結婚祝いのプレゼント
結婚祝いのプレゼント
結婚祝いのプレゼント

結婚祝いの選び方! 職場の人へ贈るときのポイント

投稿日:2018/01/06

結婚祝いの選び方! 職場の人へ贈るときのポイント

職場の人へ結婚祝いを贈るときは、身内や友人とは違う気配りが必要になってきます。親しい同僚の場合はともかく、上司や後輩の結婚を祝う場合は、社会人としての常識を持って自分の立場にふさわしい贈り方をすることが望まれます。職場での結婚祝いの贈り方は、ビジネスマナーの1つと言えるかも知れません。

結婚祝いを職場の人に渡すときの相場

職場での人間関係は身内・友人関係よりもマナーが重要になってくるものなので、職場の人へ結婚祝いを贈る場合は、相場に添った、常識的な金額を贈るようにします。一般的に職場の人の結婚祝いの相場は次のようになっています。

職場の同僚:3,000円~1万円

挨拶程度の関係なら3,000円、日頃から親しく付き合っていて盛大に祝ってあげたい同僚なら1万円が相場です。式に呼ばれる場合はご祝儀を別に包むので、お祝いのプレゼントは5,000円くらいまでにしておきます。

職場の上司・先輩:3,000円~1万円

お祝いする相手が上司の場合、部下一同でお祝いをまとめて出すのが一般的です。もらった側は一人一人へお返しをするので、相手の負担にならない金額でお祝いの気持ちを表します。例えば1つの部に30人など人数が多い場合は、1人あたり100円~500円というケースもあります。

職場の後輩・部下:5,000円~1万円

結婚式に参列する場合は、ご祝儀も包むのでお祝いのプレゼントは5,000円程度にします。式に参列しない場合は1万円が相場です。

職場で贈る結婚祝いは数千円を個々人で贈るより「〇部一同」などとまとめた方が、まとまった金額のものが贈れるので、より良いものを贈れます。結婚する人と親しい者がいたら、相手の希望を知っているかこっそりと確かめてみましょう。欲しい物を贈ることができたら、きっと喜ばれますね。

結婚祝いを職場の人に渡すときの選び方

近頃は気にしない人も多くなっていますが、職場の人へのお祝い品は常識を踏まえて、「切れる(=包丁、ハサミ)」「壊れる(=陶磁器など)」「割れる(=ガラス・鏡など)」などのものは避けたほうが無難です。衣類やアクセサリー類など身につけるものも、人によって趣味があるため、仕事上のつきあいで贈るのは難しいでしょう。

男性へ職場の人の結婚祝いに渡すおすすめのプレゼント

男性へ結婚のお祝いを贈るときは、「夫婦に共通する趣味もの」「結婚後の暮らしで使うもので機能が重視されるもの」を心がけます。キッチン周りの雑貨は女性の趣味が強く出ることが多いため、できるだけ避けるか、キッチン用品中心のカタログギフトを贈るのもおすすめです。

人気のアイテム

壁掛け時計(デザインの好みを聞く)
コーヒーメーカー
高級バスタオル(シンプルなもの)
掃除ロボット
カタログギフト(インテリア用品カタログなど2人で選べるもの)
etc.

女性へ職場の人の結婚祝いに渡すおすすめのプレゼント

もしキッチン周りのものを贈りたいと考えるなら、日頃親しくしている同僚に事前に好みや希望を聞いてもらうのがおすすめです。「新生活に欲しいもの」「あると便利だけど自分で買うには高いもの」を贈るのが喜ばれるポイント。リスト・ド・マリアージュ(結婚後に買おうと思っているアイテムリスト)がもしあるのならば見せてもらって、その中から予算で買えるものを贈るか、ブランドものが多いカタログギフトを贈るのも効果的です。

人気のアイテム

ル・クルーゼやバーミキュラなど人気の鍋
有名ブランドの食器やカトラリーセット
ランチョンマット(イルムス、アシュレイなど好みの高級ブランド)
ハンディミキサーなど調理家電
カタログギフト(インテリア用品、キッチンウェアなど欲しい品が充実したカタログ) etc.

一緒に働く人への結婚祝いは、職場の人間関係を和やかにする潤滑油でもあります。金額やアイテムに迷ったら上記を参考に、心がこもったお祝いのプレゼントを贈ってください。

次の記事へ >

結婚祝いを贈ろう! 喜ばれる結婚祝いの選び方

結婚して新生活を始める2人へ、結婚祝いとして心のこもったプレゼントを贈りましょう・・・

前の記事へ >

結婚祝いのプレゼントの選び方! 親戚や兄弟に贈るときのポイント

兄弟や親戚の結婚は、あなたや家族にとっても喜ばしい大イベントですね。素敵な結婚祝・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

結婚祝いおすすめ商品

マイプレシャス公式アカウント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram