香典返しに 法要に 故人を偲んでくださる方へ感謝の気持ちが伝わる贈り物ご用意しました。

香典返しに商品券は失礼にあたる? 避けたほうがよい品物

投稿日:2017/05/17

香典返しに商品券は失礼にあたる? 避けたほうがよい品物

香典返しの品物には、お茶やお菓子、洗剤やタオルなどがよく選ばれています。中には、商品券を香典返しの品物として考えている方もいるのではないでしょうか。この場合、商品券を贈るのは失礼にあたるのか、また、香典返しの品物として避けたほうが良いものについて、ご紹介します。

香典返しに商品券は避けたほうが無難

香典返しは、基本的にいただいたお香典の半分の金額である「半返し」を目安に、品物を選びます。半返しが基本としても、何らかの商品を贈れば、どのくらいかかったかは、ある程度ぼかすことができます。しかし商品券にすると、はっきりと半額分の券を贈ることになり、露骨過ぎる印象になります。また、香典返しに限らず、目上の人へ商品券を贈るのは、一般的に失礼にあたります。このような事情があるので、香典返しに商品券を贈るのは、できれば避けた方がいいかもしれません。

しかし、商品券だけを贈るのではなく、例えば、商品券とタオル、商品券とカタログギフトのように、何かと商品券を合わせて贈るという方法であれば、そこまで悪い印象を持たれる可能性は少ないでしょう。

香典返しで避けたほうが良い品物

香典返しは、不幸があったことに際しての贈り物です。香典返しで贈る品物として、避けたほうが良いものが、いくつかあります。

形に残るもの

香典返しの品物は、後に残らないということで、食べたり、使ったりしてなくなる「消えもの」を贈るのが好ましいとされています。そのため、お茶やお菓子、調味料などの飲食料品や、洗剤や石けんなどの日常で使う機会の多い、消耗品などがよく選ばれます。お茶に関連して、最近では、紅茶やコーヒーなどもよく選ばれるようです。

肉や魚の生もの

香典返しの品物に「消えもの」が好ましいとはいうものの、仏事では「四つ足生臭物」を避けるのが一般的です。地域や宗教のならわしによっては、四十九日を過ぎるまで、食卓に肉や魚を出すのを控える家庭もあるため、香典返しで贈ることは控えましょう。

お酒(嗜好品)

お茶やコーヒーなどの飲料品は、香典返しでよく選ばれる品物ですが、同じ飲料品でも、お酒は神事でお祝い事の際に飲まれるものです。そのため、香典返しで贈る品物には適していないと言われています。選ぶ際は、注意しましょう。

失礼にならないように、カタログギフトという選択肢

香典返しに適した品物は、飲食料品や日用品と、選択肢が広く、迷ってしまう方も少なくないと思います。贈る相手の年齢や性別も様々なので、好みに合わないものを贈ってしまうと、かえって迷惑になってしまうことも考えられます。そんな時、カタログギフトであれば、それぞれの予算に応じたものが用意されており、自分の好みに合ったもの選ぶことができるので、非常におすすめです。

香典返しは、故人を偲び、お香典をくださった方へのお礼の気持ちを込めた贈り物です。マナーには十分配慮して、品物を選びましょう。品物選びに迷われたら、カタログギフトを選択肢に加えても良いかもしれません。



次の記事へ >

会葬御礼と香典返しは別々にお返しするべき?

お通夜や葬儀では、事前に用意しなければいけないものがたくさんあります。会葬御礼や香典返しも、その1つ ・・・

前の記事へ >

香典返しを「当日返し」する場合のメリット・デメリット

香典返しは、忌明けに配送や、お香典をくださった方の所を訪れて、直接お渡しすることが一般的ですが、最近 ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
マイプレシャス公式アカウント