赤っ恥を書かないために知っておきたいお年賀のマナー

赤っ恥を書かないために知っておきたいお年賀のマナー

古くから日本に伝わる“季節のご挨拶”の風習。そのひとつである「年始のご挨拶」に添えて贈るのが「お年賀」です。新年を迎えて最初に贈るギフトですから、失敗して赤っ恥をかかないようにできるだけスマートに届けたいもの。そのためにも、このページでお年賀に関するマナーを予習しておきましょう。

お年賀を贈る時期と贈り方

お年賀は、1月1日~3日の「三が日」に贈るのがマナー。年末のうちに相手の都合に合わせてご挨拶に伺う日時を決めておき、当日は直接お宅を訪問して手渡します。元旦はご家族でゆっくりと過ごす方も多いので、たとえ「いつでもOK」と言われたときでも2日か3日に伺うのがスマートでしょう。
「三が日」にお互いの都合が合わない場合、少々不躾ではありますが、宅配便などを使って贈ることも可能です。その際も「三が日」の間に届くよう手配をしておきましょう。ただし、お年賀を購入したお店から相手に直送することはマナー違反! 手間はかかりますが、一度持ち帰ってあなたから贈るようにしてください。

「お歳暮」と「お年賀」は両方贈ったほうがよい?

1年間お世話になった方への感謝を込めて、年の暮れのご挨拶と共に贈る「お歳暮」。今までと変わらないお付き合いを願い、新年のご挨拶と共に贈る「お年賀」。贈る時期が近いだけに、両方とも贈るべきか、どちらか一方でよいのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか? 「お歳暮」を贈った場合、その翌年の「お年賀」は贈らないのが一般的です。どちらも季節のご挨拶に添えるものですから、近い時期に2回も贈るのは大変ですし、受け取る側も恐縮してしまいます。どちらか都合の合う方でご挨拶をすれば十分でしょう。
ただし、「お歳暮」を贈らずに「お年賀」を贈る場合は年の暮れにご挨拶ができなかったお詫びの気持ちを込めて、改まったものを贈るのがマナーとされています。
また、「お歳暮」を贈っている場合、新年のご挨拶に「お年賀」を持参する必要はありませんが、手ぶらでは行きにくいと感じたら、気持ち程度の菓子折りなどを持参すると良いでしょう。

お年賀で贈ってはいけないもの

お年賀に限らず、お世話になった方へ贈るギフトにはふさわしくない“縁起の悪い”アイテムがあることをご存知ですか? 例えば、靴などの「履き物」や「玄関(バス)マット」は踏みつけて使用するため、“相手のご恩を踏みにじる”という意味合いがあります。「櫛(くし)」は「9(苦)・4(死)」の語呂合わせ。「はさみ」や「包丁」などの刃物は“縁を切る”というイメージから、やはりギフトには不向きです。お年賀にこのような品を贈る人はいないと思いますが、覚えておくとよいですね。

また、縁起の良し悪しに関わらず、相手の立場で考えると避けた方が良い品もあります。例えば、お酒が飲めない方に「お酒」や「酒器」を贈るのはご迷惑になるでしょうし、定番ギフトの「タオル」は、毎年たくさんのお歳暮やお年賀が届くご家庭では使いきれずに場所をとる場合も……。賞味期限の短い「生菓子」なども、会食が増える年始には冷蔵庫の中で期限を迎える可能性が高そうです。贈り物を贈るときに、贈る相手のことを考えるのは、基本ですね。相手が普段使わないものや使いきれないものはなるべく避け、食品類を贈る場合は賞味期限の長いものを贈りましょう。

喪中の場合はどうする?

自分と先方のどちらか、または双方が喪中に当たる場合は、事前に連絡をしあって了承を得た上で、お年賀は控えると良いでしょう。
もし、お世話になった相手にどうしても新年のご挨拶や贈り物をしたい場合は、やはりそのことを相手に伝えて了承を得た上で、「松の内」(一般的には1月7日まで)が明けた後の「寒中」(2月4日頃まで)の時期に伺います。その際、お年賀として贈る予定だった品は「寒中見舞い」として贈ることになります。

のしの種類と書き方

お年賀として贈る品には、のしや水引、またはそれらが印刷されたのし紙をかけるのがマナーです。
まず、水引の色は紅白をチョイス。お年賀は何度贈りあっても嬉しい贈り物ですから、結び方は何度でも簡単に結び直せる「蝶結び」にします。
ただし、関西方面では、一度結ぶとほどけない「結び切り」の一種である「あわじ結び(あわび結び)」が使われることもあるので、贈る際には注意が必要です。
表書きは「御年賀」「新年御挨拶」「御年始」「賀正」などとするのが一般的。名前は贈り主の名前をフルネームで書き入れます。表書き、名前ともに、濃い墨を使って筆で書くか、または黒いペンを使いましょう。

お年賀の贈り方にはいろいろなマナーがあります。うっかりミスをして恥をかいてしまう前に、上記を読んでしっかりと勉強しておきましょう。

次の記事へ >

どの程度の予算が目安? お年賀の相場感について

新年のご挨拶に添えて贈る「お年賀」を用意するには、どの程度の予算が必要になるのでしょうか? 贈る相手 ・・・

前の記事へ >

お年賀一つで印象を変える! 贈り物の選び方

どんなものでもお年賀として頂くとありがたく思うものですが、それが好みのものであれば、なおさら嬉しいで ・・・