香典返しに 法要に 故人を偲んでくださる方へ感謝の気持ちが伝わる贈り物ご用意しました。

葬儀の手伝いをしてくれた人にはどのようなお礼をするべき?

投稿日:2019/03/26

葬儀の手伝いをしてくれた人にはどのようなお礼をするべき?

葬儀を執り行うにあたっては、多くの人手が必要になります。その際、お手伝いを請け負ってくれるのが、故人の勤務先の方や近所の方です。お手伝いをしてくれた方には、感謝の気持ちを込めてお礼をしましょう。
では、お礼はどのタイミングでどのようにすればいいものなのでしょうか。葬儀を手伝ってくれた方に失礼のないように、お礼について知っておきましょう。この記事でご説明します。

葬儀をする際に必要になる人は?

葬儀の規模にもよりますが、受付や斎場の案内など、参列者に対応しなければならない場面は多々あります。しかし、喪主をはじめとした遺族は、そこまで手が回りません。そこで、必要に応じてお手伝いをお願いすることになります。お手伝いしてくれる方を「世話役」といいますが、世話役の役割としては主に次のようなものがあります。

受付係

香典を受け取ったり、参列者に記帳をお願いしたりします。当日中に香典返しを渡す場合は、その品物をお渡しすることも役割のひとつです。荷物やコートなどを預かることもあります。

会計係

香典など、受け取った現金の管理をします。また、遺族からの依頼があれば、支払いに関することも請け負います。特に会計係を立てず、受付係が兼務することもあります。

案内係

受付を終えた参列者を席に案内する係です。トイレ、自販機の場所など、斎場内の案内をすることもあります。

台所係

僧侶や遺族、参列者へのお茶出し、通夜振る舞いの準備や後片付けなどを担当します。

司会進行

葬儀の司会進行をします。遺族との細かい打ち合わせが必要となるため、葬儀社の担当者が受け持つケースも多いのですが、世話役の中から選ぶこともあります。

全体進行の取り仕切り

「世話役代表」として、喪主や遺族と相談しながら全体の進行を取り仕切ります。また、各世話役を取りまとめることも役割のひとつです。

なお、世話役には後日、感謝の気持ちを添えてお礼を渡すことがマナーです。手伝ってくれた方は「お気遣いなく」と口にするかもしれませんが、だからお礼をしなくてもいいというわけではありません。故人のために時間を割いてくれたわけですから、しっかりと準備をしましょう。

葬儀を手伝ってくれた方にはいつまでにお礼をすればいい?

葬儀を手伝ってくれた世話役へのお礼は、できれば葬儀の翌日もしくは翌々日までに「おかげさまで、滞りなく葬儀を執り行うことができました」という挨拶も兼ねて渡しましょう。
時間の都合がつかず、翌々日までに足を運べない場合でも、初七日を迎えるまでにはお礼を届けたいところです。

万が一、それより遅くなってしまったとしても、必ずお礼はします。葬儀の後は、何かとバタバタしがちなので、事情を話せばわかってくれるでしょう。いちばんよくないのは、放置してしまうことです。
なお、ひとりひとりに渡す時間が取れない場合は、世話役代表に全員分のお礼を託し、世話役代表からそれぞれに渡してもらうという方法もあります。

葬儀を手伝ってくれた方にお礼をするときの相場

お礼の金額に特に決まりはありませんし、葬儀の規模や手伝ってくれた方の立場によっても異なりますが、世話役代表には10,000~20,000円、勤務先関係の世話役には5,000~10,000円、ご近所さんには3,000~5,000円程度が相場となっているようです。
ただし、地域特性や風習によっては、お礼のやり取りをしないこともあるようです。近所の親しい方に、前例や慣習について確認しておくといいでしょう。

葬儀を手伝ってくれた方には何を贈ればいい?

葬儀でお世話になったお礼も兼ねて挨拶に出向く際、どういった品物を選べばいいのでしょうか。迷わずに選べるように、おすすめの品をご紹介します。

タオルなどの日用品

手伝いをしてくれたご近所の方には、タオルなどの日用品もおすすめです。日用品はいくつあっても困りません。タオルは持ち運ぶ際に軽くすむこともポイントです。

お菓子

お菓子の詰め合わせも、お礼の品としてはおすすめです。ある程度の賞味期限があるものを選ぶようにしましょう。また、勤務先の方たちが手伝ってくれた場合、ひとりひとりにお礼を渡すのではなく、代表者に渡したほうがスムーズでスマートです。個包装のクッキーなど、数が多くみんなで分けられるような品を選んでみてはどうでしょうか。

カタログギフト

どうしても悩んで品物が決められない場合は、カタログギフトを検討してみてはいかがでしょうか。予算に合わせてバラエティ豊かなカタログが揃っていますし、カタログギフトなら、たくさんの品物の中から相手が好みの品を選んでもらえます。かさばらず、渡すほうにとっても受け取るほうにとっても負担感がありません。

ご紹介した内容を参考に、葬儀で手伝いをしてくれた方には、きちんとお礼をしましょう。忙しい中、時間を割いて手伝ってくれたことに対する感謝を伝えることは、マナーでもあります。渡すタイミングは、できれば葬儀の翌日か翌々日、遅くとも初七日までに。品物選びに時間がかかると遅くなってしまうので早めに準備を始め、迷ったときにはカタログギフトがおすすめです。

次の記事へ >

これは避けて! 香典返しの品物でタブーとされているものとは

葬儀で香典をいただいた場合、通常は忌明け後に香典返しをします。そのための準備として、届け先の名簿を整 ・・・

前の記事へ >

こんなときどうする? 香典返しが遅れてしまった場合の対処法

葬儀で香典をいただいたら、必ず香典返しをするのが礼儀です。香典返しは、忌明け後、速やかにお渡しするも ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
マイプレシャス公式アカウント