香典返しに 法要に 故人を偲んでくださる方へ感謝の気持ちが伝わる贈り物ご用意しました。

何を送るべき? 一周忌の法要で渡す引き出物の選び方

投稿日:2020/03/02

何を送るべき? 一周忌の法要で渡す引き出物の選び方

故人が亡くなって以降、遺族が故人を偲ぶ法要を定期的に行う風習があります。一周忌もその法要のひとつで、その際には引き出物をお渡しすることが一般的です。不祝儀にふさわしくないとされるものもあるので、引き出物選びには注意が必要です。この記事では、引き出物の相場や品物の選び方、渡し方についてわかりやすく解説します。

一周忌法要の引き出物とは

一周忌の法要は、故人が亡くなって1年が経った命日に行います。一般的には、僧侶の読経と焼香、お墓参りや遺族の挨拶をすませた後に「お斎(おとき)」と呼ばれる会食のお膳をふるまいます。これは、僧侶や参列してくださった方へのお礼の気持ちとともに、故人について語り合って故人を偲んでもらおうという場です。

そのほかに、法要に時間を割いてくださったことへの感謝として品物をお渡しします。この品物が、一周忌法要の引き出物です。参列してくださった方は、「御仏前」「御供物料」などの名目で金品を包んでくださっているので、そのお返しの意味も兼ねています。

一周忌法要の引き出物の渡し方

会食の席を設けた場合、引き出物は、会食が終わるころ、もしくは参列してくださった方が帰るときにお渡しすることが多いようです。ただ、「このようにしなければならない」という決まりはなく、会食の席を回ってひとりひとりに挨拶をしながらお渡ししてもかまいませんし、お帰りになるときにお渡ししても大丈夫です。人数が多い場合は、あらかじめ各席にセッティングしておくこともあります。

会食しない方がいらっしゃる場合は、お帰りになるタイミングでお渡ししましょう。招待した人数と招待した方の予定を把握し、渡しそびれることのないようにすることが大切です。ホテルやレストランを利用する場合は、スタッフにも予定を伝えておくと安心です。

会食の席を用意していない場合は、参列者がお帰りなるときに、ひとりひとりにご挨拶をしながらお渡ししましょう。折詰やお酒などを準備しているのであれば、これらの品と一緒にお渡しします。

なお、引き出物に使用するのし(かけ紙をつけ)は、「志」もしくは「粗供養」と表書きをし、施主の名前を書き添えます。不祝儀では薄墨を使うものとされていますが、それは四十九日の法要までのこと。一周忌では濃い墨を使ってよいとされています。
水引は黒と白など、弔事用の結び切りのものを用いてください。

以上が一般的な引き出物の渡し方ですが、地域の風習がある場合はそちらに従うようにします。

一周忌法要の引き出物の相場

一周忌法要の引き出物の相場は、「御仏前」や「御供物料」としていただいた額の1/2~1/3程度が目安です。「御仏前」「御供物料」の相場は故人との関係性にもよりますが、10,000円前後を包む方が多いとされているので、引き出物は3,000~5,000円程度の品を選べば失礼にはあたりません。

もし多額の金品をいただいた場合には、別途お礼の品をお贈りするなどして対処しましょう。ただし、「御仏前」も「御供物料」は、相手の気持ちも含んだもの。よほど多額でない限り、引き出物をお渡しすれば十分と考えて問題ないでしょう。

一周忌法要の引き出物の選び方

さて、一周忌法要の引き出物には、どのようなものを選ぶのが望ましいのでしょうか。法要に向いているものと向いていないものがあるので、その点を把握しておきましょう。

まず、法要に向いていないものとしては、グラスや食器など形が残ってしまうもの、肉や魚など生の食べ物が挙げられます。生の食べ物は殺生を連想させるため、不祝儀の場全般で不向きとされる品です。そうではなくても生鮮食品は日持ちがせず、安全面でも心配があります。

また、昆布やかつお節のように、お祝い事で渡されることの多い品も不祝儀の場には不向きです。色合いが派手なもの、持ち帰るのが大変なくらい大きいものや重たいものも選択肢からはずすことが気遣いといえます。

法要向きのものは、「消えもの」と呼ばれる食べ物や日常的な消耗品です。飲み物なら、日本茶が定番ですが、紅茶やコーヒーも人気となっています。お菓子の場合は、個包装されているものだと食べやすくて便利です。洋菓子なら日持ちのする焼き菓子やチョコレート、和菓子なら羊かんや真空包装されたお饅頭などが人気を集めています。

日用品の洗濯洗剤や食器洗剤、石けんなどもよく選ばれています。そのほか、タオルやハンカチもおすすめの一品。家庭にいくつあっても困らず、使い道が多いこともポイントです。タオルやハンカチには「悲しみや不幸を拭い去る」という意味合いを込める地域もあるようです。

どの品物を選んでいいかわからず、なかなか決められないという場合はカタログギフトという選択もおすすめです。受け取った方に好きな品物を選んでもらえ、持ち帰りにもかさばりません。幅広い商品がラインナップされているので、年齢を問わず喜んでもらうことができます。

マイプレシャスでは、総合カタログのほかグルメ専門カタログもご用意しています。不祝儀で生鮮食品をお渡しするのはタブーと説明しましたが、カタログに掲載されている分には問題ありません。日持ちのしない生菓子も大丈夫です。さまざまな価格帯のカタログギフトが用意されていますので、ぜひ選択肢のひとつに加えてみませんか? 詳しくはこちらのページをご覧ください。
マイプレシャスの香典返し・法要のカタログギフトはこちら

一周忌法要の引き出物に不向きとされる品物や人気の品物などをご紹介しました。一周忌を執り行う際には、僧侶や会場、会食の手配など決めなければならないことも多くあります。そのため、引き出物選びに悩んでしまったときや時間がかけられないときには、カタログギフトがおすすめです。たくさんの品物が掲載されているので、受け取った方のほしいものがきっとみつかります。

次の記事へ >

仏教徒は異なる、神道教式の香典返しの作法

仏教が日本に伝わる以前から、古来、日本で信仰されてきた宗教が「神道」です。神道も、仏教と同様に不祝儀 ・・・

前の記事へ >

香典返しに添えるお礼状の書き方とマナー

故人の葬儀に際してお香典をいただいた場合、返礼の品として香典返しをお届けします。その際、品物だけを送 ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
マイプレシャス公式アカウント