とも呼ばれています。ロックを美味しく楽しむコツは、グラスをしっかりと冷やしておくということ。そうすることで、アルコール度数の高いウイスキーの口当たりを柔らかくすることができます。氷が溶けるにつれ少しずつ変化する味わいを楽しむのがポイントです。

ハーフロック

「ハーフロック」というのは、氷の入ったグラスにウイスキーと水を1:1の割合で注ぐというもので、ウイスキー初心者の方にもおすすめの飲み方です。ウイスキー本来の香りを損なわないために、カルキの匂いがする水道水ではなく、ミネラルウォーターで割るのがポイントです。

水割り

ウイスキーを水と氷で薄めて飲む「水割り」は、日本独自のウイスキーの飲み方です。好きなように薄めて飲むことができますが、おすすめの分量はウイスキー1に対して、水が2~2.5。ただし、ウイスキーの香りや風味を存分に楽しみたいという方には、物足りなさを感じてしまうことも。

ハイボール

ウイスキーの飲み方の中でも人気なのが、ウイスキーを炭酸水で割る「ハイボール」です。ウイスキー1、ソーダ3くらいの割合が一般的で、グラスいっぱいに氷を入れます。レモンやオレンジ、ライムなどをトッピングして楽しむのもおすすめです。

トワイスアップ

「ウイスキーの香りを楽しみたいけれど、ストレートは強すぎる…」という方におすすめなのが、常温のウイスキーと水を1:1で割る「トワイスアップ」。マイルドな口当たりとウイスキーの香りを楽しむことができる飲み方です。

ウイスキーグラスの種類とそれぞれの特徴

代表的な飲み方がわかったところで、ウイスキーグラスの種類と特徴について見ていきましょう。主なグラスには次のようなものがあります。

ロックグラス

ウイスキーグラスといえば「ロックグラス」と言われるくらい代表的なグラスで、ロックやハーフロック、水割りにおすすめです。
特徴は、程よい重みと厚みがあり、手になじむ大きさであること。また、デザインが美しいものが多く、繊細なカッティングがほどこされたロックグラスは、インテリアとしても存在感を発揮します。

テイスティンググラス

チューリップの花を思わせるふくらみ、ゆるやかな曲線を持つ少し長めのグラスです。味と香りを最大限に楽しめるように考えられた形なので、飲み方としてはストレートに合うでしょう。

ショットグラス

ストレートでウイスキーを楽しむためのグラスがショットグラスです。ロックグラス同様、デザインも豊富。基本として揃えておきたいグラスでもあります。

タンブラー

タンブラーは、細長いコップのイメージのウイスキーグラス。高さがあり炭酸が抜けにくいことからハイボールにぴったりですが、どんな飲み方にも使える万能グラスでもあります。

スキットル

スキットルはグラスではなく、お酒を持ち運ぶ平べったい水筒のような入れもののこと。ステンレス、銀など材質はいくつかありますが、軽量で丈夫なチタンがおすすめです。

ウイスキーの飲み方、代表的なウイスキーグラスの種類についてご紹介しました。ストレート、ロックなど、さまざまな飲み方が楽しめるウイスキー。贈る相手が普段どんな飲み方をしているのかをリサーチして選んでみてはいかがでしょうか。

もしもリサーチできない場合は、デザイン重視でロックグラスやショットグラスを選ぶとおしゃれです。素敵なウイスキーグラスを贈ってくださいね。また、マイプレシャスでは、グラスとウイスキー専門のカタログギフトを取り扱っております。ぜひこちらもご利用ください。

次の記事へ >

銘々皿はギフトにぴったり! 材質や形状ごとの使い方

おもてなしの心が詰まった銘々皿は、食卓や茶席を彩り、特別なひとときを演出します。デザインのバリエーシ ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
PAGE TOP