香典返しに 法要に 故人を偲んでくださる方へ感謝の気持ちが伝わる贈り物ご用意しました。

家族葬の場合にはどうする? 親戚への香典返しの方法

投稿日:2019/03/26

家族葬の場合にはどうする? 親戚への香典返しの方法

家族や身内、あるいは故人に近しかった方だけで葬儀を執り行う家族葬。社会的にも認知されてきたスタイルです。この記事で、家族葬での親戚への香典返しについてご説明します。

家族葬とは?

かつてはお葬式といえば、大きな花輪が立ち並び、多くのお手伝いさんが馳せ参じました。弔問には、勤務先の方やその家族、学生時代の友人など、関わりのあった方が多数参列し、盛大に別れを惜しんだものです。しかし、最近の風潮として、家族葬を選ぶ方が増えているようです。身近にも「家族葬で済ませました」という方がいるのではないでしょうか。

家族葬とは、家族や親類、親しかった友人など、故人のごく身近にいた方たちで見送る小規模な葬儀のスタイルをいいます。「家族」という言葉が使われているので勘違いする方もいるようですが、家族だけしか参列できないというわけではありません。
また、勤務先の方を呼んではいけないというわけでもありません。あくまでも、故人の身近で親しくしていた方たちで見送ろうというのが趣旨です。参列の声をかける場合は、故人との親しさやこれまでのお付き合いの程度、これから先も関係を持っていきたいかどうかといったことを含めて検討します。

とは言っても、呼ぶか否かの判断がつかない場合もあるかもしれません。その場合は、とりあえずお知らせだけはすることをおすすめします。後から「どうして呼んでくれなかったんだ」と詰め寄られても、時間を取り戻すことはできません。家族葬である旨を伝え、参列するかしないかは、相手の判断に委ねましょう。

そもそも家族葬の場合、香典返しは必要?

次に、家族葬における香典についてです。相手がどんな立場の方であれ、香典をいただいた場合は、基本的に香典返しをお渡しします。「身内だけの葬儀なのだから必要ないのでは?」という声もあるようですが、家族葬は規模が小さいだけで、一般的な葬儀と変わりはありません。香典返しは、単なるお返しではなく「いただいたお香典のおかげで、お線香を絶やさずに四十九日の忌明けを迎え、故人を送り出すことができました」という感謝の気持ちも込められているものです。身近だからこそ、いただいた香典に対してはきちんとお返しをするようにしましょう。

家族葬の場合に親戚にはどう香典返しを行うべき?

通常の香典返しは「半返し」が基本とされています。金額の目安としては、いただいた金額の1/3~半額程度が相場です。家族葬の場合も、同じ考え方で用意をすれば問題ありません。
ただし目上の親戚の場合、「何かとお金は必要でしょうから」と、相場よりかなり多めに香典を包んでくれるケースも多いといいます。こういったケースで半返しをしようとすると、遺族にとってはかなりの負担になってしまうことも…。ですから、絶対に「半返ししなければ」と思い込む必要はありません。相手の気持ちを有り難くちょうだいすることも大切です。それでもどうしても気になる場合は、お中元やお歳暮など、折りに触れての贈り物で、気持ちを伝えるようにしましょう。

家族葬で親戚への香典返しにおすすめの品物

香典返しの品としては、お茶、洗剤や石けん、タオルなどの日用品が定番となっています。「では、お茶か洗剤を準備しましょうか」と決める前に、ちょっと考えてみましょう。
おもに身内が集まる家族葬の場合、どうしてもいただく香典が高額になる傾向にあります。高額であっても半返ししたいと考える場合は、香典返しの品もそれ相応の額を設定しなければなりません。お茶、洗剤や石けんで高額にしようとすると品数が増え、かなり大きな包みになることが考えられます。同じ品ばかりを、大きな箱で受け取るというのも、相手にとっては少し迷惑かもしれません。

そこでおすすめしたいのが、カタログギフトです。カタログギフトであれば、品物の大きさや重さは関係ありません。カタログ自体がコンパクトなので、当日返しとしてお渡ししても荷物になりません。
遺族は品物選びの悩みから解放されますし、受け取った方はカタログに掲載された商品の中から好きな品を選ぶことができます。グルメ、食器など、バラエティに富んだカタログが豊富に揃っていますから、お返しする側、受け取る側、双方にメリットがあるといっていいでしょう。当日返しでは用意しにくいお酒や飲みものなども、カタログギフトならスマートに贈ることができます。

近年、増えつつある家族葬ですが、香典をいただいたら、必ず香典返しをお渡しします。しかし、洗剤の詰め合わせなどのサイズが大きく重たい香典返しは迷惑になってしまう可能性もあります。上記の内容を参考に、コンパクトにお渡しできるカタログギフトを香典返しの品として検討してみてはいかがでしょうか。

次の記事へ >

香典返しを「当日返し」する場合のメリット・デメリット

香典返しは、忌明けに配送や、お香典をくださった方の所を訪れて、直接お渡しすることが一般的ですが、最近 ・・・

前の記事へ >

これは避けて! 香典返しの品物でタブーとされているものとは

葬儀で香典をいただいた場合、通常は忌明け後に香典返しをします。そのための準備として、届け先の名簿を整 ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
マイプレシャス公式アカウント