結婚祝いのプレゼント
結婚祝いのプレゼント
結婚祝いのプレゼント

結婚祝いのプレゼントに商品券やギフトカードは避けるべき?

投稿日:2018/01/11

結婚祝いのプレゼントに商品券やギフトカードは避けるべき?

さまざまな店舗で現金と同様に使える商品券やギフトカードは、もらうと嬉しいアイテムですが、結婚祝いとして贈るのは相手に失礼だという声もチラホラ聞かれます。結婚祝いに贈るとき、商品券やギフトカードは本当に失礼な贈り物なのでしょうか? ここではそれを検証しつつ、結婚祝いとして商品券やギフトカードを贈る場合のメリットや注意点などをご説明していきます。

結婚祝いのプレゼントとして商品券やギフトカードを贈ることはマナー違反?

まず結婚祝いとして商品券やギフトカードを贈ることがマナー違反かどうかという問題の答えとしては、決してマナー違反ではありません。実際に贈られた方からも「嬉しかった」「役に立った」という声が多く聞かれているようです。ただし、中には「贈るべきではない」「もらいたくない」と思っている方がいるのも事実です。例えば、商品券やギフトカードは金額が印刷された“金券”です。お祝いの金額がはっきりと分かってしまうため、抵抗を感じるという方もいます。ほかにも、結婚祝いは相手を思って選ぶものであり、金券では味気ないと思われる方も……。
また、お祝いごとで金券を贈る場合、通常は目上の立場から目下の人へ贈るのが一般的であるため、うっかり目上の方に贈ってしまうと大変失礼な行為になってしまいます。結婚祝いに商品券やギフトカードを贈る場合は、相手の立場や考えをよく理解しておくことが大切です。

結婚祝いのプレゼントとして商品券やギフトカードを贈るメリット

「贈ると失礼に当たるのでは?」と躊躇しがちな商品券やギフトカードですが、贈ることのメリットもたくさんあります。まず、「実用的」であること。受け取った人が本当に必要なものを買うことができますし、かさばらないので置き場所に困らないのも、嬉しい点です。そして、商品券やギフトカードにはいろいろな種類があるため、相手の状況や用途に合わせて選ぶことができます。例えば、これから2人で暮らす部屋のインテリアを揃えようと思っている方には、「クレジットカード系の商品券」がいいでしょう。全国の百貨店やショッピングモールなど数多くの店舗で利用でき、とても便利です。2人で過ごす時間を充実させたいと思っている方には、有名ホテルなどの「お食事券」や「旅行券」がおすすめです。これから日用品を買い揃えたいと思っている方なら、「スーパーマーケット系の商品券」が役立ちそうですね。

また、メリットがあるのは受け取る側だけではありません。プレゼント選びに時間をかけなくて済むことや、購入できる場所が多いなど、贈る側にも便利なアイテムなのです。

結婚祝いのプレゼントとして商品券を贈るときのポイント

結婚祝いに商品券、ギフトカードを贈るときにはどんな点に気を付けたらいいでしょうか? 3つの項目に分けてご説明します。

金額を知られたくないときはプレゼント+商品券で贈る

お祝いにギフトカードを贈りたいけど、明確な金額は相手に知られたくない、そんなときは、プレゼントと商品券やギフトカードをセットにして贈ります。その際、2つの合計金額が結婚祝いの相場になるようにすることに気を付けましょう。例えば、友人に3万円分の結婚祝いを贈るのであれば、プレゼント:15,000円分+商品券・ギフトカード:15,000円分というようにします。

プレゼントの金額によっては数百円以下の端数が出てしまうことがありますが、その場合は商品券・ギフトカードの金額を繰り上げ、または繰り下げて1000円単位にしておきます。そして、できれば額面も揃えて、1万円分なら「1000円券」×10枚か、「5000円券」×2枚となるようにするとスマートです。

商品券、ギフトカードにのしを付ける

祝いごとのプレゼントには、のしを付けるのがマナーです。商品券、ギフトカードにも、きちんとのしをつけて贈りましょう。のしの選び方は、プレゼントを贈るときと同じです。水引は紅白または金銀で、本数は7本か10本。結び方は結び切りかあわじ結び(あわび結び)を用います。商品券、ギフトカードはネットの通信販売でも購入できますが、その際はのしの指定を間違えないように注意しましょう。

メッセージを一緒に添える

手渡しでなく郵送などで贈るときは、商品券、ギフトカードと一緒にお祝いのメッセージを添えると、祝福の気持ちがよりダイレクトに伝わります。メッセージを書く際に気を付けたいのは、縁起の悪い「忌み言葉」「重ね言葉」です。「別れる」「切れる」「終わる」「枯れる」など2人の別れを連想させる言葉や、「いろいろ」「たびたび」など再婚を連想させる言葉などは、使わないように注意しましょう。

結婚祝いとして商品券やギフトカードを贈ることは、マナー違反ではありません。しかし、結婚祝いのプレゼントを決められず、仕方なく商品券やギフトカードを選ぶのであれば、その前に「カタログギフト」という選択肢を考えてみてはどうでしょうか? 贈られる方が自分の好きなものを選べるほか、商品券やギフトカードのように金額が相手に伝わってしまう心配もありません。

次の記事へ >

結婚祝いのプレゼントの選び方! 友人に贈るときのポイント

大切な友人に贈る結婚祝いのプレゼントですから、「人生の一大イベントに相応しいプレ・・・

前の記事へ >

ここだけは押さえて! 結婚祝いの基本的なマナーとは

2人の結婚を祝福する気持ちを伝える「形」として贈る結婚祝い。古くからあるこの習慣・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

結婚祝いおすすめ商品

マイプレシャス公式アカウント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram