どの程度の予算が目安? お年賀の相場感について

どの程度の予算が目安? お年賀の相場感について

新年のご挨拶に添えて贈る「お年賀」を用意するには、どの程度の予算が必要になるのでしょうか? 贈る相手によっても、予算も変わるのでしょうか? 意外と知らない「お年賀」の相場とおすすめギフトを、贈る相手別にご紹介しましょう。

勤務先の上司の場合の相場感とおすすめのギフト

会社の上司に贈る場合の相場感とおすすめのギフトは、以下のようなものです。

相場感

5000円前後のものを贈ることが多いようです。

おすすめのギフト

日頃からお世話になっている勤務先の上司には、心からの感謝を込めてラグジュアリーなギフトを贈りましょう。グルメな方には、定番だけどやっぱりおいしい「ハムやソーセージ」などの詰め合わせ、年配の方なら老舗の「佃煮」や「漬物」なども喜ばれるでしょう。お酒が好きな方であれば好きな銘柄の「ビール」や「ウイスキー」、健康に気遣う方なら「果汁100%のフルーツジュース」なども良いですね。

取引先の関係者の場合の相場感とおすすめのギフト

取引先の関係者に贈る場合の相場感とおすすめのギフトは、以下のようなものです。

相場感

平均予算は3000円~5000円。先方とのお付き合いの深さや親しさによって金額は上下します。

おすすめのギフト

取引先の方に贈るなら、社員の皆さんにも楽しんでいただけるようなギフトがおすすめです。個別包装されている「クッキー」や「もなか」、「缶入りジュース」の詰め合わせなどは、社内で簡単に配ることができて便利。休憩時間などに気軽に飲める「ドリップコーヒー」や「ティーバッグの紅茶」も重宝しそうです。
ただ、取引先にはお付き合いのあるほかの会社からも同じようなギフトが贈られているはずなので、賞味期限までが長く、飽きずに楽しめるものを意識して贈りましょう。

親、親類の場合の相場感とおすすめのギフト

取引先の関係者に贈る場合の相場感とおすすめのギフトは、以下のようなものです。

相場感

平均予算は2000円~3000円。金額よりも内容にこだわる方が多いようです。

おすすめのギフト

年始は、普段なかなか会えない親類縁者が集まる貴重な機会。身内に贈るお年賀には、みんなが語らうひとときを楽しく彩ってくれるギフトはいかがでしょう。あなたが住んでいる地域の「銘菓」や干支などのおめでたいモチーフがデザインされた「縁起の良いお菓子」などは、場を盛り上げるお茶請けとして大活躍すること間違いなし。お酒好きが集まるならば「ビール」や「日本酒」も欠かせません。
親しい身内であれば、相手が普段から使っている「洗剤」のセットや、使う機会の多い「食用油」の詰め合わせなどは贈っても喜んでもらえるでしょう。

友人、知人の場合の相場感とおすすめのギフト

友人、知人に贈る場合の相場感とおすすめのギフトは、以下のようなものです。

相場感

平均予算は2000円~3000円。知人なら2000円程度、仲のよい友人ならもう少し高めの3000円のものを用意してもいいかもしれません。

おすすめのギフト

普段から仲の良い友人や知人へのお年賀には、年始ならではの特別感のあるギフトを用意してみませんか? 人気のある「お取り寄せスイーツ」や、行列ができる店の「限定スイーツ」、普段自分では購入しないような、ちょっと高級な「入浴剤」や「ボディソープ」などは、“小さな幸せ”を味わえるアイテムとして喜んでもらえそう。
また、「台所洗剤」や「洗濯洗剤」の詰め合わせ、「タオルセット」などは、いくつあっても困らない王道ギフト。特別感はなくても、便利なものはもらうとやっぱり嬉しいものです。

お年賀はあなたの気持ちを伝えるギフト。相場にとらわれることなく、相手が喜ぶものを考えて選ぶのが一番です。何を贈るか悩んだときには、「カタログギフト」を贈って好きなものを自由に選んでいただくのも良いですね。

次の記事へ >

年末年始の業務をスムーズに! お年賀を用意すべき時期について

新年の挨拶をする際にはお年賀を贈るもの……と、分かってはいても、その起源や贈る時期まできちんと把握し ・・・

前の記事へ >

赤っ恥を書かないために知っておきたいお年賀のマナー

古くから日本に伝わる“季節のご挨拶”の風習。そのひとつである「年始のご挨拶」に添えて贈るのが「お年賀 ・・・