香典返しに 法要に 故人を偲んでくださる方へ感謝の気持ちが伝わる贈り物ご用意しました。

これは避けて! 香典返しの品物でタブーとされているものとは

投稿日:2019/03/26

これは避けて! 香典返しの品物でタブーとされているものとは

葬儀で香典をいただいた場合、通常は忌明け後に香典返しをします。そのための準備として、届け先の名簿を整理しながら、品物を決めていきます。ところで、香典返しには何を送ってもいいというわけではないことをご存知でしょうか。実は、タブーとされているものがあるのです。いったい、どんな品物がタブーなのでしょうか。この記事で詳しくご説明します。

これだけは避けて! 香典返しでタブーとされている品物

まずは、香典返しとして絶対に避けたい品物を把握しておきましょう。

肉や魚などの四つ足生臭もの

どんなに高級な牛肉や魚であっても、生肉や生魚を選ぶことは絶対にやめましょう。地域の風習や宗教上の理由により、昔から避けられてきたものだからです。四十九日の忌明けまで、これらを食べずに過ごす地域もあるといいます。
ただし、現物そのものを渡すのではなく、カタログギフトをお渡しし、その中に掲載されているものの中から肉や魚を選んでもらうことに関しては問題ありません。もし、生肉や生魚を選択肢に入れたいというのであれば、カタログギフトで対応するといいでしょう。

鰹節や昆布

鰹節や昆布は、昔から慶事を象徴する品物として扱われてきました。中でも鰹節は、結婚式の引き出物の定番となっています。お祝いの場の定番ですから、不祝儀のお返しとしては、ふさわしくないといえます。昆布も、発音を「喜ぶ(よろこんぶ)」にかけて、お節などおめでたい場の料理によく使われるものです。そう考えると、やはり不祝儀の場には向かないものといえます。

香典返しの品物としては賛否両論があるもの

絶対にダメというわけではありませんが、人によっては不快な思いをするなど、賛否両論がある品物もあります。届ける相手次第ともいえますが、できれば選ばないほうが無難ではないでしょうか。例えば、次のような品物です。

商品券、ギフト券

品物が選べないときに便利な商品券やギフト券。以前に比べると、香典返しとして利用するケースが増えてきたようです。金券として使えますから、受け取った方にとっては、確かにありがたいものかもしれません。ただし、あからさまに金額がわかってしまうことがネックともいわれています。風習やしきたりを尊重する方に渡した場合、非常識だと思われてしまう可能性もあります。
葬儀に参列してくれたのが若い世代の方であれば問題ないかもしれませんが、高齢の方が多い場合は選ばないほうがいいかもしれません。

重いもの、かさばるもの

近年では、「当日返し」あるいは「即日返し」といって、香典をいただいた場で香典返しをお渡しするケースも増えてきました。ということは、重いものやかさばるものを選んでしまうと、相手にとっては持ち帰りの負担になるということです。遠方から電車や徒歩で参列してくれた場合、かなりの迷惑になってしまうことも考えられます。「故人が好きだった陶器をお渡しして、偲んでもらいたい」など遺族側の気持ちはあるかもしれませんが、できれば香典返しは、なるべく小さくて軽いものを選ぶのが無難です。

香典返しによく選ばれるもの

よく選ばれるものとしては「消えもの」と呼ばれる、お茶、コーヒー、お菓子、砂糖、洗剤などが挙げられます。日常的によく使うものであれば、すぐに消費することができますので、不祝儀を残さないということから選ばれているようです。
石けん、洗剤などの日用品はいくつあっても困りませんし、お茶やお菓子をいただきながら「故人を偲んでください」という気持ちが込められているとされています。

香典返しの品物に悩んでしまったら……

香典返しとしてタブーなもの、できれば避けたいもの、香典返しによく選ばれるものは把握できたものの、やはり実際に品物を選び始めると悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。何かひとつに決めなければならないことが、気持ちの負担になるのかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、カタログギフトです。持ち運びにも邪魔になりませんし、掲載されているたくさんの品物の中から、「受け取った方が好きなものを選ぶことができる」ことがポイントです。価格もギフトの内容も、豊富にラインナップされています。肉や魚などの現物をお渡しすることはタブーとされている品物も、掲載されているカタログギフトを渡す分には問題ありません。

最近では、ビールや日本酒など、お酒のカタログも登場しました。お酒もお祝いの席のものなので、香典返しとしてはタブーとされてきましたが、故人がお酒好きであったのなら、こういった形でお届けしてもいいのではないでしょうか。
そのほかにも、趣向をこらしたカタログが揃っています。ぜひ、故人や参列してくださった方の顔を思い浮かべながら、選んでみてください。きっと喜んでもらえるはずです。

香典をいただいたらお渡しする香典返し。何を選んでもいいというわけではないので注意が必要です。タブーな品物、タブーとは言わずともできれば選ばないほういい品物を念頭に置き、準備を進めましょう。迷って決められない、選ぶ時間がないというときには、カタログギフトが強い味方になってくれます。グルメ、日用品など、種類豊富なカタログが揃っていますから、予算に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

次の記事へ >

家族葬の場合にはどうする? 親戚への香典返しの方法

家族や身内、あるいは故人に近しかった方だけで葬儀を執り行う家族葬。社会的にも認知されてきたスタイルで ・・・

前の記事へ >

葬儀の手伝いをしてくれた人にはどのようなお礼をするべき?

葬儀を執り行うにあたっては、多くの人手が必要になります。その際、お手伝いを請け負ってくれるのが、故人 ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

おすすめ商品

あなたのためのカタログギフト Precious Pocket プレシャスポケット
マイプレシャス公式アカウント