株式会社マイプレシャス

母の日にはお母さん専用カタログギフト

お母さんのために集めたアイテムが約700点の女性専用のカタログギフト。カバーデザインは全部で5種。

  • 早割 4/30(日)まで全品10%OFF
  • 全国どこへでも送料無料
  • オリジナルメッセージカード無料全6種
  • 母の日専用ラッピング
  • 会員メルマガ登録20%OFF 父の日ギフトの割引も!

母の日の由来は?いつからはじまった?

投稿日:2017/04/07

母の日の由来は?いつからはじまった?

5月の第二日曜日は、母の日です。母の日と言えば、お母さんにカーネーションを贈ったり、贈り物をして感謝の気持ちを伝える日として定着しています。そんな母の日ですが、いったいいつから、どんな由来で始まったのでしょうか。

ここでは、母の日の由来と、いつから始まったのかを調査。由来やはじまった理由を知った上で母の日を迎え、素敵な母の日の贈り物をしてくださいね。

母の日の由来

母の日の由来には、諸説ありますが、ここでは2つをご紹介します。

ひとつは、古代ギリシャ時代、神々の母であるリーア(ヘラ神)に感謝するための春祭りが行われていたことに由来しているという説。

ふたつめは、17世紀イギリスではじまった「マザーズサンデー」が由来という説。
マザーズサンデーは、親元を離れて出稼ぎに出ていた子どもたちが、イースターの40日前の日曜日に、母親に会えるという日でした。

母の日が5月の第2日曜日にはじまったのはいつ?

日本では5月の第二日曜日が母の日です。日本以外にも、アメリカ・オーストラリア・トルコ・フィンランドなども5月の第二日曜日を母の日としています。では、いつからこの日が母の日としてはじまったのでしょうか。

はじまりは、今から100年ほど前、アメリカのアンナ・ジャービスという女性が母親の追悼のために教会で白いカーネーションを教会で配ったことがきっかけと言われています。そして教会で追悼をした日が、5月10日の日曜日。つまりは、5月の第二日曜日だったということです。アンナ・ジャービスの母親は「マザーズデイ・ワーク・クラブ」というボランティア団体を設立し、平和を願って活動していた社会活動家でした。その当時は、女性の社会的立場は弱く、社会活動をして社会に大きく貢献していた女性はとても珍しかったようです。

母の日が日本で広まったのはいつ?

母の日が日本に伝わったのは大正時代。キリスト教会や日曜学校で母を敬う行事がはじまりました。その後、母の日の普及活動がはじまりましたが、全国的な広がりはみせませんでした。昭和の初めころは、当時の皇后の誕生日であった3月6日が母の日でした。今の母の日のスタイルが日本で定着したのは、戦後の昭和22年。公式に5月の第二の日曜日が母の日と制定されました。

母の日の由来や始まりを知ることで、改めて母の日の大切さや、お母さんへの感謝の気持ちを大切にしたいですね。

次の記事へ >

母の日にカーネーションはなぜ?

母の日といえばカーネーションですが、なぜ「母の日はカーネーション」なのかご存知でしょうか。最近ではいろいろな種類のカーネーションがあり、色もさまざまです。

母の日にはお母さん専用カタログギフト
PAGE TOP