還暦祝いのプレゼントに旅行券を贈る際の注意点|カタログギフトのマイプレシャス

マイプレシャスをもらった方 よくあるご質問
Instagram
  • 2人からの心を包んだ贈り物 結婚引出物
  • ありがとうの気持ちを込めて 結婚内祝い
  • 感謝の気持ちが伝わる 香典返し
  • 赤ちゃんの誕生をお祝い 出産祝い
  • サービスガイド
v id="plain_main">

還暦祝いのプレゼントに旅行券を贈る際の注意点

投稿日:2016/06/15

還暦祝いのプレゼントに旅行券を贈る際の注意点

還暦祝いとして、旅行券を思いつくこともあるでしょう。普段忙しい両親には、たまには2人で温泉などに行って、ゆっくりしてもらいたいですね。ここでは、還暦祝いで旅行券を贈るときに、できるだけ喜んでもらえるよう、気を付けておきたいポイントをまとめます。

旅行券を贈るときの金額の目安

旅行に行くとなると、たとえ国内旅行でもある程度まとまった金額がかかります。交通費と温泉代込みで考えると、予算としては少なくとも2万円程度からになるでしょう。
せっかくの節目ですから、両親で一緒に温泉地に行って、高級旅館に泊まってもらいたいと思う人もいるかもしれません。そうなると、予算として5~10万円程度はみておくべきです。まとまった金額を一人で贈るとなると大変ですが、還暦祝いでは何人かで一緒に贈るという方法があります。一人当たりが少額でも、みんなで出し合えば大きな金額の旅行券を贈ることができますから、お祝いをする人同士で相談してみましょう。

旅行券を贈るときの注意点

旅行をプレゼントすると言われたら、喜んでくれる人が多いでしょう。ただし、旅行券を贈る場合には、注意しておかないと逆に受け取る側の負担になってしまうことがあります。具体的には、以下のような不都合が生じる可能性がありますので、よく考えてから贈るようにしましょう。

あらかじめ日時の確認をしないといけない

旅行日程があらかじめ決まっている旅行券を贈る場合には、相手の都合を確認する必要があります。せっかく旅行券を贈っても、その日に行けなかったら意味がありません。60歳ならまだ現役で、会社でも重要な役職についていることが多いですから、休みも取りにくいことがあります。休みが取れず結局行けなかったということにならないよう、くれぐれも日程には注意して贈りましょう。

宿屋や交通手段などの手配を自分で行わないといけない

できるだけ喜んでもらえるようにと、贈る相手に喜んでもらえそうなプランを立てて旅行券を贈る人も多いと思います。この場合には、旅館や交通手段などの手配をしてから贈らなければなりません。旅行の企画というのは案外手間がかかりますから、忙しいとなかなかスムーズに進まないことがあります。

旅行先によっては喜んでもらえない場合もある

旅行先の選び方を間違えると、相手に喜んでもらえない可能性があります。既に行ったことがある場所なら、ほかの場所へ行きたい……と思ってしまうかもしれません。予算によっては近場の旅行しか贈ることができず、目新しくないということにもなってしまいます。

予算がオーバーしてしまう可能性がある

例えば、「お母さんの行きたがっていた○○へ行かせてあげたい!」と思って準備を始めても、予算が足りないことはよくあります。最初は「このくらいの予算で行けるだろう」と思っていても、実際に検討してみると時期によっても予算が大きく変わり、うまくいかないことはあります。ほかにも、場所を優先すれば、旅館のランクが下がってしまう、などということも起こり得ます。

還暦祝いで旅行券を贈っても、必ず喜んでもらえるとは限りませんし、予算オーバーしてしまうこともあります。予算の範囲内でできるだけ喜んでもらえる贈り物をしたいなら、カタログギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。実はカタログギフトでは、食事や旅行に行くプランも選ぶことができます。旅行に行く本人が自由に選ぶことができるので、贈る側にとっても贈られる側にとっても安心です。



……………還暦祝いおすすめ商品……………

  

ページTOPへ



最近チェックした商品