香典返しに 法要に 故人を偲んでくださる方へ感謝の気持ちが伝わる贈り物ご用意しました。

香典返しを「当日返し」する場合のメリット・デメリット

投稿日:2019/03/26

香典返しを「当日返し」する場合のメリット・デメリット

香典返しは、忌明けに配送や、お香典をくださった方の所を訪れて、直接お渡しすることが一般的ですが、最近では、当日返しを選択されるケースも増えています。今回は、その香典の「当日返し」のメリット・デメリットについてご紹介します。

香典の「当日返し」とは?

通夜や葬儀、告別式の際に、弔問客からいただくお香典。それに対するお礼の気持ちと、弔問に対する感謝の気持ちを込めて贈るのが「香典返し」です。本来は法要が無事に済んだことを報告する意味もあるため、四十九日法要が済んだ忌明けを迎えてから1ヵ月程度の間に香典返しの品物と挨拶状を贈るのが一般的でしたが、最近では通夜や葬儀、告別式の当日に香典返しをお渡しする「当日返し(即日返し)」が主流となってきています。

香典返しを「当日返し」するのはマナー違反にならない??

香典返しは本来、四十九日の法要が済んだ忌明けから1ヵ月程度の間に行うものだとされてきました。これに対し、当日返しは通夜や葬儀、告別式の当日に弔問客へ直接お渡しします。本来の手順と異なるため、当日返しはマナー違反ではなのかという点が気になるところですが、現在では当日返しを行っている地域も多いため、特に心配する必要はありません。

香典返しを「当日返し」にするメリット

関東や東北地方で一般的な当日返し。最近では、地域や宗教にかかわらず、定着してきているようです。当日返しには、どんなメリットがあるのでしょうか。

配送料がかからない

通常、香典返しは忌明けに配送で、お香典をくださった方に返礼品として贈ります。ただ、当然配送にともなって送料がかかってしまいます。当日返しであれば、直接、弔問客に渡すので、費用の負担が少なく済みます。

配送の手間がかからない

身内に不幸があった時、告別式や葬儀、法要など、こなさなければいけない行事がたくさんあり、精神的にはもちろん、身体的にもご遺族の負担は大きくなるため、少しでも省ける手間は省いておきたいものです。忌明け後のお返しは、お香典をくださった方全員に配送の手続きをしなければならないのですが、当日返しであれば、配送する手間がかからないので、おすすめです。

香典返しを「当日返し」にするデメリット

当日返しは、後返しに比べて費用や手間がかからないため、ご遺族の負担を軽減できるメリットがあります。では、当日返しには、どんなデメリットがあるのでしょうか。

お香典を多くもらってしまった場合の調整が必要

当日返しでは、香典返しの品物を事前に用意しておく必要があります。本来であれば、いただいたお香典の半返しを目安にしますが、当日返しの場合、お香典がいくらか分かりません。もし、いただいたお香典が高額だった場合、忌明けに、当日返しの分を差し引いた上で改めて香典返しをし、金額を調整します。

会葬御礼と区別されにくい

会葬御礼は、お通夜や葬儀に参列していただいた方全員に、その当日お渡しするもので、当日返しを知らない方や、その習慣がない方などは、会葬御礼と間違えて受け取ってしまうこともあります。そのため、当日返しをお渡しする際に、お香典をいただいたお礼の品である旨をお伝えするなど、会葬御礼と区別するようにしましょう。

香典返しを「当日返し」にする際の相場


香典返しを四十九日の法要が済んでから贈る場合には、いただいた金額の1/3から半返しが一般的ですが、当日返しの場合には事前にお返しの品物を用意する必要があり、個別に対応することができません。そのため、全ての弔問客に対して一律の品物をお返しします。相場としては、2,500円から3,000円が一般的で、高額の香典をいただいた方に対しては、後日四十九日の法要が済んだ忌明けのタイミングに再度お礼をすると良いでしょう。

香典を「当日返し」とする際に考慮するべき点

当日返しは、費用や手間をかけずにできることで、地域の習慣に関わらず、広く定着しました。ただ、当日返しをするにあたって、考慮するべき点がいくつかあります。これらに気をつけて、当日返しの準備をしましょう。

参列者の層を把握する

お香典の金額は、故人との生前の関係性によってバラバラです。また、連名でお香典をくださる方もいらっしゃるので、細かく対応したい場合は、忌明けに後返しをして、金額を調整するか、事前に葬儀屋さんと、香典返しを当日返しにした方が良いのかどうかを相談しておくと良いでしょう。

忌中の予定はどうか

忌中は、初七日法要、四十九日法要など、様々な行事があります。親族の招待など、手配が多くなる場合は、当日返しがおすすめです。忌中の予定を前もって確認し、状況に合わせて決めましょう。

人によって価格帯が変わるようなら外見からわからないものを選ぶ

当日返しはいただいた香典の金額にかかわらず、一律のお品物をお返しするのが一般的ですが、故人と生前親しい付き合いのあった方や故人がお世話になった方などに対しては、あらかじめ特別にお返しを用意することもあるでしょう。その場合には、弔問客に品物の違いが判らないよう、箱の大きさを同じにするなどの配慮をすることも忘れずに。カタログギフトであれば、外見から判断されることなく金額に応じて内容を変えることができるためおすすめです。

香典を当日返しする場合も、忌明けに贈る場合も、お香典をくださる方への感謝の気持ちが伝わるよう、しっかりと準備しておくことが大切です。無理のないように、ご遺族の皆様に合った、やり方を選びましょう。

次の記事へ >

仏式葬儀とは作法が異なる? 神葬祭に参列するときの流れ

日本で「お葬式」というと、多くの方が思い浮かべるのは、仏式の葬儀ではないでしょうか。しかし、すべての ・・・

前の記事へ >

家族葬の場合にはどうする? 親戚への香典返しの方法

家族や身内、あるいは故人に近しかった方だけで葬儀を執り行う家族葬。社会的にも認知されてきたスタイルで ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
マイプレシャス公式アカウント