香典返しに 法要に 故人を偲んでくださる方へ感謝の気持ちが伝わる贈り物ご用意しました。

香典返し「志」 と「満中陰志」とは? 書き方や選び方

投稿日:2017/05/17

香典返し「志」 と「満中陰志」とは? 書き方や選び方

香典返しを贈る際は、表書きに「志」や「満中陰志」といった言葉を書いて贈ります。地域によって、この表書きに書く言葉が異なります。今回は、香典返しを贈る際の表書きに書く言葉の違いについて、ご紹介します。

関東と関西で違う香典返しの呼び方

香典返しには、のし紙を掛け、そこに表書きを書いて贈るのがマナーです。その表書きに記す言葉でよく目にするのが、「志」です。これには、「気持ち」という意味があり、お香典のお礼ということで、「志」と書かれています。主に、東日本や四国、九州地方で書かれることの多い言葉です。また、「志」は仏式以外にも、神道など、宗教を問わず、用いることができます。「志」以外にも、関西など、西日本で多く見られるのが、「満中陰志」や「粗供養」です。また、中国、四国、九州地方の一部の地域では、「茶の子」という言葉も用いられています。
このように、地域によって、表書きに書かれる言葉は様々あります。どの言葉も同様に、香典返しで用いられる言葉なので、それぞれお住いの地域や信仰する宗教の慣習に習って、使い分けましょう。

「満中陰志」という言葉の意味

仏教では、人が亡くなってから四十九日の間を「中陰」と言い、この間、7日ごとに忌中法要が行われます。そして、四十九日の日を「満中陰」と言い、忌明けを意味します。「満中陰」には、忌明け法要が行われ、これ以降1カ月程度を目安に、お香典を下さった方へ香典返しを贈ります。関西地方などでは、この香典返しを「満中陰志」と言います。

「茶の子」という言葉の意味

「茶の子」には本来、お茶請けや茶菓子という意味があります。中国、四国、九州地方の一部地域では、香典返しや仏事の際に配られる返礼品のことを「茶の子」と言います。その表書きにも「茶の子」と書いて、贈ります。

関東と関西で違う、水引の色

香典返しに限らず、お中元やお歳暮などの贈答品を贈る際は、品物にのし紙をし、その上に水引を掛けます。この水引は、用途によって、結び方や色が異なります。慶事では、紅白の花結びや鮑結びが一般的で、弔事では、黒白の結び切りが用いられることが多いです。また、水引の色には、地域や信仰する宗教によって違いがあります。弔事でよく目にする、黒白の水引は、全国的に広く用いられていますが、特に関東地方で多く見られています。黒白のほかにも、黄白の水引があり、関西地方で多く見られています。

慣習に合ったものを選ぶ際に気を付けること

地域や宗教によって、表書きや水引の色が異なります。香典返しを贈る際は、慣習に習って贈りましょう。

お寺や地元の菓子店に聞く

忌中は、突然の別れをゆっくりと惜しむ間もないほど目まぐるしく、様々な行事やその準備に追われます。その中で、分からないことがあって悩んでしまったときは、葬儀などで読経をお願いするお寺や葬祭店に聞くのが、おすすめです。また、香典返しの表書きなどで、贈答品を贈る際のことで分からないことがある場合は、茶菓子を多く取り扱っている地元の菓子店で、購入の際に聞いてみるのも良いかもしれません。

迷ったら「志」と書く

地域によって、表書きに書く言葉は様々あるため、自分の地域では、何と書いて良いか分からなくなってしまったとき、「志」と書いておくと良いでしょう。「志」は、地域や宗教を問わず、表書きで広く用いられている言葉なので、迷ったら「志」と書くのが、無難でしょう。

香典返しを贈るのにも、その地域や宗教によって、様々な慣習が関わってきます。分からないことがあったら、詳しい方に聞くなどして、対処しましょう。

次の記事へ >

当日の香典返しはお通夜で渡す?葬式で渡す?

一般に、香典返しは、お香典を頂いたお返しとして、四十九日を過ぎた忌明けに渡すものです。ただ、昨今では ・・・

前の記事へ >

香典返しとは? 法要の引き出物とは品物が異なる?

日本には古くより「香典返し」の習慣があります。故人のために大切な時間を割いてお通夜や葬儀に参列してく ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
マイプレシャス公式アカウント