喜ばれるものはなに?結婚内祝いを親戚に贈るときの選び方

投稿日:2019/06/27

喜ばれるものはなに?結婚内祝いを親戚に贈るときの選び方

結婚式では、親戚の方からご祝辞と共に高額のお祝いを頂きます。これから長く付き合っていく方々ですし、親戚への内祝い(お祝い返し)は、感謝がきちんと伝わるよう慎重に選びたいもの。そこで今回は、どんな品が喜ばれるか、どれくらいの品物をお返しをするべきか、親戚の方に結婚内祝いを贈るときのマナーとポイントを紹介します。

親戚に贈る結婚内祝いの予算はどれくらい?


一般的に結婚式のご祝儀は、親戚の場合30,000~70,000円が相場だと言われています。
血縁以外の方からのお祝いなら、内祝いは「半返し」が基本ですが、親戚の場合は「半返し」もしくは「1/3」程度の金額を返せばいいという意見もあるようです。

これは、年長の親戚に若い夫婦がきっちり半返しするよりも、少し甘えて1/3程度のお返しにするのが相応という考え方に基づきます。年若い親戚から高額のご祝儀を頂いた場合は半返しにするなど、相手に合わせて対応しましょう。ちなみに、親戚への内祝いの一般的な相場は、10,000~30,000円程度だと考えられているので、参考にしてみてください。

では、お金ではなく高額の品物をご祝儀として頂いた場合はどうしたらいいのでしょう。この場合も、基本的な考え方は同じで、半額~1/3程度のお返しをするのが理想的です。頂いた品物の相場をインターネットなどで調べ、半額~1/3程度の金額の品物を贈りましょう。年長の親戚に1/3程度のお返しをすることが心苦しい場合には、お礼の手紙や結婚式の写真などを添えて感謝の気持ちを丁寧にお伝えするのがおすすめです。

親戚から結婚祝いをいただいたときに「お返しはいい」と言われた場合は?

結婚祝いを頂いた場合、原則として全てのお祝いに対してお返しをするのがマナーです。しかし、親戚など親しい付き合いのある方のなかには、お返しを辞退される方も少なくありません。その場合、言葉通りに受けとってお返しをしなくてもいいのでしょうか。

例えば、普段から付き合いのある近しい間柄の親戚であれば、ご厚意に甘えてお返しを贈らなくても問題ありません。ただし、お礼状で感謝の気持ちを伝えることは忘れないようにしましょう。

もしお返しをしないことが申し訳ないと感じるようであれば、「気持ちだけお返しさせてください」とお伝えして、相場よりも低い金額の品物をお返ししてもいいでしょう。

親戚に贈るギフト選びのポイントは「高品質」


親戚の方、それも年長の方の場合は、すでにさまざまな品物を持っているケースがあるので、何を贈れば喜ばれるか迷いがち。上述したように、親戚への内祝いの予算が10,000~30,000円と高く、選択肢が豊富なのも品選びを難しくする要因です。

そんな親戚に結婚内祝いを選ぶときのコツは、「高品質」なものを選ぶこと。高級感のあるものを選べば、もらった方が気を悪くされることはまずありえないでしょう。下記では、親戚に贈る結婚内祝い品の例をいくつか紹介します。

ちょっと贅沢なワインや日本酒

親戚への結婚内祝い品は、趣味の合わない品物を貰うより、形に残らない食品や嗜好品が好まれる傾向があります。お酒好きな方に贈るなら、普段なかなか味わえないような、少し高価なワインや日本酒などもおすすめ。

高価なテーブルウェア

酒器や箸など、複数あっても困らないテーブルウェアを選ぶのもいいでしょう。箸であれば、こだわりの木を使ったものや伝統の塗り物など、普段使いするには高価なクラスの品を選ぶようにします。

高級食材や生鮮品

家族のいる親戚向けなら、高級和牛や高級海鮮などの食材はもらって嬉しいギフトの定番。高級食品だけを集めたカタログギフトも、好きな食材をタイミングのいい時期に受け取れるので人気があります。

商品券よりもカタログギフトが安心

結婚内祝いを贈る際には、相手に喜んでいただける商品を選びたいものです。しかしお祝いを下さった全ての方の好みを把握するのは、難しいといえます。

なかには、もらった方が好きなように使える商品券などの金券類をお返しする方もいるようです。旅好きの方には旅行ギフト券、グルメの方にはグルメカードなど、さまざまな金券がありますので、相手の趣味やライフスタイルに合わせて贈ることもできます。しかし、商品券などの金券類は金額がはっきりと分かってしまうので、贈った金額によっては、相手に不満に思われたり、逆に気を使わせてしまったりすることがあるかもしれません。

そんなトラブルを避けるには、金額が分からないカタログギフトがおすすめです。最近のカタログギフトは、メンズ向けやレディース向けなどバラエティー豊かになっています。相手の好みに合わせてカタログをチョイスして贈れば、きっと喜ばれることでしょう。

結婚して一家を構えたら、親戚とは長いお付き合いになります。結婚内祝いは、そんな親戚の方へ贈る最初のギフト。上記のギフト商品例を参考に、心のこもった素敵な結婚内祝いを贈って、新しいファミリーの絆を結んでください。

マイプレシャスの結婚内祝いのカタログページはこちら

次の記事へ >

結婚内祝いとして商品券やギフトカードを贈っても大丈夫?

商品券やギフト券は、現金同様に使うことが出来る、とても便利なアイテム。配送も出来るので、遠方の方への ・・・

前の記事へ >

結婚式後にはどうする?お礼状の書き方と例文

新しい人生をスタートさせる結婚式。無事に終えたら、式や披露宴に出席してくださった方々に感謝の気持ちを ・・・

あなたの「贈りたい」気持ちを大切にするマイプレシャスのサービス

結婚内祝いおすすめ商品

マイプレシャス公式アカウント